失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々スペースに!

ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々スペースに!

子供部屋には十分なスペースがあるでしょうか。

できれば窮屈な子供部屋より、広々して開放的な子供部屋で過ごしてもらいたいもの。

でもベッドも置いてデスクも置いて…となると、どんどんスペースがなくなってしまいますよね。

お部屋の広さは決まっているので、いかに工夫して広くするかを考える必要が出てきます。

そこでここでは「デスク付きロフトベッド」について考えてみようと思います。

ロフトベッドのスペースだけでOK

お部屋を広く使いたい場合「ロフトベッド」という選択肢がありますよね。

ベッドのスペースは確実に必要なので、ベッド下をいかに有効に使えるかということを考えれば、とても理にかなったベッド。

寝床が高くなるので若干気になるかもしれませんが、スペースの有効活用という観点では非常に優れた構造です。

子供部屋に必要なデスク付き

ロフトベッドの下は自由な空間ですが、デスク付きのロフトベッドなら子供部屋にピッタリです。

子供部屋の大きな家具1位と2位がベッドと学習机。

そんな二つの家具がベッドのスペースだけで収まるので、子供部屋がより広々します。

もちろん自前のデスクがあるなら、ロフトベッドの下に置くことでスペースが広くなります。

でもデスク付きを選ぶことで、一般的な学習机にはない魅力も付いてきます。

超ワイドなデスク

ベッドの長さがデスクの幅になるので、非常に幅の広いデスクになります。

友達や兄弟姉妹で並んで勉強できるので、勉強が面白くなり好きになってくれるかも。

また親が並んで教えてあげる時にも便利です。

デスクの面積も広いので、窮屈さもなく広大なスペースで勉強に身が入りますよね。

高さを選べるタイプも

システム的にデスクが付いてる場合、様々な付加価値があるもの。

その一つに高さ調整機能があります。

デスクの高さを調整できるメリットは、子供の成長に合わせやすいという点。

床に座ってデスクを使ったり、チェアーに座って使うこともできます。

一体化してると何かとメリットがある

ベッドと学習机をそれぞれ揃えると、結構なお値段になってしまいます。

でもいっしょになったロフトベッドだと、価格を抑えることができますよね。

また見た目にも統一感があって雰囲気も良くなります。

子供部屋は子供にとって大事な自分の場所。

好きなテイストで落ち着く雰囲気は、バラバラな見た目では生まれません。

まとめ

デスク付きのロフトベッドには、別々の場合とはまた違ったメリットがあります。

ベッド下のスペースを自由に使えるのもいいですが、デスクが付いてると一体感が出て子供も好きになってくれるはず。

子供部屋にスペースが生まれ、価格も抑えることができるので賢い選択と言えます。

小学校の入学祝いなどは「いかにも」という学習机が定番ですが、このようなデスク付きのロフトベッドも喜ばれるかもしれませんね。

デスク付きのロフトベッド

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 子供向け

  関連記事

可愛い♪ベッドフレームを白くするだけでガーリーな寝室に!
可愛い♪ベッドフレームを白くするだけでガーリーな寝室に!

寝室をガーリーな雰囲気にしたいと考えてはいないでしょうか。 男前インテリアが流行 …

喘息の子供にオススメのベッド 4つの大事なポイント
喘息の子供にオススメのベッド 4つの大事なポイント

子供の喘息で悩んではいませんか?小児ぜんそくは6歳までの90%がかかると言われ、 …

納得!喘息の赤ちゃんに向いてるベッド 4つのポイント
納得!喘息の赤ちゃんに向いてるベッド 4つのポイント

赤ちゃんを寝かせる場所というのは、親としては様々な悩みが出てきますよね。その中で …

失敗しない二段ベッドの選び方 大事な3つのポイント
失敗しない二段ベッドの選び方 大事な3つのポイント

「二段ベッドを買いたいけど、どんな二段ベッドがいいか分からない…」 という悩みは …

子供用のベッドの選び方 4つの年代別に注意するポイントを紹介
子供用のベッドの選び方 4つの年代別に注意するポイントを紹介

子供用のベッド…とても幅広い言葉ですが、子供が成人するまでは親が用意するのが当た …

childbed-hardness
幼児・子供のベッドの硬さ 大事な2つのポイント

子供用のベッドを用意するとき、意外と悩むのが硬さですよね。 2~6歳くらいの、幼 …

階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット
階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット

子供部屋をより広く使うにはロフトベッドが活躍しますよね。 ベッドの下を自由に使え …

長く使える!分割可能&コンパクトな二段ベッド
長く使える!分割可能&コンパクトな二段ベッド

子育て世代は子供のベッドで悩んでしまうものですよね。特に兄弟姉妹がいる場合は、二 …

赤ちゃんと添い寝するときは連結できるベッドがおすすめ!
赤ちゃんと添い寝しやすいベッドとは…

赤ちゃんをベビーベッドではなく親のベッドで添い寝したいと考えている場合、転落する …

子供部屋に収納家具を置く前に考えるべき2つのこと
子供部屋に収納家具を置く前に考えるべき2つのこと

子供部屋の物がゴチャゴチャ溢れてる…という悩みはないでしょうか。 子供は成長と共 …