失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

腰痛にいいマットレス~高反発が解消する腰痛の3つの原因

腰痛にいいマットレス~高反発が解消する腰痛の3つの原因

腰痛には低反発マットレスがいいと思っていませんか?低反発マットレスが人気の中、逆にそれが原因で腰痛になる人もいます。

実は腰痛持ちの人には低反発ではなく高反発のマットレスが向いています。ここではその理由を紹介していこうと思います。

高反発マットレスが腰痛にいい理由

高反発マットレスはあまり沈みません。沈み込むと寝ている姿勢が悪くなり腰痛を引き起こします。また沈むマットレスは寝返りもしにくいもの。筋肉が休めずこれも腰痛を引き起こします。

高反発マットレスとは

では高反発マットレスとはいったいどのようなものなのでしょうか。名前ばかり「高反発」とか「低反発」など呼ばれていますが、実はそこに明確な基準はありません。メーカーが高反発と判断したものは「高反発マットレス」と呼ばれているにすぎないのです。当然メーカー内にはある程度の基準があると思いますが、それはメーカーの人間しか分からなかったりします。

なので現在はどれくらいの反発力だと高反発マットレスというのかがメーカーや商品によっていろいろ存在し、消費者が混乱を招く状況にあるということが言えます。低反発よりも体重に負けないで押し返す力が強いのは当然ですが、沈み込むかどうかについては体重によっても大きく変わってきます。購入する際は実際に使った人の声を参考にすることが大事になってきますね。

そもそも寝てて腰が痛くなるのはなぜ?

腰痛持ちの人は特に「朝起きたら腰が痛い…」という思いをした経験があると思います。寝ている時間はとても長いので、ちょっとしたことで体に大きな負担がかかってしまうのです。起きたら腰が痛いということはつまり、寝ている姿勢が悪いということなんです。

ではどのような姿勢が良くてどのような姿勢が悪いのでしょうか。理想論を言えばまっすぐ立っている状態を横にしたまま寝ることです。しかし寝ているときは力が抜けているので、そのような理想的な姿勢を意識的に維持することはできません。そこでマットレスの出番です。

マットレスができるだけ理想に近づけるようなサポートをしてくれれば、寝ている間も正しい姿勢を維持することができます。逆にサポートできないマットレス、具体的には「沈み過ぎる」「柔らかすぎる」マットレスは腰痛の原因を引き起こします。そのポイントは以下の3点です。

  1. 寝返りがしにくい
  2. 血流が悪くなる
  3. 背骨に負担のかかる寝相

1~寝返りがしにくい

寝返りは血流の滞りや筋肉の緊張を解消するために無意識に行われるもの。自分の意思ではなく脳が勝手に寝返りしたほうがいいと判断して行われます。

しかし寝ている寝具やパジャマなどの影響で寝返りがしにくい場合、本来は寝返りすべき時に寝返りをすることができません。すると筋肉は疲労し血行も悪くなってしまいます。

2~血流が悪い

腰痛の場合は特に腰周辺の血流が悪くなると痛みも出やすくなります。栄養や酸素を運び免疫機能を担う白血球なども運ぶ大事な血流。そんな血流が悪くなれば痛みが出るのは当然で、同時に冷えも起こり負のスパイラルに陥ってしまいます。

沈み込むマットレスの場合、もっとも荷重のかかる腰付近が一番沈み込み、結果腰の血流が悪くなり腰痛を引き起こしてしまうのです。

3~背骨に負担のかかる寝相

沈み込むということは腰が曲がることを意味します。さらに腰が曲がるということは骨に圧が大きくかかっていることを意味します。背骨のような細い棒状のものは、縦の力には強いですが横方向の力には弱いもの。

特に背骨の一番下にある「腰椎(ようつい)」と、骨盤の上部にある「仙骨(せんこつ)」に挟まれている「椎間板(ついかんばん)」に大きな負担がかかり、ヘルニアを発症する要因にもなってしまいます。

沈み込み過ぎるのを解消できるのが高反発マットレス

このように沈み込みが大きいと腰に大きな負担をかけたまま寝ていることになります。それを解消することができるのが高反発マットレス。これが腰痛には高反発マットレスがいいと言われる理由なんですね。

適度な体圧分散に加え腰が沈み込むのを防いでくれるので、寝返りがしやすく腰や背骨への負担を大幅に軽減してくれます。低反発マットレスのような包み込まれる寝心地はありませんが、姿勢を維持できることと寝心地の良さは必ずしも同じではありません。

腰痛の原因を減らすことができる高反発マットレス

マットレスを高反発に変えることで腰にやさしいのは間違いありませんが、腰痛が治るというわけではありません。腰痛の原因が寝ている姿勢だけだったなら大幅に改善されると思います。でも睡眠中以外で腰を酷使していれば、マットレスを変えても原因が減るだけで痛みがなくなるとは限りません。

最初は寝にくい高反発マットレス

もしあなたが低反発マットレスから高反発マットレスに変えたら、最初はおそらく寝にくいと思います。逆に熟睡できないかもしれません。しかしながら、その思いが強い人ほど効果が高いと思ってください。骨格や筋肉の歪みが大きな人ほど、正しい姿勢でいることが窮屈でイヤなもの。

  • 寝付きにくくなった…
  • 熟睡感が少ない…
  • 寝心地が良くない…

これは今まで寝ている姿勢が悪かった人の感想の代表的なもの。このような思いは逆に「よし!買って正解だ!」と思うことが必要です。

そのうち高反発じゃないと寝れないほどになる

体が正しい姿勢に慣れたら、試しに古いマットレスで寝てみてください。とても寝れるものではないと感じるはず。実はこれはデメリットにもなります。なぜなら、高反発マットレスに慣れたら旅先にも持っていきたいほどの存在になるからです。

せっかく温泉につかって心も体もリラックスしてるのに、布団によって寝付けないという残念なことも…。しかしそれは健康に近づいてる証拠なので、もっとも睡眠時間の長い自宅のマットレスを変えることは、長い目で大きな恩恵を受けることができると言えます。

まとめ

睡眠時間は人生の大部分を占めます。そんな貴重な時間をもっと有効に使うなら、高反発マットレスで体にやさしい睡眠に変えるのがおすすめ。姿勢も良くなり体型も改善されるので、メタボが気になる人にもおすすめです。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 腰痛の改善

  関連記事

腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方
腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方

腰痛やひざ痛を患っている場合、生活の様々なとこでカバーしてあげる必要がありますよ …

なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット
なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット

畳ベッドが気になるけど、あまり使ってる人がいないのでどうだろうか…という悩みはな …

発見!ぎっくり腰に優しいベッド・布団比較と最強の組み合わせ!
発見!ぎっくり腰に優しいベッド・布団比較と最強の組み合わせ!

突如として腰を襲う鋭い痛み。そう「ぎっくり腰」です。しばらくその場から動くことも …

起きたら腰が痛い!という人は収納付き畳ベッド
腰痛が朝だけ襲ってくる人の上手な対策

朝だけいつも腰痛が襲ってくる…起きると腰が痛くなる…という悩みはないでしょうか。 …