失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

クイーンベッドの布団サイズを考えてみた

クイーンベッドの布団サイズを考えてみた

夫婦で使いやすいクイーンベッド。
ダブルベッドより一回り大きく、ゆったり寝れるサイズ感が魅力です。

でも実際に使うとなると、
「シーツは幅何センチ…?1枚?2枚?」
「掛け布団は1枚なら幅何センチあれば足りるの…?」
といった疑問が湧いてきますよね。

そこでここでは、クイーンベッドで寝る際に必要な寝具のサイズ感を考えてみようと思います。

ちなみにクイーンベッドのフレームは、幅が160cmあたりが多く、ニトリや大塚家具あたりでは幅170cmというのも多く見られます。
ikea・無印では、クイーンベッド自体の取り扱いがないのかな…と思います(調査不足…かも?)。
ベッドフレームのサイズ感に関しては「ベッドの大きさ・寸法の一覧」も参考にしてください。

クイーンベッドで使う寝具類

まず必要な寝具は何でしょうか。
そこを改めてアウトプットすると、あなたの使い方が見えてきます。
実はクイーンベッドは、サイズもマットレスもまちまちで、各家庭によって使い方もまちまち。

地域によって気温が大きく違う日本では、住んでる場所によっても風習が変わってきます。
そこで考えられるメインの寝具類は次の5つ辺りではないでしょうか。

  1. シーツ
  2. 掛け布団
  3. 敷パッド
  4. タオルケット
  5. 毛布

それぞれのサイズ感や使い勝手を一つずつ考えていきます。

シーツ

ベッドの場合はボックスシーツが一般的ですね。
クイーンベッドの場合は、マットレスが一枚か二枚に分かれているかで大きく変わります。

一枚もののクイーンサイズマットレスなら、多いのは幅160cm~170cmあたり。
あなたのマットレスの幅をしっかり採寸してから買ったほうがいいのは言うまでもありません。
マチが25cmほどとられている場合が多く、マットレスの厚みも一応計っておいた方が無難です。
多少大きくてもマットレスの裏側にギュッと押し込めば見えないので、「大は小を兼ねる」作戦が通用します。

二枚に分かれているときは、多くは幅80cm前後のマットレスなはず。
いわゆる「セミシングル」というサイズで、大きなクイーン用と同じく種類が少ないのが難点。
長さやマチは同じで、幅だけが半分というサイズですね。

また、二枚に分かれているからって、必ずしもシーツを二枚に分ける必要はありません。
マットレス二枚を大きなクイーン用ボックスシーツ一枚で覆うことも、全然問題ありません。
まるで一枚の大きなマットレスに見えますよね。

洗濯のしやすさなどは好みですが、例えば子供と3人で寝る場合などは、この作戦のほうがスマートかもしれませんね。
雪国などは、暖かいシーツをかぶせるのもいいですね。

コットン100%の大き目サイズベッドカバー
寒い冬にピッタリの暖か&大き目ベッドカバー

掛け布団

掛け布団も同じく、一枚なのか二枚なのかによって変わりますね。
特に冬は奪い合いになるのがイヤという理由で、二枚にしている夫婦も多いはず。

一枚の場合は、クイーンベッドだと幅210cmというサイズの掛け布団がジャストフィットです。
掛け布団は基本的に、フレームサイズ+50cm辺りが一般的。
シングルフレームは幅100cmくらいなので、掛け布団は150cm幅といった感じですね。
クイーンサイズは幅160cmくらいなので、掛け布団は210cm辺り。
これで程よく両端に落ちてくれて、かつ床に付きにくいちょうど良い感じになります。

二枚に分けるなら、シングルサイズ二枚が無難。
マットレスはセミシングル二枚というサイズ感かもしれませんが、掛け布団も必ずしも同じにする必要はありません。
そもそもセミシングルサイズの掛け布団って、本当に種類が少なくなかなか売っていません。

中央にややダボつきが出てしまう難点はありますが、その分暖かいと思えば問題なしです。
もちろん掛け布団カバーは、掛け布団に合わせればいいだけですね。
羽毛掛け布団にすれば、クイーンサイズという大きさでもわずか1.5~2kgあたり。
非常に軽くて暖かいので、特に寒い地域の方におすすめです。

クイーン・キングサイズもある羽毛布団セット

敷パッド

ベッドマットレスで寝る場合は、敷パッドを敷いてる人も多いと思います。
ベッド用のスプリングマットレスは基本的に洗えませんし、干すのも簡単にはできません。
なので寝汗がマットレスに染みないよう敷パッドをする。

これもマットレスが一枚か二枚かで変わりますが、あえて「二枚に分ける」のも、あえて「一枚にする」のもアリです。

一枚ものの大きなマットレスだとしても、二枚に分けることで洗濯しやすい(正確には干しやすい…でしょうか)ですし、夫婦で色を分けたり、好みのタイプを敷いたりといった融通が利きます。

逆に、マットレスが二枚に分かれていても一枚の大きな敷パッドを敷くことで、中央の境目が気にならなくなります。
子供と3人で寝る場合などは、このほうが寝やすくなりそうですね。

二枚の場合はシングル用×2だとはみ出しますが、セミシングル用が少ないので、種類豊富なシングル用のほうが探す手間などを考えればいいかもしれません。
一枚の場合はマットレス幅より少し短い140~150cm位あれば十分。
マットレスの端っこが届いてなくても、そこまで問題になりません。

タオルケット

タオルケットをかけて寝る人も多いと思います。
これはクイーンベッドとか関係なく一人一枚が基本ですね。
寝汗もモロに付きますし、それに伴ってニオイも…。

やはり一人一枚にして、洗濯しやすいようにして、こまめに洗濯するのが一番です。
ということで一般的なシングルサイズがピッタリですね。

毛布

毛布は意外と微妙です。
タオルケットは「各人」というイメージですが、毛布は「ベッドに対して一枚」という印象ですよね。

掛け布団が二枚に分かれているなら、二枚が妥当ですが、掛け布団も毛布も中央にダボつくと、案外狭くなりがち。
かといって「掛け布団二枚×毛布一枚」じゃちょっと変すぎます。

逆に掛け布団一枚なら、毛布は一枚でも二枚でも違和感ないですね。
毛布二枚作戦なら、最悪掛け布団を奪われても、まだ毛布があるので寒さをしのげそうです(笑)
掛け布団一枚×毛布一枚だと、毛布のほうが摩擦が高いので、奪い合いが激しくなるかもしれませんね。

まとめ

クイーンベッドは基本的に二人、または子供も含め二人以上で寝るもの。
だからこそ寝方にパターンがいろいろあり、それに伴ってサイズ感が難しくなります。

まずはあなたがどうやってクイーンベッドを使うのかをハッキリさせるのがおすすめ。
シーツや掛け布団は二枚にするのか…などですね。

それを決めれば、サイズはそれに合わせて選べばいいだけなので、頭の中もスッキリ整理されます。
クイーンベッドでお互い良い睡眠がとれるよう、夫婦で話し合うことも大事かもしれませんね。

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 使うシチュエーション

  関連記事

悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点
悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点

ベッドのサイズで悩んではいないでしょうか。特にダブルサイズとクイーンサイズで迷う …

大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点
大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点

体重が重い人はベッド選びも慎重になってしまいますよね。特に100kgを超える人は …

布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた
布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた

物心ついたころからベッドで寝ている人にとっては、床に布団を敷いて寝ることが新鮮に …

フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法
フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法

寝る環境は人それぞれ好みがあり千差万別。 でも日本のお部屋事情はある程度似ていま …

効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法
効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法

ベッドや睡眠環境の最も大きな悩みの一つが「湿気」であり、除湿をいかに行うかはとて …

ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント
ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント

湿気の多い部屋にはどのようなベッドを選べばいいのか悩んではいませんか?季節や天候 …

実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!
実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!

実家に暮らしていると、自分のお部屋は基本的に一つですよね。 スペース的には賃貸ワ …

転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント
転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント

仕事の都合で転勤が多い家庭の場合、ひときわ大きい家具であるベッドをどうすべきか悩 …

マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策
マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策

マットレスに黒いカビが発生して悩んではいませんか?そのまま使えば健康上で問題あり …

ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!
ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!

パイプベッドやロフトベッド・二段ベッドなどは、耐荷重が気になりますよね。 耐荷重 …