失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点

和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点

洋室にはベッド、和室には布団というイメージがありますが、反対に畳の部屋にベッドを置きたい場合や、洋室にじゅうたんを敷いて布団で寝たい場合もありますよね。

絶対的なルールではありませんが、ベッドはフローリングの上で使う設計なので、気をつけるポイントがいくつかあります。そこでここでは和室にベッドを置くときの注意点を紹介しようと思います。

畳を考慮する

和室は照明や窓が木枠の場合が多く、フローリングではなく押入れ、ドアが引き戸という感じでしょうか。ベッドを置くうえで特に気をつけるべきは畳のことですよね。

また、どうせなら和室にマッチしたベッドを置きたいもの。和室にベッドを置くときの注意点は次の4点です。

  1. 畳がへこまないようにする
  2. 簡単に動かせない
  3. フレームは木製が絶対条件
  4. ローベッドのほうが似合う

畳がへこまないようにする

ベッドにはいろんな形状のものがありますが、特に気をつけるべきは「脚」です。畳の天敵は「細い脚のベッド」になります。全体重を、しかも数時間、さらにそれを毎日のように預けるわけなので、細い脚のベッドだと簡単に畳がへこんでしまいます。

賃貸の場合は退出する際の敷金に関係してきますし、あまり目立つ跡だと模様替えすると見栄えが悪くなってしまいます。フレーム全体で置くタイプのベッドなら荷重が分散されて跡も付きにくいですが、それでも長期間なら跡が付いてしまうでしょう。

ホームセンターで売られているゴムマットを利用したり、ベッドの広さのウッドカーペットを敷くなどの工夫をすると跡が付きにくくなります。

もし4本脚の跡が付いた場合、退出する際の修理費を折半で請求されることもあります。畳に4本脚では跡が付くことは容易に想像できますよね。にもかかわらずそのまま置いたというのは、生活するうえで仕方ない損傷ではなく、注意義務を怠ったための損傷とみなされることがあるからです。

結果はともかく、賃貸である以上少しでも痛めない「努力の跡」を残すことも必要です。

簡単に動かせない

フローリングの場合は、ちょっと押せばすぐ横移動はできます。あまり動かす機会はありませんが、ベッドの下を掃除するときは動かせると楽にできますよね。ベッドの下はほこりがたまりやすい場所。畳の上だと目立ちませんが、確実にほこりはたまっていきます。

畳の場合、押してずらすと畳がボロボロになってしまいます。畳の「目」「方向」も大事ですが、基本的には動かせないと考えたほうが畳に優しいと言えます。

置くときはあらかじめコーディネートを決めておきましょう。「やっぱりこっちの方がいいかな」と言って何度もずらしていては畳がボロボロに傷んでしまいます。

また掃除機をかけやすいよう壁にベタッとつけないとか、後々ベッドをずらさなくても掃除がしやすい工夫をすることもいい方法です。

フレームは木製が絶対条件

デザイン的には、ベッドフレームは絶対に「木」がおすすめ。和室にパイプやアイアンベッドは似合いません。仮にあなたがアイアンベッドが大好きでも、不釣り合いなインテリアに置くよりは似合うベッドのほうが満足感は高いはず。

和室には木のほうが似合いますし、むしろ木を受け入れてくれる雰囲気を初めから持っています。パイプベッドやアイアンベッドが好きな人には少し残念かもしれませんが、幸い木製のベッドは種類も豊富で様々なデザインの物があります。きっと好きなテイストも見つかるはずです。

木製フレーム&畳を使用した和風ベッド

ローベッドのほうが似合う

和室には布団がとても似合います。また、そう感じます。日本人はそういう遺伝子でも持っているのでしょうか。見慣れているだけでしょうか。とにかく和室に高さのあるベッドを置くと違和感を感じてしまいます。

和室に2段ベッドやロフトベッドを置いたらどのように感じるでしょうか。少し違和感がありますよね。やっぱり和室には低いベッドのほうが似合います。

低ければ低いほどいいというわけではありませんが、基本はローベッドの方が間違いありません。ただ低いベッドは起きるたびに腰やひざに大きな負担がかかります。しかも起きたばかりのときは体が硬いもの。腰痛を持っている人は低すぎると悪化させる可能性もあるので、スムーズに立つことのできる高さの方が使い勝手はいいはずです。

和室に似合う低いフォルムのフロアベッド

まとめ

ベッドは和室用に作られているわけではありませんが、和室に合うようデザインされたものもあります。あくまでもあなたの好みが最重要ですが、インテリアにマッチするベッドのほうが気持ちよく寝ることができるはずです。

ポイントは「木製」の「ローベッド」です。
和室によく合うベッド一覧

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 部屋のタイプ

  関連記事

新婚さん必見!おしゃれな寝室にするレザーベッド
新婚さん必見!おしゃれな寝室にするレザーベッド

おしゃれな寝室はそれだけで心が満たされる思いになりますよね。 寝室を寝るだけの場 …

素材を変えるだけ!寝室をリゾート風にする簡単な方法
素材を変えるだけ!寝室をリゾート風にする簡単な方法

寝室をリゾート風・アジアン風にしたいけど、どうすればいいのか悩んではいないでしょ …

ホテルライクな寝室にするベッドの4つの条件
ホテルライクな寝室にするベッドの4つの条件

寝室をホテルライクな豪華な雰囲気にしたいと考えてはいないでしょうか。 ホテルでの …

ベッドの選び方~6畳に置くときの4つの大事な考え方
ベッドの選び方~6畳に置くときの4つの大事な考え方

寝室が6畳の場合、ベッドを置くとかなりのスペースを取られてしまいます。もしそれが …

おしゃれ!和室に合う背の低いベッド 厳選2モデル
おしゃれ!和室に合う背の低いベッド 厳選2モデル

和室にベッドを置く場合、どのようなデザインだと似合うのか想像しにくいですよね。「 …

インダストリアルなベッドルームに合うベッド 3つのポイント
インダストリアルなベッドルームに合うベッド 3つのポイント

インダストリアルなテイストのベッドルームを構築しようと考えてはいないでしょうか。 …

一人暮らしで生活感のない部屋に!女性におすすめのベッド
一人暮らしで生活感のない部屋に!女性におすすめのベッド

生活感のない部屋にしたいけど、どのようにすればいいの…?という悩みはないでしょう …

お部屋を広く見せるベッド 低さだけじゃない2つの大事なポイント
お部屋を広く見せるベッド 低さだけじゃない2つの大事なポイント

ベッドは非常に大きな家具なので、お部屋の大部分を占めてしまいますよね。 あまりに …

知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント
知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント

一人暮らしを始めるにあたり、物件やお部屋の数によっては和室を寝室にしたいという場 …

狭い部屋・寝室にベッドを置くときの2つ注意点
狭い部屋・寝室にベッドを置くときの2つ注意点

寝室が狭くても、ベッドで慣れている人はできればベッドで寝たいですよね。またアレル …