失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

フローリングにマットレスを直置きするとカビる2つの原因

フローリングにマットレスを直置きするとカビる2つの原因

ベッド用のスプリングマットレスは、厚みもありそれ自体がクッション性に優れているので、ベッドフレームを置かず床に直置きしている人もいると思います。

敷布団ではなくマットレスを敷いて寝てるという感覚ですね。

ウッドスプリングじゃない限り寝心地はフレームに乗せているのとほとんど変わらないので、省スペース的にもそのようにしている人もいるはず。

でも「フローリングにマットレス直置き」はとてもカビが生えやすい状況と言えます。

ベッドフレームとは少し違う

フレームに乗せても乗せなくても、寝心地は大きく変わりません。

でも形状が違えばカビの発生する原因が変わってきます。

根本的に湿気が大きな要因であることは変わりありませんが、湿気の原因が変わってくるので注意点も変わってきます。

フレームとフローリングの違い

ではフレームに乗せていないと、どのように変わるでしょうか。

フレームに乗せて使っていると湿気の原因は単に部屋の湿度や寝汗などが主な原因。

季節によって湿度は大きく異なり、梅雨時期や夏場は湿度が上がります。

また寝汗も夏場はグッと増えます。

気温の上昇もそうですし、飲む水分の量も増えますよね。

なので全く同じ条件の寝室なら夏場のほうがカビやすくなります。

フローリングの特徴

対してフローリングに直置きしている場合、上記のポイントに加え「結露」という大きな問題が出てきます。

フレームに乗せていれば、マットレスが触れている部分はフレームなので、結露が発生することは少なくなります。

ところがフローリングは季節によって温度が大きく変わります。

当然冬になると冷たくなりますよね。

でも寝ている時の布団内の温度はある程度同じ。

人間が心地よいと感じる温度は大体いっしょです。

すると冬になるとマットレスとフローリングに大きな温度差が生じることになり、それが結露の大きな原因になってしまいます。

結露は寝汗以上に湿気を増やすので、フローリングに直置きしていると反対に冬のほうがカビが生えやすくなります。

さらに冬に加湿器を使う場合、毎日メンテナンスしてもカビが生えてくる可能性もあります。

カビが生えてくるかは人それぞれ

同じ使い方をしても、ある人はカビが生えてきた、またある人はカビは生えてこなかったと様々です。

これは湿気の多い少ないは使い方よりも使用環境で大きく変わることを意味します。

部屋の湿度を変える要因

湿度が上がりやすい環境ほどカビは生えやすいと言えます。

では湿度はどのような条件で変わるでしょうか。

  1. 季節
  2. 地域
  3. 建物
  4. 体質
  5. 使い方

季節

夏場は湿度が高く、冬場は低くなります。

ただ夏場はよく窓を開けますが、冬場は窓をあまり開けません。

夏場は窓を開けても外気の湿気が高いので大きく変わりませんが、冬はもし部屋の湿気が増えても窓を開けないので逃げにくいという側面があります。

「寒いから暖房⇒暖房により乾燥⇒加湿器で湿度を上げる」というのはよくあること。

窓を開けないと湿度がこもりやすいということを忘れないようにしたいところです。

地域

日本は縦長の国。

基本的には高温多湿な気候ですが、北海道と沖縄では湿度がまるで違います。

また盆地では湿度が上がりやすく、平地は下がりやすいです。

風の強い地方では上がりにくく、風の弱い地方は上がりやすいとも言えます。

建物

建物の構造は非常に大きなポイント。

特に新築の鉄筋コンクリート造の建物は非常に湿気がこもりやすい建物と言えます。

気密性が高いというメリットは、湿気が逃げにくいというデメリットに変わる可能性があるのです。

また窓の数や位置も風通しに大きく影響し、部屋の方角・窓の方角によって日当たりが大きく変わります。

建物の1階は日当たりも悪くなりがちで、風も通りにくい物です。

体質

寝汗の多い人と少ない人で湿度が同じわけありませんよね。

汗かきの人はカビが生えやすいと言えます。

また風邪を引きやすいひとは空気の乾燥に敏感になっているでしょう。

花粉症やホコリ等のアレルギーのある人は、窓を開けることに敏感になっているかもしれません。

使い方

ベッドフレームにマットレスを置くか、直にマットレスを置くかで湿気が増える原因が違うのは前述の通り。

ただし直に置いた場合は、湿気の要因が増えるのでカビが生えやすくなると言えます。

どれだけメンテナンスをするか、どれだけ掃除機でカビのエサであるほこりを除去するかも大きな分かれ目です。

まとめ

フローリングにマットレスを直置きするのは、寝ることは問題なくできますが衛生的にはおすすめできない方法。

カビはマットレスの裏側なので、特に悪影響の出ない体質ならあまり気にならないかもしれません。

でも最低限マットレスとフローリングの間にフレームなりあって欲しいものです。

それだけでカビの発生は大きく減ります。

さらに若干の高さがあれば空気が通るので、カビを大きく防ぐことができます。

フレームをあえて置かない理由は様々だと思いますが、湿気が上がりやすい要因に多く当てはまるなら、脚付きすのこベッドなどを置く方が無難。

湿気が上がる条件が多いとほぼ確実にカビが生えてきます。

シンプルな脚付きすのこベッド

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 使うシチュエーション

  関連記事

ベッドがソファーになる!リクライニングできるレザーベッド
ベッドがソファーになる!くつろげるベッドのポイント

ベッドでもっとくつろぎたい…という悩みはないでしょうか。ベッドは寝るだけでなく、 …

クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド
クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド

クローゼットはあるけど押入れがなく、布団を収納するスペースがない…という悩みはな …

ベッドフレームに敷布団を敷いて寝るのはアリ…?
ベッドフレームに敷布団を敷いて寝るのはアリ…?

ベッドで寝たいけどマットレスの独特なやわらかさがイヤ…。このような悩みはないでし …

布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた
布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた

物心ついたころからベッドで寝ている人にとっては、床に布団を敷いて寝ることが新鮮に …

効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法
効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法

ベッドや睡眠環境の最も大きな悩みの一つが「湿気」であり、除湿をいかに行うかはとて …

賢いベッドの処分方法4つと損をしない手順
賢いベッドの処分方法4つと損をしない手順

ベッドが壊れた場合や新しく買い替える時に悩むのが、ベッドの処分方法ですよね。 大 …

実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!
実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!

実家に暮らしていると、自分のお部屋は基本的に一つですよね。 スペース的には賃貸ワ …

ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント
ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント

湿気の多い部屋にはどのようなベッドを選べばいいのか悩んではいませんか?季節や天候 …

転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント
転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント

仕事の都合で転勤が多い家庭の場合、ひときわ大きい家具であるベッドをどうすべきか悩 …

悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点
悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点

ベッドのサイズで悩んではいないでしょうか。特にダブルサイズとクイーンサイズで迷う …