失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

簡単に分かる!チェストベッド 3つのメリットと5つのデメリット

簡単に分かる!チェストベッド 3つのメリットと5つのデメリット

ベッドを置くと、どうしてもお部屋の大部分を占領してしまうので、収納家具を置くのが難しくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがチェストベッド。大量収納が魅力的なベッドですが、やはり欠点は必ずあるものです。

そこでここでは、チェストベッドのメリット・デメリットを考えてみようと思います。

チェストベッドとは

チェストベッドとは、引き出しが数段付いている大容量収納ベッドを指します。チェストには「整理だんす」とか「大事なものを入れる大きなフタの付いた入れ物」という意味があり、ベッドにそのような機能の付いたものをチェストベッドと言います。

引き出しが2段付いているチェストベッドが多く、その反対側は区切られていない空間になってて長物が収納できたりします。また、床板をとると一面が収納庫になっているタイプもあり、モデルによって様々な特徴があります。

チェストベッドのメリット

ではまずメリットを考えてみます。主に次の3点が考えられます。

  1. 大容量収納できる
  2. 起き上がりやすい
  3. 腰掛けやすい

大容量収納できる

何と言ってもチェストベッドの最大の魅力がコレですよね。押入れやクローゼットと同じレベルの収納ができます。言い換えると押し入れやクローゼットが丸々空いて、他の用途に使うことができます。

これは非常に大きいですよね。お部屋が整理されると寝るのも気持ちいいですし、整理された場所に新たに家具やインテリアを置くことができます。収納がなければ雑然としているだけでなく、オシャレもできません。でも、そもそも収納がなければ整理することもできません。

お部屋に物が溢れている人や、物を捨てれない性格の人には最適なベッドと言えます。

起き上がりやすい

チェストベッドは床面が高いので、朝起きあがるのがとっても楽です。ローベッドやフロアベッドと比べるとかなり違います。

特に腰痛・ひざ痛を抱えている人にとっては「起き上がる」という動作はとても体に負担がかかりますよね。朝一は体も硬く、ふとした時に「グキッ!」「ズキッ!」という痛みが走ることも。

若くて元気なうちは大丈夫です。

腰掛けやすい

同じ理由でチェストベッドはとても腰掛けやすい高さと言えます。ベッドは必ずしも寝るだけではありませんよね。ベッドに座ってテレビを見ることも本を読むこともあると思います。

そんな時低いベッドだと座りにくく立ちにくいもの。チェストベッドは高さがあるのでちょうどいい高さになります。

チェストベッドのデメリット

次はデメリットを考えてみます。主に次の5点があるのではないでしょうか。

  1. 床面が高い
  2. 湿気に弱い
  3. 価格が割高
  4. 2台並べにくい
  5. ほこりが入る

床面が高い

メリットでもありデメリットでもある床板の高さ。収納庫の広さを確保するために若干高い場合が多いのですが、それだけ厚みのあるマットレスが使えなかったり、ベッド自体が大きくなったりするデメリットも出てきます。

特に身長の低い人ほど高さに敏感になるもので、体型によって気になる高さが違うかもしれません。ベッドの高さが10㎝違えば結構な違いですが、身長が20㎝違えば感じ方が変わるのも当然です。

湿気に弱い

チェストベッドに限らず多くの収納ベッドの欠点が湿気です。収納庫に湿気が行かないような構造になっているので、マットレスの下に湿気がたまりやすくなってしまいます。

湿気は住まいや季節など、どうにもできない要素で大きく左右されるので、換気とメンテナンス・保管方法などを工夫することが大事です。

価格が割高

普通のベッドより作る手間がかかり、部材も多く使うのでやはり割高感は否めません。寝心地はマットレスがほとんどを決めるので、マットレスにお金をかけたい場合、出費がかさんでしまいます。

2台並べにくい

夫婦で2台並べて使いたい場合、必ずどちらかにスペースを空けなければいけません。引き出しのスペースが必要になるためです。一台なら引き出しの方を空けて反対側を壁にベッタリつけてもいいのですが、2台並べるとスペースをとってしまいます。

ほこりが入る

チェストベッドの引き出しは、ボックス構造とそうでないものがあります。ボックス構造だと引き出しが囲まれているので問題ないのですが、囲まれてないタイプだと意外とほこりが侵入してきます。

少し価格は上がるかもしれませんが、ボックスタイプだと耐久性も良くなるのでおすすめです。

まとめ

3つのメリットに対して5つのデメリット。これじゃチェストベッドを選ぶ価値がなさそうに感じますが、そうでもありません。

5つのデメリットを考慮してもなお「大容量な収納力」には魅力がありますよね。収納は物理的に空間がなければできないので、大きなベッドのスペースを使うことはとても有意義なこと。

お部屋がゴチャゴチャしがちな人には特にオススメのベッドです。
国産のおすすめチェストベッド

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - チェストベッド, ベッドの種類

  関連記事

ベッドの選び方 フレーム選びで失敗しない4つの要素
ベッドの選び方 フレーム選びで失敗しない4つの要素

ベッドフレームの選び方で悩んではいないでしょうか。寝心地を大きく左右するのはマッ …

ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント
ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント

激安ベッドを探してるけどオシャレなデザインのベッドがない…という悩みはないでしょ …

一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!
一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!

お部屋が狭いけどベッドを置きたい…という悩みはないでしょうか。 一人暮らしの場合 …

チェストベッドに白が向いてる2つの理由
チェストベッドに白が向いてる2つの理由

寝室の物が効率よく整理でき、スッキリした空間にできるチェストベッド。 ベッドが大 …

ベッド おすすめ「5大メーカー」と4つ家具メーカー
ベッド おすすめ「5大メーカー」と4つ家具メーカー

ベッド選びに悩んではいないでしょうか。 いろんなメーカーやショップがあり、価格も …

使える!シングルベッドより狭い「セミシングル」サイズ!
使える!シングルベッドより狭い「セミシングル」サイズ!

一人用のベッドというと、無条件でシングルサイズを想像しますよね。でも小柄な人や寝 …

ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選
ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選

ベッドの色を気にする人は多いと思います。 ベッドは大きいゆえに色による視覚的な影 …

モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド
モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド

寝室を開放感いっぱいにしたい…という悩みはないでしょうか。物を減らすために安易に …

パイプベッドの寝心地は選び方と使い方で決まる!
パイプベッドの寝心地は選び方と使い方で決まる!

パイプベッドを買いたいけど、寝心地が悪いんじゃないだろうか…と思ってはいないでし …

ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット
ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット

ベッドを購入するときは「どんなスタイルのベッドにしようか」ということをまず悩みま …