失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

折りたたみベッドの選び方が分かる5つのメソッド

折りたたみベッドの選び方が分かる5つのメソッド

折りたたみベッドの選び方に悩んではいないでしょうか。
種類豊富とまでは言えない折りたたみベッド。
でもいざ一つに決めるとなると、なかなか選べないものですよね。

そこでここでは、折りたたみベッドの選び方の指標となる5つのポイントを紹介しようと思います。
この5つをしっかり考えることで、あなたに合う折りたたみベッドが見えてくるハズです。

折りたたみベッドのメリット・デメリット

まずは折りたたみベッドのメリット・デメリットです。
一般的な据え置きベッドとは大きく異なる形状と使い方。
それだけにメリット・デメリットも大きく変わります。

意外と気づいていない落とし穴がある可能性もあるので、良い点と悪い点を把握したうえで選ぶのが理想ですよね。
メリット・デメリットは基本的に裏返しなので、ここでは一般的な据え置きタイプと比較した場合のメリット・デメリットを考えてみようと思います。

折りたたみベッドのメリット

折りたたみベッドのメリットは、次の4つが大きなところでしょうか。

  1. 空間を広げることができる
  2. 移動できる
  3. 湿気がたまりにくい
  4. 掃除しやすい

1つずつ考えてみます。

空間を広げることができる

これが折りたたみベッドの最大のメリットと言えそうですね。
一般的な据え置きタイプのベッドと違い、当たり前ですが折りたたんで収納することができるので。

据え置きタイプなら、シングルサイズで幅が約100cm、長さはヘッド部分も入れて210cmくらいは占領されてしまいます。
それがなくなるというメリットは、思いのほか大きいのではないでしょうか。
もともと広い部屋だとあまりメリットにならず、狭い部屋だからこそのメリットと言えそうです。

移動できる

多くの折りたたみベッドはキャスターが付いてるので、移動がとっても簡単です。
フローリングでは傷つかないようゆっくり動かす必要がありますが、そもそも据え置きのベッドでは「移動」という発想が起きませんよね。

例えば来客用として収納しておき、使う時に手軽に移動できたり。
また、必ずしも毎回同じ場所に設置する必要もなくなります。
いつもは窓のある壁面に付けているとしても、寒い冬は少し内側に置くという融通も利きますよね。

湿気がたまりにくい

折りたたんで収納したり移動したり、据え置きのベッドと違い「ずっとその場所にある」わけではありません。
季節的なことや建物の構造・体質・間取り…など、湿気は様々な要因が複雑に絡んできます。
が、総じて日本は湿気の多い国と言えます。

とくにベッドはお部屋の角に置く場合も多く、家具なども考慮すれば3方を囲まれている可能性もあります。
これではその場所に湿気がたまりやすくなるのは目に見えていますよね。
収納ベッドではなおのことです。

その点、折りたたみベッドは移動する可能性が高く、湿気をスマートに開放することができます。

掃除しやすい

一般的な据え置きベッドの下は、ほこりがたまりやすい代表的な場所ですよね。
ベッド下なので寝具のほこりがたまりやすく、人の移動もないのでその場に積もっていきます。
さらに掃除もしにくいので、気が付けばほこりだらけ…という経験をしたことのある人も少なくないはず。

最近ではロボット掃除機に任せている人もいて、それは非常に優れたアイデアといえますが、ロボット掃除機自体が高価ですし、ベッドの形状によっては使えない物も多くあります。

折りたたみベッドは、移動はもちろん折りたたむだけでも掃除がしやすい状況に早変わりです。
サッと掃除機をかけることもできますし、移動させれば拭き掃除もラクラク。

「湿気&ほこり」はカビの原因になるので、その両方に強い折りたたみベッドはカビに強いベッドという側面もあります。

折りたたみベッドのデメリット

次はデメリットを考えてみようと思います。
メリットはけっこう思いつきやすいものですが、案外デメリットは使ってみないと分からない場合もあり、要注意です。
こちらも据え置きのベッドと比べてのデメリットを考えていきます。

  1. マットレスの選択肢が少ない
  2. 強度が低くなりがち
  3. デザイン性があまりよくない
  4. 収納場所が必要

マットレスの選択肢が少ない

折りたたみベッドは「折りたためる」必要があるので、マットレスの選択肢はグッと絞られてしまいます。
マットレスを選べないというのは「好きな寝心地を選べない」のと等しく、ある意味寝心地は期待できないと考えていたほうが無難です。

もちろん各メーカーで寝やすいよう工夫しているので、そこまで寝にくいものではないですが、選ぶ余地はあまりないですよね。
また、折りたたみベッドの備え付けマットレスの多くはウレタンマットレスです。
コイルタイプはごく一部にしかありません。

床に布団で寝るのが好きという人の場合は、そこまでデメリットにならないと思います。
基本的には少し硬い寝床になる傾向があるので。
もちろんマットレスが付いてないタイプなら「ウレタンマットレス+敷布団」で寝ることになるので、床とほとんど変わりません。

一番デメリットになるのは「ふんわり包み込まれるような柔らかいポケットコイルマットレスが好き」というタイプの人。
折りたたみベッドで、そこまでふんわり柔らかいものはほぼないと考えたほうがいいです。

基本的には「寝心地を犠牲にして省スペース性を生むベッド」という解釈をしたほうがいいですね。

強度が低くなりがち

見た目である程度想像できると思います。
どうしても折りたたみという機能を持たせると、フレームに強度を持たせにくい。
床にベッタリ置くタイプの、いわゆる「折りたたみすのこベッド」の場合は、関係ありません。

脚が付いてて、キャスターが付いてて、折りたたんで隙間に収納できるタイプは、多くがこの問題に当てはまります。
とは言え、当然使ってて簡単に壊れるようなものはメーカーでも販売できませんので、耐荷重は一般的な90kgくらいは確保しているはず。

ただ、あまり頑丈にすると大きくなったり重くなったり、折りたたみベッドの最大のメリットが活かせなくなってくるので、ほとんどがシングルサイズになっています。
折りたたみ(脚付き)のダブルサイズは見たことがありません。

セミダブルサイズならありますが、基本は「一人用のベッド」しか作れないのが現状と言えそうです。
もちろん頑丈さだけを追求すれば作れるはずですが、そうなると今度は折りたたみの価値がなくなってしまいますね。

デザイン性があまりよくない

いろんな折りたたみベッドを見ている人なら、すでに気が付いてるはず。
一般的な据え置きのベッドと違い、あまりおしゃれなデザインのものはありません。

移動のためにサイドの取っ手が必要になりますし、あまり「アヤ」を付けるとコンパクトに折りたたむことができなくなりますよね。
必然的にシンプルで機能性を重視したデザインになります。
機能性があるならまだしも、デザインばかり良くて収納性がいまいちでは本末転倒。
結局あまりオシャレじゃないものが多くなりますね。

ただ、デザイン性・見た目は人によって大きく好みが違うので、自分さえ気にならなければ問題ないと思います。
なにもベッドでアクセントを付ける必要もありませんし、無難に溶けこんでくれればいいですよね。

収納場所が必要

これは使ってみて気付く折りたたみベッドの盲点。
この点をしっかり解決しておかないと、買ってから困る可能性も出てきます。

まず折りたたんだベッド本体を収納する場所。
隙間に入れるもよし、端っこに寄せるも良しなのですが、それでもしっかり商品のサイズ感を把握して収納スペースを決めておくべきです。

折りたたんでコンパクトになるとは言え、それはベッドでの話。
ベッドにしてはコンパクトかもしれませんが、思っている以上に大きいものですよ。

また、折りたたんだ「厚み」は注目されますが、幅もしっかり意識しておきたいところ。
シングルサイズは幅100cm辺りが一般的です。
ところが折りたたみベッドの場合、幅90cm辺りが多いです。
寝やすさと収納性のバランスを考えての事でしょう。

高さは概ね長さの半分くらいである100cmが一般的。
つまり高さ100×幅90~100×奥行き30~50cmの物体を収める場所を確保しておかなければいけないことになります。

寝具の収納場所も必要

一番忘れがちなのが、掛け布団などの寝具の収納場所。
ベッド本体を折りたたんで収納する場合、掛け布団・毛布・タオルケット・枕…などの寝具は、どこかに収納しなければいけません。マットレスが付いてないタイプなら、マットレスも収納する可能性が出てきます。

折りたたみベッドは、一人暮らしでお部屋が狭い場合に向いてると言えます。
得てしてそういうお部屋は収納が少ないことが多く、寝具のような大きな物を収納できるスペースがあるのかもしっかり確認しておきたいところです。

折りたたみベッドを選ぶ際の5つのポイント

メリット・デメリットを総合的に考え、自分に向いてると考えたなら、初めて選び方が大事になります。
どんな物でも自分に合っていなければ使いにくく、せっかくのメリットも活きてきません。

そこで大事になってくるのが次の5つです。

  1. サイズ
  2. 形状
  3. 収納性
  4. 寝心地
  5. 使い勝手

こちらも一つずつ考えてみようと思います。

1.サイズ

サイズは基本的にシングルサイズがメインです。
幅が90~100cm辺りですね。
少し広めのセミダブルで寝たいと考えていたら、選択肢は一気に絞られてしまい、選ぶ余地もほとんどなくなると考えていたほうが無難です。

ただ、折りたたみベッドと言ってもいろんな形状があります。
脚付きでハイタイプ&マットレス付きのタイプだとあまりないですが、マットレスなしタイプや、床にベッタリ置くロータイプの折りたたみすのこベッドなら、種類も増えてくるはず。

折りたたみベッドの幅はそのまま収納性に直結するので、シングルとかセミダブルなどの呼び名だけじゃなく、しっかり寸法を確認することをおすすめします。
思っていたより狭いという失敗をなくすことができますよね。

まれにセミシングルサイズの折りたたみベッドもあります。
幅が80~85cm辺りです。
これは案外折りたたみベッドの使い勝手と合致した特徴なので、使いやすいです。
もちろん狭くて寝にくい可能性もあるので、小柄&細身女性の特権かもしれません。

折りたたみベッドでは、寝やすさと収納のしやすさの両面でサイズを考える必要があります。

2.形状

どのような折りたたみベッドを想像しているのか、それは人によって変わります。
一般的な折りたたみベッドと言えば、脚にキャスターが付いてて、マットレスも付いてて、パタンと折りたたんで自立するタイプでしょうか。

他にも、ハイタイプではなく床に置くすのこ折りたたみベッドもありますね。
これは主に、フローリングの床に直に寝具を置かないようにすることが目的。
コイルマットレスにしろウレタンマットレスにしろ、フローリング直置きは十中八九カビが発生します。
すのこ折りたたみベッドを置くだけで隙間ができ、カビの発生を大幅に軽減してくれるというものですね。

他にはマットレスのないものも。
シンプルに「すのこが折りたためる&脚付き&キャスター付き」の折りたたみベッドです。
こちらもコイルマットレス・ウレタンマットレスどちらも使えますが、折りたたんで収納することを考えれば、折りたためないコイルマットレスは現実的ではありません。

こちらはフローリングのお部屋で、床に布団を敷いて寝たいという人に向いています。
直置きしなくてもよくなり、ほこりが舞いやすいフローリングなので、高さが出るメリットが大きくなります。

あとは電動で折りたためるタイプもありますよね。
介護ベッドとの境目は微妙なところですが、介護ベッドを謳っていなくても電動折りたたみベッドは存在します。
要介護ではないけど、起きあがる時の負担を軽減したい人に向いていますね。

3.収納性

折りたたみベッドの収納性で最も大事なのは、やっぱり折りたたんだ時の「厚み」「奥行き」です。
高さは100cm程度なのでそこまで気にならないでしょう。
幅は寝やすさにも影響するので、ほどほどしか対応できません。

折りたたんだ時に薄くなるタイプが、最も収納しやすい折りたたみベッドと言えそうです。
厚みは概ね30~50cm前後が多いです。

薄いほうがスマートなのは間違いありませんが、もし50cmの隙間収納スペースを確保できるなら、あまり絞り込まないほうが選択肢があって選びやすいです。

また、例えば来客用のベッドとして折りたたみベッドを用意するなら、収納性の高いものが向いていますよね。
普段はクローゼットの端にしまっておくので、すこしでもサイズが小さいほうがメリットが大きいです。
いざ使う時は少し狭いかもしれませんが、たまにしか使わないので致し方ない部分ではあります。
それよりもコンパクトに収納できるメリットの方が断然大事ですね。

4.寝心地

寝心地は、折りたたみベッドを選ぶ時点である程度妥協する覚悟が必要。
前述しましたが、寝心地と引き換えに省スペース性を手に入れるようなものですから。

そんな中で少しでも寝心地がいいほうが理想なのは、言うまでもありません。
マットレス付きの場合は、一般的なウレタンマットレス・低反発マットレス・高反発マットレスが多いです。

一般的なウレタンマットレス

説明するまでもない、普通のウレタンマットレスですね。
やや硬めが多いはずです。
寝心地はさしていいとは言えませんが、上に敷布団を敷けば問題にはなりません。
むしろ、すのこのように隙間がないので、でこぼこ感がなくなりますね。

またちょっと変わったものもあります。

MORIS(モリス)

例えばコレ。
ウレタンマットレスなのですが、あえて「もこもこ」にしてあります。
それにより、寝た時に腰のように重い部分は沈み、足のように軽い部分は沈まないという寝姿勢を維持できるというもの。
簡易的な「ポケットコイル」状態を作りつつ、折りたたみベッドにアレンジしたといった感じでしょうか。

もこもこマットレスの折りたたみベッドはこちら

低反発マットレス

今では一番種類が多いかもしれませんね。
独特の「ゆっくり沈み、ゆっくり復元する」という感覚が好きな人も多いはず。
ふんわりと沈むので、やさしく包まれるように寝たい人に向いています。

種類が多く選択肢も増えた分、思いのほか安価に揃えることができます。

Levita(レヴィータ)

非常にシンプルで必要最低限の機能性ですが、手軽に使うには程よい1万円台半ばの低反発折りたたみベッドです。
低反発は腰痛持ちの人にはあまり向かないので、若い人でお金をあまりかけずにベッドを置きたいという人に向いてそうです。

お手頃価格の低反発折りたたみベッドはこちら

高反発マットレス

近年人気になっているのが、高反発マットレス。
低反発とは違い、反発力が高いタイプです。
寝た感じは硬く感じますが、もちろん単に硬いだけではありません。

一番のメリットは、荷重のかかる部分でも「沈み込み過ぎない」という点。
程よく体圧分散する程度には沈み、それでいて寝姿勢が曲がるまでは沈まないというイメージでしょうか。

それにより寝返りがしやすいという特徴があり、力を入れなくてもスムーズに寝返りできるので、起きた時の爽快感が違います。
ふんわり包み込まれる感覚はありませんが、とくに腰痛持ちの人は腰への負担が減るのでおすすめ。

Cortesia(コルテシア)

低反発よりやや高くなってしまいますが、それでもこの高反発折りたたみベッドなら1万円台です。
もちろん高価なものほど高性能なのは間違いありませんが、このベッドは高反発マットレスで大事な「厚み」をしっかりキープしている点が優秀。
厚みがないと高反発の性能が活きにくいので、コスパのいいベッドと言えそうです。

コスパのいい高反発折りたたみベッドはこちら

5.使い勝手

折りたたんで収納でき、出してるときは寝るだけ。
こんな使い方の人は逆にあまりいません。
寝転がって本を読んだり、テレビを見たり、ちょっとしたソファ代わりにも使いますよね。

マットレス付きの折りたたみベッドでは、けっこうリクライニング機能が付いたものが多いです。
頭の部分だけリクライニングすれば、使い勝手はかなり広がりますよね。
必須の機能ではありませんが、あると嬉しい機能性です。

また、宮棚が付いてれば小物を置くこともできます。

棚付きの折りたたみベッド「Tars(タルス)」

折りたたむことを考えれば、あまり多くのものを置くのは手間が増えてしまうので向いていません。
が、折りたたみベッドだからといって必ずしも毎日折りたたむ必要もありませんよね。

普段は据え置きベッドとして使い、友達が来るときだけ収納して部屋を広くするという使い方も珍しくありません。
その場合、宮棚が本当に重宝します。
当然、折りたたんだ時にサイズが大きくなるので一長一短ではあります。
ただ選択肢の一つに入れておくのもアリではないでしょうか。

宮棚付き折りたたみベッドはこちら

まとめ

折りたたみベッドの選び方を、二つの側面から紹介してきました。
まずはメリット・デメリットを知り、総合的に自分に向いてるのか。
その次に初めて、どんな折りたたみベッドがいいのかという順番が大事です。

寝心地重視のベッドじゃないことは確かなので、あまり長く使う想定はしないほうが無難。
とくに年齢を重ねるほど、寝心地によって体が影響を受けます。

20歳前後のような若い人なら、ソファや床で雑魚寝してもそこまで体に負担はないですよね。
40歳を過ぎた人が同じことをやると、起きた時に体がガチガチになります。

もちろん「雑魚寝」よりははるかに寝心地はいいですが、やっぱり若い人向けのベッドであると言えそうです。
手を出しやすい価格帯、狭い部屋向き、必要最低限の機能性…。
若者の一人暮らしにはピッタリのベッドと言えそうです。

もしくは来客用のストックとして、クローゼットの奥に一つ収納してあるのもいいかもしれません。
定期的に子供が帰ってくる、子育てを終えた世代などにも向いてそうですね。

⇒「折りたたみベッド おすすめ9モデルと使える機能性」も合わせて参考にしてください。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 一人暮らし向け

  関連記事

もう悩まない!女性の一人暮らしに最適なベッドのサイズ感
もう悩まない!女性の一人暮らしに最適なベッドのサイズ感

女性の一人暮らし、お部屋をとことんオシャレにしたい!と考えている人も多いと思いま …

知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント
知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント

一人暮らしを始めるにあたり、物件やお部屋の数によっては和室を寝室にしたいという場 …

学生の一人暮らしにオススメのベッド 激安&モダンな3つ
学生の一人暮らしにオススメのベッド 激安&モダンな3つ

学生が一人暮らしを始めるにあたり、まずは寝床を確保しなければいけませんよね。でも …

失敗しない一人暮らしのベッド選び 女性向けの3つのポイント
失敗しない一人暮らしのベッド選び 女性向けの3つのポイント

一人暮らしを始める女性は、思いっきりインテリアをオシャレにしたいと考えている人も …

賃貸ワンルームに最適なベッドを考えてみた
ワンルームに最適なベッドを考えてみた

ワンルームの場合、ベッドは部屋の大部分を占めることになりますよね。どんなベッドを …

男性の一人暮らし ベッドはシングルかセミダブルか…比較してみた
男性の一人暮らし ベッドはシングルかセミダブルか…比較してみた

男性の一人暮らしでベッドを用意する場合、シングルサイズにするかセミダブルサイズに …

一人暮らしで姫系インテリア♪ロフトベッドで空間を有効活用
一人暮らしで姫系インテリア♪ロフトベッドで空間を有効活用

一人暮らしで姫系インテリアにしたいけど、お部屋が狭いからベッドをどうしようか悩ん …

ワンルームをモダンに変える!男性におすすめの黒い収納ベッド
ワンルームをモダンに変える!男性におすすめの黒い収納ベッド

ワンルームに住んでる男性で「部屋をモダンな雰囲気にしたい」と考えてはいないでしょ …

一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント
一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント

一人暮らしの男性で、どのようなベッドにしようか悩んではいないでしょうか。 一人暮 …

一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!
一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!

お部屋が狭いけどベッドを置きたい…という悩みはないでしょうか。 一人暮らしの場合 …