失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみた

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみた

ベッドはフレームよりもマットレスのほうが寝心地に影響します。またフレームは安くてもそうそう壊れることはありませんが、マットレスは耐久性や寝心地に差が出ます。

完全に好みなので高価なものが合っているとも言い切れません。そこでここでは、一般的なマットレスである「ボンネルコイルとポケットコイル」の違いを比較してみようと思います。

ボンネルコイルとポケットコイルの構造

ボンネルコイルとポケットコイルは構造が違います。それぞれ一長一短ありますが、価格はポケットコイルのほうが1万円ほど高いのが相場です。

ボンネルコイルの構造

ボンネルコイルの構造

ボンネルコイルはスプリングがそれぞれ連結されています。なので体重を「面」で支える感覚になります。連結されている分だけ耐久性も高く、長く使うことができます。「Uの字」に沈むのでお尻や肩に荷重がかかりやすい構造です。

ポケットコイルの構造

ポケットコイルの構造

ポケットコイルはそれぞれのスプリングを袋に包み、独立性を保たれています。面ではなく「点」で体重を支えてくれます。それぞれのスプリングにかかる負担がかたよる傾向にあるので、耐久性はボンネルコイルより劣りますが、体の形状に合った沈み方をしてくれます。

ボンネルコイルとポケットコイルの寝心地

次は寝心地を比較してみようと思います。「寝心地がいい」というのは個人の感覚の問題なので、どっちの方が寝心地がいいということは言えません。特徴を理解し自分に合うものが「寝心地がいい」マットレスと言えます。

ボンネルコイルの寝心地

ボンネルコイルの寝心地

ボンネルコイルは比較的男性に好まれる傾向にあります。連結されているので全体的には硬めに感じ、特に腰痛を持った人に好まれます。

腰からお尻にかけて沈み込む感じが少なく、面で支えるので寝返りもしやすいです。床に布団を敷いて寝ている感じに近いと言えます。

構造的には腰に負担がかかりやすいのですが、寝返りのしやすさと適度な硬さが逆に腰痛を持っている人には楽に感じます。

ポケットコイルの寝心地

ポケットコイルの寝心地

ポケットコイルは独立したスプリングが体を「点」で支えてくれます。荷重が最もかかるお尻や肩の部分はそれだけ沈み、逆に腰や足などの荷重の少ない部分はあまり沈みません。

立っている状態に近く、体への負担が少ないのが特徴です。

ただ、スプリングが独立しているので柔らかく感じ、部分的に沈むので寝返りがしにくく感じるかもしれません。

フランスベッド社のボンネルコイル

フランスベッド社ではボンネルコイルとは呼ばず「連続スプリング」と呼びます。独自の製造方法により通常のボンネルコイルとポケットコイルのいいとこ取りしたマットレスで、耐久性と最適な寝姿勢の維持が高い次元で両立されています。通気性などもしっかり考慮されています。

さすがにブランドなだけあって高価ですが、それぞれのメリットが活かせる構造になっています。シーリーなどのブランドも似た構造になっています。

ボンネルコイルとポケットコイルの価格

ボンネルコイルはバネの数が200本ぐらいなのに対し、ポケットコイルは500本を超えています。またポケットコイルは一つずつ袋(ポケット)にバネが入っているので手間がかかります。

そういう点からポケットコイルのほうが約1万円高いのが相場です。

価格帯は1万円を切るものから、上を見ればキリがないほど高価なものまであります。高価なものほど耐久性や品物がいいのは当然ですが、「価格と寝心地」に関しては比例しないのが難しいところ。

単純に「高い=寝心地いい」という図式はマットレスにはありません。あくまでも作りがいいだけで、寝心地は好みです。特に腰痛とマットレスには深い関係があり、腰痛を持っている人は安価な硬いマットレスのほうが寝やすいという人も多いものです。

おすすめの価格帯

安いものは1万円以下でも売られています。ただ、しつこいようですが「安い=寝心地が悪い」わけではありません。耐久性は価格に比例するかもしれません。

できれば2~3万当たりの物がオススメ。使い捨てでもいいのですが、マットレスの場合は大きいので捨てるだけでもお金をとられる時代です。

国産になったりフランスベッド社やシーリーなどのブランドなら高くなっていくのは当然。その分様々な付加価値がありますが、寝心地だけは何とも言えません。

実際に寝てみるのが一番ですが、お店で寝てみても良く分からないというのが正直なところ。なので多少のギャンブル感は否めません。

構造や特徴を知っていればイメージもより湧いてくると思うので、それだけ失敗も減らせるのではないかと思います。

ボンネルコイルとポケットコイルの向き不向き

ボンネルコイルは硬く感じるので腰痛持ちにオススメです。柔らかくて包み込まれる感覚が好きなら断然ポケットコイルがオススメ。

小さな子供の場合はあまり気にする必要はないように感じます。体も柔らかく、ヘタすればマットレスでトランポリンのように遊ぶことも十分考えられます。それじゃ耐久性もヘッタクレもありませんよね。

ボンネルコイルが向いてる人

硬めが好きな人は黙ってボンネルコイル。床に布団を敷いて寝る感覚にとても近いです。寝返りもしやすく安定感は抜群です。

朝起きたら腰が痛いという人は、マットレスが沈み込んでいるのが原因かもしれません。体圧分散は苦手なボンネルコイルですが、沈み込むことがないため感覚的には腰にやさしく感じます。

耐久性も高く価格も低めなため、経済的であると言えます。

ポケットコイルが向いてる人

夫婦でダブルベッドで寝るという人は、ポケットコイルが最低条件です。ボンネルコイルだと相手の寝返りの振動や揺れがダイレクトに伝わってしまい熟睡ができなく、しかも寝返るほうも気にしてしまうのでとても睡眠が窮屈になってしまいます。
柔らかめの好きな人はポケットコイルが向いています。また体重が軽めの人も寝やすく感じると思います。耐久性に難があるので多少高めの価格帯のほうがいいかもしれません。

マットレスの耐久性を高める方法

ボンネルコイルでもポケットコイルでも、ずっと同じ使い方をしているとへたりやすくなります。大体いつも同じような寝姿勢になるので、使うスプリングが同じになってしまうからです。特にポケットコイルの四つ角のスプリングなんてほとんど使いませんよね。

マットレスを少しでも長持ちさせるには、定期的に前後と裏表を変えることです。マットレスによっては裏表が決まっているものもあるので、その点は注意が必要。

目安としては3~4か月ごとに前後を変えます。さらに3~4か月ごとに裏表を変えます。1年でサイクルになるように使うことで、いつも同じスプリングを使うことを避けることができ長く使うことができます。

とくにポケットコイルの場合はこの方法をおススメします。

まとめ

ボンネルコイルとポケットコイルは一長一短。でも価格に差があるためポケットコイルのほうが寝心地がいいと思っている人も多いと思います。実際ポケットコイルのほうが人気がありますが、必ずしもボンネルコイルが良くないわけではありません。

個人的な言い分では、硬めが好きな人や今まで床に布団を敷いて寝ていた人は「ボンネルコイル」、柔らかくてふんわりした寝心地が好きな人は「ポケットコイル」、腰痛に悩んでいる人は「高反発マットレス」か「フランスベッド社の連続スプリングマットレス」がおすすめです。

また、価格を抑えたいなら「ボンネルコイル」が安くて長く使えるのでおすすめです。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - ベッドの種類

  関連記事

「すのこベッドはカビない」はウソ!
「すのこベッドはカビない」はウソ!

すのこベッドを使っていればカビの心配を大きく減らすことができます。 ただ勘違いし …

階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット
階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット

子供部屋をより広く使うにはロフトベッドが活躍しますよね。 ベッドの下を自由に使え …

お部屋スッキリ!丈の短いベッド 4つの利点と2つの欠点
お部屋スッキリ!丈の短いベッド 4つの利点と2つの欠点

丈の短いベッドを検討してるけど「失敗しないかな…?本当に大丈夫かな…?」と悩んで …

ロフトベッド おすすめ9選~あなたに最適な一台が分かる!~
ロフトベッド おすすめ9選~あなたに最適な一台が分かる!~

ロフトベッドが欲しいけど、種類が多くて…という悩みはないでしょうか。 一昔前はそ …

ベッドの種類 選び方と選択肢を知る
ベッドの種類 選び方と選択肢を知る

ベッドの種類は非常にいっぱいあります。 どんなベッドが欲しいのかが決まっていなけ …

ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点
ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点

ベッドは様々な種類があるので選び方もなかなか難しいものですが、その中の大事な要素 …

フロアベッド 素材をスチールにする3つのメリット
フロアベッド 素材をスチールにする3つのメリット

フロアベッドに限らず、ベッドと言えば多くが木製です。 丈夫で加工しやすく、家具と …

大人用にロフトベッドを使うなら丈夫さ重視!
大人用にロフトベッドを使うなら丈夫さ重視!

ロフトベッドはスペースを有効に使えるので、狭小住宅が多い日本にはピッタリの形状。 …

一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!
一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!

お部屋が狭いけどベッドを置きたい…という悩みはないでしょうか。 一人暮らしの場合 …

高品質&低価格なベッドを選ぶための大事なポイント
高品質&低価格なベッドを選ぶための大事なポイント

高価なものは高品質、安価な物は低品質、これは世の常であり当たり前の事実とも言えま …