失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

パイプベッドの寝心地は選び方と使い方で決まる!

パイプベッドの寝心地は選び方と使い方で決まる!

パイプベッドを買いたいけど、寝心地が悪いんじゃないだろうか…と思ってはいないでしょうか。
イメージ的にゴツゴツ硬そうで、ギシギシきしみそうなパイプベッド。
せっかく安くてもあまり寝心地が悪いようだとイヤですよね。

でも他と比べ、その安さはほんとに魅力的。
予算があれば寝心地のいいベッドを買えますが、少ない予算でやりくりするなら、やっぱりどこか妥協しなければならない。

そこでここでは、パイプベッドの寝心地や使い勝手について考えてみようと思います。

パイプベッドの寝心地が悪い一番の理由

パイプベッドの寝心地を大きく左右するのが、その選び方と使い方。
最も寝心地が悪いと感じるであろうシチュエーションは、「メッシュ床板+敷布団」という使い方です。

パイプベッド独自のメッシュ床板

メッシュ床板は、パイプベッドの大きな特徴の一つ。
木製でメッシュ床板はおそらくないので、パイプベッドの大きな特徴の一つと言っても過言ではなさそうです。
多くのパイプベッドで採用されており、特に気にしないで選ぶと、ほぼ自動的にメッシュ床板になっているはずです。

そんなメッシュ床板に敷布団だけを敷いて寝るというのは、どう考えても寝心地が悪いに決まってます。
最低限ウレタンマットレスを敷き、その上に敷布団を敷かなければ、床付き感が大きくなり寝心地が悪くなります。

もし初めからベッド用のコイルマットレスではなく、敷布団を敷いて寝ることを想定しているなら、メッシュ床板ならウレタンマットレスを敷く。
もしくは床板がメッシュではなくスポンジ&布で覆われたタイプにする。
どちらかを選択するのが基本です。

ウレタンマットレスを一枚はさむだけで床付き感は大きく軽減し、コイルマットレスより硬いのは否めませんが、普通に床の上で寝ているような寝心地になります。
またパイプベッドには、床板がメッシュではなくスポンジと布で覆われたタイプもあります。
敷布団の使用を想定しており、床板がでこぼこじゃなく多少の弾力性があるので、寝心地は良くなります。
さすがにそのまま寝るには無理がある弾力性ですが、でこぼこじゃないだけで大きく寝心地は向上します。

つまりは使い方次第

パイプベッドでも、正しい使い方をすれば寝心地は大きく改善します。
メッシュ床板の上に直に敷布団を敷いて「寝心地が悪い」というのは、ある意味「当たり前」と言えますよね。
それはパイプベッドが悪いわけではなく、使い方が悪いだけ。

メッシュ床板の場合は、基本はコイルマットレスです。
敷布団を使うなら、床板はメッシュじゃないものを選ぶ。

使い方・選び方を正しく理解すれば、パイプベッドの安さがしっかり活きてきます。
つまり「安くてそこそこの寝心地を実現できる」というわけ。

あえて「そこそこの寝心地」にしたのは、寝心地は硬さだけではないからです。

パイプベッドの天敵「きしみ」

パイプベッドの寝心地を大きく左右するのが、硬さに加え「きしみ」でもあります。
寝返りをするたびにギシギシいうようでは、硬さがちょうど良くても寝心地がいいとは言えませんよね。
ではなぜパイプベッドはきしむのでしょうか。

パイプベッドが「きしむ」大きな原因

パイプベッドがきしむ大きな原因は、まさにその素材。
強度ではなく「弾力性」という側面で考えると、木のほうが弾力性があるのが想像できると思います。
もちろん木に大きな弾力性があるわけではないのですが、ネジがギュっと締まるとき、わずかな弾力性があるのが分かりますよね。

対してスチール素材はというと、弾力性の「だ」の字もありません。
とにかく硬い。
つまり「パッキン」的な役割をこなすものがないというのが、きしむ最大の原因です。

いくら機械で製造されているとはいえ、わずかな違いやネジとの相性が出てくるのは仕方ありません。
これは海外製だからとかいうことではなく、ある意味仕方ない部分。
硬いネジと硬いフレームがギュッと接している以上、そこに「きしみ音」が出るのは当然と言えば当然なのです。

きしみは「工夫」で対応する

スチール同士がギュっと接している以上、きしみが起きるのは当然。
でも「当然だから仕方ないよね」では済まされないから困る。

そんなきしみを解消するなら、商品の質というより「工夫」のほうが断然おすすめ。
値段が高いからってきしみが少ないとは限りません。
何度も言いますが、スチール同士が接している以上、そこにきしみは必ず発生するのですから。

ベッドは寝返りなどで頻繁に揺れます。
ネジが緩んでくる可能性は十分あり、きしみが気になったらまず「ネジの増し締め」を行うことが大事です。

全部のネジをしっかり締めなおす。
案外これだけできしみが解消されたというケースも多いはず。
もしこれで改善されれば、今後きしみがまた発生しても、同じ原因の可能性が高いです。
スチールは簡単に摩耗するものではないので。

増し締めで改善されない場合は、どこかのネジのところで「こすれている」可能性が高いです。
揺れるとスチール同士がこすれてギシギシなる。
この場合は、いくつかの対処法を行います。

きしみ軽減 その1 ~パッキンを挟む~

ネジに合うパッキンをホームセンターなどで見つけて挟めてみましょう。
スチール同士よりも弾力性が出るので、きしみを軽減させることができます。
ゴム製や柔らかいプラスチックのパッキンだと効果的ですね。

きしみ軽減 その2 ~潤滑油~

「〇〇556」のような潤滑油を、きしむ部分に吹きかけます。
隙間に潤滑油が入り込むことで摩擦が減り、きしみ音が軽減します。

きしみ軽減 その3 ~ゴムマットを敷く~

きしみの原因がネジではなく「床と脚」の問題なら、脚の下に薄いゴムマットを敷くと軽減できます。
脚の部分と床がこすれることできしむ場合もあり、クッション性をよくすることで解消されます。
フローリングではなくカーペットを敷くことでも改善されそうですね。

選び方でも変わる

ベッド自体の使い勝手が悪いと、総合的に「寝心地が悪いベッド」という烙印をおされてしまう。
寝心地は普通なのに、使い勝手の悪いパイプベッドだと、寝心地も悪く感じてしまうものです。

つまりどんな種類のパイプベッドを選ぶかによっても、購入後の満足度は大きく変わるということ。
それは寝心地だけではなく、構築した睡眠環境の差が「寝心地」に向けられるということです。

パイプベッドは安いだけじゃない

パイプベッドのメリットを考えると、多くの人は「安い」ということをあげると思います。
確かにパイプベッドは安い。
でも実はそれ以外にもしっかりメリットはあるものです。
その代表が「湿気に強い」こと。

パイプベッドは湿気に強い

パイプ自体の強度があるので、部材はおおむね細く作られています。
もちろん耐荷重などの強度を計算したうえでの細さ。
これはつまり空間の多さを意味します。

同じサイズのベッドでも、木とパイプだと空間の量が圧倒的にパイプのほうが多い。
なので湿気がこもりにくいメリットがあります。

また上記しましたが、パイプベッドはメッシュ床板が多いです。
布で覆われているものもありますが、構造は案外スカスカ。
これにより通気性も高く、カビの心配は木製よりも少ないと言えます。

満足度の高いパイプベッドを選ぶ

パイプベッドは安さばかりに目が行くので、意外と種類を選ばない人が多いように思います。
でも木のベッドと同じで、使い勝手のいいパイプベッドを選ぶことで、満足感が大きく変わります。
それにより寝心地も良く感じるポジティブなスパイラルになりますよね。

そもそも種類が少ないパイプベッドですが、選び方は木のベッドといっしょ。
宮棚が付いているか、収納はあるのかといったことが基本になります。

宮棚付きのパイプベッド

宮棚付きパイプベッド

このような棚が付いてるベッドは全長が長くなるデメリットがありますが、それを補って余る使い勝手の良さが魅力。
寝る直前までメガネをかけていれば、スッと棚に置けます。
本を寝る前に読む人なら、眠さが限界にきた瞬間にポンッと置いて寝ることができます。

近くに棚があれば代用できるのは間違いありませんが、一番のポイントは「見なくても場所が分かる」ということ。
置くときに「目をつぶっても置ける」場所が宮棚です。
反対に、例えばティッシュを一枚とるときも、見なくても場所がある程度分かるから使いやすい。
実際に使うのは多くの場合「夜」なので、人によっては真っ暗かもしれません。
宮棚は自分の頭のすぐ上にあるのが大事で、だからこそ使いやすいのです。

画像のパイプベッドは、シンプルに宮棚が付いてるだけのパイプベッド。
ティッシュやスマホ・アイフォン・メガネ・本・腕時計・目覚まし時計…など、小物をスマートに置くことができます。

宮棚付きのパイプベッドはこちら

ちなみにこのパイプベッドは高さを選べるようになっており、高いほうを選べばベッド下に収納ケースを二段にして置いたりできます。
ベッド下を収納に使いたい人にも向いてそうですね。

引き出し収納付きのパイプベッド

引き出し収納付きパイプベッド

こちらのパイプベッドは引き出しが付いています。
デザインが揃った引き出しなので、インテリア的にもいい感じ。
小物を整理しながら収納できそうですね。
出し入れしやすそうなので、普段使うものを収納してもよさそうです。

また前述した「床板が布で覆われているタイプ」のパイプベッド。
敷布団にも使いやすいのがメリットで、もちろんコイルマットレスも問題ありません。
逆に言うと、敷布団で寝ようと考えているなら、このようなタイプは外せません。
スチールの硬さが最小限になりますよね。

引き出し収納付きパイプベッドはこちら

引き出し収納に加え、しっかり宮棚も付いてるので、総合的な使いやすさのあるパイプベッドではないでしょうか。
セミダブルもあるようで、ゆったり広々寝たい人にも向いてそうです。

とにかく安いパイプベッド

激安パイプベッド「Chess(チェス)」

価格重視ならこのようなシンプルなパイプベッドがおすすめです。
特徴を説明するのが難しいほど、何の変哲もない普通のパイプベッド。

基本的な性能はあります。
たとえば耐荷重は100kgだったり、通気性のいいメッシュ床板だったり、床のキズ防止付きだったり。
ぐらつきを抑える補強もされています。

価格は数千円という最安値級。
安くても、コイルマットレスを使えば寝心地にはほとんど影響しません。
問題はキシミやデザイン性といったところでしょうか。

また、高価なものは心情的に処分しにくいですが、価格が安いとその障壁もグッと下がります。
もし引越しで新居に合わなくなっても、もったいないから無理やり使い続けるという「ムダ」も減りそうですね。

とにかく安いパイプベッドはこちら

デザインが好きなら満足度も高まる

ベッドは寝床ではありますが、インテリアの一部でもあります。
特に大きな家具なので、そのインテリアに与える存在感も一際大きいものですよね。

お部屋のインテリアに合う素敵なデザインなら、安さとインテリア性が満足度をグッと高めてくれます。
安いパイプベッドでも案外インテリアによっては似合うこともあり、むしろパイプベッドだからこそ馴染むデザインのベッドも。

そこでいくつか素敵なデザイン性のパイプベッドを紹介しようと思います。
やや価格が上がってしまいますが、おしゃれなインテリア性なのでおすすめです。

インダストリアルなパイプベッド

Tiberia(ティベリア)

まさにパイプベッドだからこその「武骨さ」というか、無機質な感じが魅力ですね。
何の変哲もない形状と言えばその通りなのですが、インテリア次第ではとても味わいのある雰囲気を演出してくれます。

パイプベッドならではのメリットに加え、デザイン性もよく、価格も抑え目。
少しヴィンテージ風なインテリアに特におすすめです。

インダストリアルなパイプベッドはこちら

姫系アイアンベッド

白い姫系アイアンベッド「Esprit(エスプリ)」

一転して女子限定の可愛いデザインのアイアンベッド。
パイプベッドと呼んだら怒られそうなキュートなデザインですね。

アイアンは鉄、パイプは合金である鋼(スチール)。
本物の鉄でつくられたベッドは逆に価格が高く、そして非常に重いです。

市販されているほとんどのアイアンベッドは、実はスチール製のパイプベッドだったりします。
アイアンベッドのほうが聞こえがいいので、アイアン製のベッドというより「アイアンベッド」という商品属性が一般化した言葉と言った感じですね。

うんちくはさておき、姫系デザインのインテリアなら、逆に木製のベッドよりこのようなアイアンベッドのほうが断然似合います。
曲線を使った可愛らしい装飾も木よりしやすく、細く華奢なデザインが、より女子らしさをアピールしていますね。

姫系アイアンベッドはこちら

天蓋付きアイアンベッド

エレガントな姫系天蓋付きベッド「Elise(エリーゼ)」

姫系というか、本物のプリンセス気分を味わえる天蓋(てんがい)付きベッド。
まさにお部屋の主役にふさわしい存在感で、逆に言うとインテリアを選ぶベッドとも言えそうです。

色が2色あり、大人プリンセスには白、子供プリンセスにはピンクが似合うでしょうか。
これもさすがにパイプベッドとは呼べないデザインですが、実際はパイプベッド。

でも雰囲気は完全にアイアンベッドそのもので、お姫様大好き女子なら思い切って天蓋付きにしてみるのもアリではないでしょうか。
天蓋付きアイアンベッドはこちら

番外編:希少なパイプフロアベッド

スチール製のローベッド「Legacy(レガシー)」

パイプベッドは、ほとんどが脚付きのベッドですよね。
このようなフロアタイプのパイプベッドはなかなか希少で、しかも使い勝手が案外いい。

フロアベッドの最大のメリットである「開放感」があり、それでいてパイプの丈夫さと通気性の良さをあわせ持っています。
特に後者の通気性に関しては、木のフロアベッドはマットレスの前後左右が囲まれている場合が多く、湿気がこもりやすい弱点があります。

それをパイプ製にすることで「すきま」を作ることができ、湿気がスマートに分散してくれます。
マットレス裏に関しては、高さのある脚付きのほうが湿気が逃げやすいです。

でもフロアタイプは開放的で本当に広々した空間を演出してくれるので、価格を含め総合力の高いこのパイプフロアベッドはなかなか使い勝手がいいと言えそうです。

そもそも脚付きパイプベッドで、ベッド下に収納ケースなどをいっぱい入れてしまっては、湿気が逃げるスペースがなくなってしまう可能性も。
収納がある程度足りている人なら、フロアベッドという選択肢もいいかもしれませんね。

パイプフロアベッドはこちら

まとめ

「パイプベッド=寝心地が悪い」といのは、価格が安いことによる錯覚です。
寝心地が悪いから安いワケではなく、パイプベッドの材料費や加工費などが安いだけ。
パイプベッドでもマットレスや敷布団の使い方で、何の違和感もなく眠れるものです。
パイプベッドで「どう寝るか」のほうが大事で、その点をクリアすればコスパの高いベッドに変化します。

もちろん木と比べ「キシミやすい」とか「見た目が安っぽい」といったデメリットはありますが、そもそも「安い」というメリットが帳消しにしてくれます。
あとはいかに寝心地よく工夫するかが大事。

基本は「メッシュ床板にはコイルマットレス」「敷布団を使うなら平らな床板」です。
ここさえ押さえておけばそこそこの寝やすさはあり、あとはベッドフレーム以外の性能次第。

パイプベッドで寝心地よくできた時の満足度は、価格が安い分、より大きいのではないでしょうか。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - ベッドの種類

  関連記事

折りたたみベッド おすすめ9モデルと使える機能性
折りたたみベッド おすすめ9モデルと使える機能性

どんな折りたたみベッドがいいだろうか…と考えてはいないでしょうか。 折りたたみベ …

階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット
階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット

子供部屋をより広く使うにはロフトベッドが活躍しますよね。 ベッドの下を自由に使え …

ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選
ベッドが黒いとこんな感じ!イメージしやすい画像12選

ベッドの色を気にする人は多いと思います。 ベッドは大きいゆえに色による視覚的な影 …

ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点
ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点

セミダブルサイズのロフトベッドを検討してはいないでしょうか。 ロフトベッドはシン …

かわいい♪カーテン&宮付きのロフトベッド
ロフトベッドの大きな2つの欠点

お部屋にベッドもソファーも大型テレビもパソコンデスクも鏡台も…置きたいものはいっ …

並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドに!
並べるとクイーン・キングサイズの跳ね上げベッドに!

跳ね上げベッドにしたい、でも夫婦で寝たい…。このような悩みはないでしょうか。 跳 …

一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!
一人暮らしには「小さめ」で「収納」できるベッド!

お部屋が狭いけどベッドを置きたい…という悩みはないでしょうか。 一人暮らしの場合 …

ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点
ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点

ベッドは様々な種類があるので選び方もなかなか難しいものですが、その中の大事な要素 …

ベッドの種類 選び方と選択肢を知る
ベッドの種類 選び方と選択肢を知る

ベッドの種類は非常にいっぱいあります。 どんなベッドが欲しいのかが決まっていなけ …

収納ベッドの湿気を解決する2つのポイント
収納ベッドの湿気を解決する4つのポイント

収納ベッドに魅力を感じていても「湿気が気になる…」という悩みはないでしょうか。マ …