失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

身長・体重を考慮したベッドの上手な選び方

身長・体重を考慮したベッドの上手な選び方

ベッドを購入する際に気をつけたいのが、どのような体型かということ。平均的な体型なら問題ありませんし、小柄でも基本的には問題ないでしょう。やはり気になるのが「大きい人」です。

身長が高い人、体重が重い人、両方揃った大柄な人。そういう場合はベッドの選び方にもひと工夫が必要になってきます。

そこでここでは身長・体重とベッドの関係を考えてみようと思います。

身長が高い人が注意する点

身長が高いといっても非常にあいまいですよね。最近は日本人も欧米人並みに背の高い人が増えているように感じます。でもベッドの規格は昔から変わっていません。

考慮する境目は…?

身長によってベッドを考慮する基準は180cm以上。185cm以上なら確実です。ベッドから足が出て体に負担がかかってしまい、十分な休息ができません。。

具体的にはロングサイズのベッドフレームとマットレスですね。一般的なマットレスの長さは約195cmです。身長180cmなら15cmの余裕がありますが、逆に言うと15cmしか余裕がありません。

頭の上に15cmしか余裕がないと、無意識にぶつけないように窮屈な寝返りになってしまいます。さらに寒い日は足が出ないよう少し上になるでしょう。そうなると頭とベッドフレームの隙間は10cmぐらいしかなくなってしまいます。10cmって結構少ないですよね。ちょっと間違えれば寝返りの時に頭や手がぶつかってしまいます。

かといってベッドから足を出して寝ると腰などに負担がかかり、それが毎日数時間もの間続くと骨格が歪んでしまいます。寒い日は余計ですよね。

そういうことを考慮すれば、あなたの身長が180cm以上ならロングサイズを検討してもいいのではないでしょうか。ただお部屋との兼ね合いもあるので注意が必要になります。

夫婦の場合、旦那はロングサイズ・嫁は普通サイズだとずれが出てしまいます。健康に関することなので致し方ないとは思いますが、あらかじめ考えておくといいですね。
ロングベッド一覧

体重が重い人が注意する点

次は体重に注目してみます。身長は普通でも体重が重い人はベッドの耐久性が気になりますよね。

体重を気にする基準

ベッドの購入時に体重を考える基準は、ベッドフレームの材質に大きく左右します。もちろん同じ材質でもベッドのモデルで作りが違うので一概には言えません。

木製フレームの耐荷重

フレームが木でできているベッドの場合は、シングル~セミダブルで約120kg、ダブルサイズで約180~200kgです。気になる人はモデルごとに耐荷重を確認する必要がありますが、大まかな目安はこんな感じ。

つまり木製の場合は誤差を考えても「100kg」が基準になると言えます。100kgを超える場合は要チェックですし、それ以下なら気にする必要はないということですね。

アイアン・パイプベッドの耐荷重

アイアンベッドやパイプベッドの場合は、耐荷重が低くなります。多くはメッシュ状の床板になるので、それだけ耐荷重も減ってくるんですね。また、そのような背景からかアイアンベッド・パイプベッドの場合ほとんどがシングルサイズ。

なので基本は体重の重い人向けではないということ。目安は木製よりも10kgほど低く、シングルで約90kgと考えていいと思います。もちろんモデルごとのチェックは必須です。

まとめ

ベッドは体型が大きくなるほど選べる種類が減ってきます。と言っても基準があいまいだと余計に選択肢が少なくなってしまうことも考えられます。

身長は180~185cm、体重は90~100kgあたりを基準にし、これを超えるようだと気にする必要が出てきます。
日本製の丈夫なベッド一覧

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 使うシチュエーション

  関連記事

マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策
マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策

マットレスに黒いカビが発生して悩んではいませんか?そのまま使えば健康上で問題あり …

布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた
布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた

物心ついたころからベッドで寝ている人にとっては、床に布団を敷いて寝ることが新鮮に …

大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点
大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点

体重が重い人はベッド選びも慎重になってしまいますよね。特に100kgを超える人は …

フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法
フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法

寝る環境は人それぞれ好みがあり千差万別。 でも日本のお部屋事情はある程度似ていま …

ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント
ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント

湿気の多い部屋にはどのようなベッドを選べばいいのか悩んではいませんか?季節や天候 …

ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!
ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!

パイプベッドやロフトベッド・二段ベッドなどは、耐荷重が気になりますよね。 耐荷重 …

ベッドフレームに敷布団を敷いて寝るのはアリ…?
ベッドフレームに敷布団を敷いて寝るのはアリ…?

ベッドで寝たいけどマットレスの独特なやわらかさがイヤ…。このような悩みはないでし …

効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法
効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法

ベッドや睡眠環境の最も大きな悩みの一つが「湿気」であり、除湿をいかに行うかはとて …

クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド
クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド

クローゼットはあるけど押入れがなく、布団を収納するスペースがない…という悩みはな …

転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント
転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント

仕事の都合で転勤が多い家庭の場合、ひときわ大きい家具であるベッドをどうすべきか悩 …