失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点

ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点

セミダブルサイズのロフトベッドを検討してはいないでしょうか。
ロフトベッドはシングルサイズが多くあまり種類はありませんが、やっぱり広々寝たい人など、セミダブルがいいという人も少なくないはず。

でも、ただでさえ特殊な形状である「ロフトベッド」。
幅の大きなセミダブルにすることで、思いがけない「使いにくさ」があるかもしれません。
大きな家具だけに、使いにくいと本当にイヤになってしまいますよね。

そこでここでは、セミダブルのロフトベッドを購入する前に知っておくべき5つのポイントを紹介しようと思います。

セミダブルになることで注意すべき5つのポイント

シングルではなくセミダブルになることで、幅が約20cmくらい広くなります。
もちろん「広くなる」のは寝る時で、寝ていない時は20cmくらい部屋が狭くなることを意味します。
全体的なボリューム感も増し、お部屋の中で一番の存在感を放つことでしょう。

そんなセミダブルのロフトベッド。
気を付けるべき点は、主に次の5つがあります。

  1. 耐荷重が高めの頑丈タイプ
  2. キシミ対策が施されている
  3. 色と高さに注意する
  4. スチール製
  5. 階段タイプや宮付きは要注意

1つずつ考えていきます。

1~耐荷重が高めの頑丈タイプ

セミダブルになると、物理的にフレーム自体の重量が増えます。
各部にかかる荷重も必然的に増え、よりしっかりしたものが求められますよね。

寝具も合わせて大きくなります。
マットレスはセミダブル用になり、敷布団も幅が広がります。
コイルマットレスを使うなら、より重量増は大きくなってしまいますね。

また、体型が細身の人はいいかもしれません。
もしセミダブルを選択する理由が「大柄な自分の体型」に依存しているなら、トータルで考えると一般的な耐荷重では心もとないですよね。

できれば少しでも丈夫さを売りにしているものがいい。
ただどんなメーカーだって、自分とこの商品を「華奢です」とは言いません。
絶対に「丈夫です」というはずですよね。

なのでそのような曖昧な言い回しではなく、はっきりとした「耐荷重」という目安を基準にするのがおすすめ。
しっかり数値にて表されるので、「丈夫」とか「頑丈」といった分かりにくい表現よりハッキリした物差しになります。

一般的なシングルサイズのロフトベッドの耐荷重は、およそ80~100kgあたり。
セミダブルにするなら、さらに2割増しくらいは欲しいところ。
数値にて表されると、使うほうもイメージしやすく安心感がありますね。

耐荷重とは…

そもそも耐荷重とはどのようなものかイメージできるでしょうか。
メーカーで表示している耐荷重は、ほぼ例外なく「静止耐荷重」です。
つまり止まった状態での耐荷重ですね。

でも実際にベッドで寝る時を想像すると、必ずしも止まっている時ばかりではありません。
布団に入る時、寝返りするとき、起き上がる時…。
必ず「動き」があるので、なおさら耐荷重に余裕が欲しいところです。

ただメーカーとしてもフレーム破損での事故などは非常にまずいわけで、検査で出た数字より下げて明示すると考えるのが筋。
例えば検査では150kgの耐荷重だと認定されても、売る時には100kgの耐荷重にする。
ゆとりを持たせることで、消費者がより安全に使うことができますよね。

なので単に「○○kgまでは大丈夫」とか「○○kg以上だからやばいんじゃ…」といった発想ではなく、概ね「○○kgまでなら十中八九壊れることはないだろう」という考え方をするほうが正解。
賞味期限(消費期限?)と同じ発想ですね。

ただし耐荷重オーバーはやっぱりまずいので、セミダブルにするなら耐荷重が高めのものを選ぶ方が安心と言えそうですね。

2~キシミ対策が施されている

耐荷重とも関連しますが、重量が増えれば増えるほど「キシミ」という問題が起きやすいのは言うまでもありません。
ロフトベッドは形状的にキシミが出やすく、天敵と言っても過言ではないです。
なのでセミダブルにするなら、よりキシミへの対応が必須。

部材の丈夫さはもちろん、キシミが起きる「原因」への対策をしているかどうかが重要になりますよね。
ロフトベッドがきしむ大きな原因の一つが「揺れやすい」ことです。
特に長辺方向から見た「左右の揺れ」が起きやすいのは、形状を見れば想像できるはず。
脚が長く、左右にフレームが長いので、どうしても寝返り時や昇降時に「横揺れ」が起きます。

そんな横揺れを防止する一番の対策が「筋交い」です。
バッテンの補強材ですね。
斜め方向にギュッと引っ張り合うので揺れが減ります。
また容易に取り付けることができるため、ロフトベッドでは必須の補強材と言っても過言ではありません。

斜めの補強に合わせて、水平の補強も付いている必要がありそうです。
ロフトベッドは前面が大きく空いているので、実質、後ろ面しか左右の揺れを軽減する補強パーツを付けることができません。
なので筋交い+水平補強がなければ、揺れを抑えることはなかなか難しいと言えます。
合わせて部材の太さや強度なども高ければ言うことありませんね

床板の形状にも注意

床板は荷重が最もかかるところであり、最もキシミが発生しやすい部分でもあります。
この部分がキシミに強いと、より抑えることができると言えそうですよね。

スチールのロフトベッドで多い「メッシュ床板」は、意外と要注意です。
通気性に関しては非常によく、湿気対策の側面ではメッシュ床板はとても優れていると言えます。

でも細いスチール素材を組み合わせているので、強度はやっぱり下がりやすい。
しかも前述の通り「最も荷重のかかる部分」です。

一長一短なので好みではありますが、キシミに対してはメッシュではなく「マット+補強材」のほうが上です。
荷重を補強材がしっかり受け止め、弾力性のあるマットによりキシミが起きにくい。
柔らかいものはこすれても「きしまない」わけで、硬ければ丈夫なのは間違いありませんが、キシミには弱くなるという原理ですね。
セミダブルは広々と寝れるので、やっぱり気兼ねなく寝返りできるよう「キシミ対策」がしっかりしたものを選びたいところです。

3~色と高さに注意する

ロフトベッドは高さがあります。
これは、ベッドに入っていない時には「圧迫感」というものに変わります。
そりゃお部屋に「高さも幅も長さもある大きな物」があれば、広い部屋じゃない限り圧迫感は出てきますよね。
特に座った時に、その大きさに圧倒される人も多いはずです。

でもロフトベッドを選択する時点で、ある程度の覚悟は必須。
それでこそのロフトベッドと言えるのですから。
さらに幅がセミダブルになれば、その圧迫感もより大きなものに。
なので少しでも圧迫感を減らすことに主眼を置くのがおすすめです。

例えば色を白にしてみる。
壁や天井は白の場合が多く、少しでも同化することで圧迫感は減ります。

また、白いインテリアはとっても明るいです。
奥行き感があり実際よりも広く感じるので、大きなものほど白にすることで圧迫感がなくなりますね。

ただ他のインテリアと合わせるという考え方も大事。
白が合わないインテリアはないと言えますが、例えば黒の多いお部屋なら、あえて黒いロフトベッドにすることで周りと一体化しやすく、変に「浮いてる」といったこともないはず。
白にすることで妙に悪目立ちするといったことも考えられます。

また、高さを変えることができるロフトベッドなら、どうしても高さがあってイヤだとか、引越してお部屋が広くなったから低めでもいいだとか、様々な状況に対応しやすいと言えます。
脚を外して低くすることができるロフトベッドもあるので、セミダブルという大きなロフトベッドなら、あってもいい機能ですよね。ハイタイプもロータイプも、自分で決めれれば理想的です。

4~スチール製

ロフトベッドの素材には、主にスチールと木があります。
一般的なベッドは木製が多いですが、ロフトベッドはスチールがメイン。

セミダブルのロフトベッドにするなら、一般的なスチール素材がおすすめ。
理由は見た目によるものです。

  1. 軽そう
  2. 空間が多い

スチールは強度があるので、木のそれよりも細い部材で作れます。
スチールのロフトベッドと同じ細さの「木のロフトベッド」じゃあ、安心して寝れそうにありません。
ボキッて折れそうです。

では部材が細いとどんな視覚的印象があるのか。
まず思いつくのは「軽そう」という印象。

細い物は軽く感じるので、実際には相応の重さがあっても、軽く見えるものです。
合わせて白やシルバーといった明るい色味を選べば、よりそういう印象になりますね。

また細い部材なので、空間が多いのも特徴の一つ。
全く同じ外寸の場合スチールのほうが部材が少なくて空間が多いので、視覚的に大きさを感じさせません。

同じ大きさなのに小さく見える。
同じ重さなのに軽そうに見える。

これはつまり「圧迫感」を減らせることにつながります。
高さや色の項でも紹介しましたが、やっぱりセミダブルのロフトベッドは大きいです。
お部屋が10帖以上あればそこまで気にならないかな…という感じでしょうか。

広い部屋ならあまり気にせずとも、6帖や8帖くらいだと少しでも圧迫感を減らすようにしたいところです。

5~階段タイプや宮付きは要注意

ロフトベッドをセミダブルにすると、幅が20cmほど大きくなると冒頭で書きました。
長さ約200cm・高さ約180cmくらいのものの幅が、さらに20cm大きくなるのは、想像以上の圧迫感だと考えていたほうが間違いありません。

階段や宮棚をロフトベッドに求める人は多いはず。
でもセミダブルの場合は、要検討です。
理由は、さらに大きくなるから。

例えば、はしごではなく階段で昇降できるロフトベッドは、とても昇り降りしやすい。
寝ぼけていても、オシッコしたくて慌てていても、泥酔して寝床に向かう時も、安全に昇降できる大きなポイントです。

また宮棚は本当に便利で、コンセントまで付いてるといちいち下に降りる回数も減って非常に楽チン。
個人的には、ロフトベッドに最も付いていてほしい機能だと思います。

ただセミダブルを選ぶなら、これらの機能性はデメリットが大きくなります。
もちろん便利なのはセミダブルでもシングルでも変わりありません。
が、「ベッド自体のサイズが大きくなる」というこれらの機能の欠点が、セミダブルではより強く反映してしまうわけ。

「ただでさえデカいロフトベッドが、さらにデカくなる」
噛み砕いて言うとこんな感じです。

階段も宮棚も「全長」が大きくなる方向に付くので、幅はセミダブルで大きくなり、さらに長さも増える。
これ以上ない大きさのロフトベッドが完成し、下からの眺めは断崖絶壁のわきにでもいるような感覚でしょう。

もちろんメリット・デメリットの天秤という話。
最初に「ロフトベッドというベッド下を有効に使えるメリットと部屋に圧迫感ができるデメリット」を天秤にかけ、次に「階段や宮棚のメリットとサイズが大きくなるデメリット」を天秤にかける。

それでもなお階段や宮棚にメリットを感じるなら、そのほうがいいです。
お部屋の広さにも大きく影響を受けるので、全ての人に同じことは言えません。

ただ、それを知ったうえで選択するのと、知らないでたまたまそうなったのとでは、雲泥の差がありますよね。
結果的に良かったなら問題はないのですが、少しでも大きなロフトベッドのリスクを減らす意味でも、熟考するポイントではないでしょうか。

ロフトベッド×セミダブルのおすすめ

散々いろんなことを書いてきましたが、そんなロフトベッドなんてあるのだろうか…と思っているかもしれません。
もちろん高価なものは総合的にいいものですし、それは世の常。
反対に激安商品だからダメというわけではなく、いかに自分にとって使いやすいかが重要。

とは言え高い物はいいのが当たり前なので、少しでも安いもので条件を満たしているロフトベッドを紹介します。

安くても使い勝手のいいセミダブルロフトベッド

ORCHID(オーキッド)

このロフトベッドは、一般的な価格帯。
激安ではありませんが、高価でもありません。
それでいて今までの条件を揃えているので、セミダブルのロフトベッドが欲しい人にはおすすめのモデル。
見た目が普通でオシャレな感じはあまりないですが、セミダブルを選びやすい機能性が盛り込まれている印象です。

価格を上げればもっといいものがあるかもしれません。
それは当然なのですが、ボーダーラインを決めなければいけないのも、また当然。

コストパフォーマンスという側面で考えると、このロフトベッド、特にセミダブルを選択した場合は、とても高いように思います。
セミダブルのロフトベッドを検討している人は、ぜひ見てみてください。
一見の価値はあると思いますよ。

セミダブル×ロフトベッド おすすめはこちら

まとめ

ロフトベッドでセミダブルを選ぶ場合、寝やすさや広さは確保できるので、いかに圧迫感を減らすかが重要なポイント。
とにかく大きいベッドなので、明るい色味にするとか、スチール製にするとか、細かいことの積み重ねで考えるのがおすすめです。

階段や宮棚も非常に欲しい機能ではありますが、こればかりはお部屋のサイズに依存してしまいます。
ただ、広さが十分ある部屋なら、そもそもロフトベッドという選択肢はないはず。
つまり「便利ではあるが省くべき機能」である可能性が高いと言わざるを得ません。

セミダブルによる「広さ」という選択をしたなら、他の機能性は控える。
そうすることでバランスが良くなり、それが使い勝手の良さや快適な居住スペースにつながるのではないでしょうか。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - ベッドの種類, ロフトベッド

  関連記事

大人用にロフトベッドを使うなら丈夫さ重視!
大人用にロフトベッドを使うなら丈夫さ重視!

ロフトベッドはスペースを有効に使えるので、狭小住宅が多い日本にはピッタリの形状。 …

高品質&低価格なベッドを選ぶための大事なポイント
高品質&低価格なベッドを選ぶための大事なポイント

高価なものは高品質、安価な物は低品質、これは世の常であり当たり前の事実とも言えま …

階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット
階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット

子供部屋をより広く使うにはロフトベッドが活躍しますよね。 ベッドの下を自由に使え …

ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選
ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選

ベッドの色を気にする人は多いと思います。 ベッドは大きいゆえに色による視覚的な影 …

どんな部屋にも合う!シンプルな引き出し収納ベッド
どんな部屋にも合う!シンプルな引き出し収納ベッド

収納ベッドはとても種類が多く、いろいろ選べるのはいいのですが逆に決めることが難し …

なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット
なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット

畳ベッドが気になるけど、あまり使ってる人がいないのでどうだろうか…という悩みはな …

一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!
一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!

お部屋が狭いけどベッドを置きたい…という悩みはないでしょうか。 一人暮らしの場合 …

並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドに!
並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドに!

跳ね上げベッドにしたい、でも夫婦で寝たい…。このような悩みはないでしょうか。 跳 …

フロアベッドの5つのメリット・デメリット
フロアベッドの5つのメリット・デメリット

床にとても近い位置で寝れるフロアベッド。オシャレで種類もけっこうありますが、やは …

通気性のいいベッドの選び方 桐すのこが理想的
通気性のいいベッドの選び方 桐すのこが理想的

寝心地の他にベッドに求めることはいろいろありますが、カビの発生を極力抑えたいとい …