失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

お部屋スッキリ!丈の短いベッド 4つの利点と2つの欠点

お部屋スッキリ!丈の短いベッド 4つの利点と2つの欠点

丈の短いベッドを検討してるけど「失敗しないかな…?本当に大丈夫かな…?」と悩んではいないでしょうか。身長が低い人や寝室が狭い人は、必ずしも一般的な長さのベッドにする必要はありません。

とは言えショートベッドはあまり普及してなく、周りにも長さが短いベッドを使っている人は少ないはず。「大丈夫かな…?」と思ってしまいますよね。

そこでここでは、ショートベッドのメリット・デメリットを考えてみようと思います。

ショートベッドとは

ショートベッドは丈が短いベッド・長さが短いベッドの事です。ベッドの「サイズ」と言えば、多くは「幅」を指しますよね。シングルとかダブルとか。でも長さはほとんど統一されています。

ただ、ここで言う「長さ」とはマットレスの長さです。ベッドの形状は色々ですが「マットレスの長さ+ヘッドボード」が全長になり、ショートベッドは「マットレスが短いベッド」と言い換えることができます。

一般的な感じでは「マットレス195cm+ヘッドボード10~15cm=205~210cm」という感じになりますが、ショートベッドのマットレスは「180cm」が多いです。

なおかつヘッドレスなベッドの場合、ベッドの全長が約180cmというコンパクトなサイズになり、一般的なベッドよりも30cmぐらい短くなります。

短いベッドのメリット

では実際にショートベッドを置くメリットを考えてみます。主に次の4点が考えられます。

  1. 省スペース
  2. 移動がしやすい
  3. 圧迫感がない
  4. 身長によっては全く違和感がない

省スペース

最大の利点がコレですよね。仮に30㎝違えば、相当な差になります。ドアが当たって開かない・部屋の柱が当たって置けない・ワンルームだから狭い…。ベッドは大きく場所をとってしまいますが、布団もしくはベッドのどちらかは絶対に必要で、さらにそのスペースも必ず用意しなければいけません。

それなら少しでも小さいベッドのほうがスペースを有効に使えます。

移動がしやすい

掃除の時や模様替えなど、ベッドを動かしたい時ってたまにありますよね。大きなベッドだと女性一人では動かせないほど重いもの。でも丈が短いので移動も楽になり、配置を変えたりベッド下の掃除などもしやすくなります。

圧迫感がない

ショートベッドは見た目にも大きく影響します。小さなベッドはそれだけで圧迫感がなく、お部屋が広くなります。さらにヘッドレスなら高さも抑えることができるので、より空間が空き、開放感が生まれます。

身長によっては全く違和感がない

基準は微妙なところですが、感覚としては155cm以下の身長ならまったく違和感はないでしょう。日本人の成人男性の平均身長は約170cmです。そして一般的なマットレスの長さは195cm。つまり25cmの差があれば全く違和感なく寝ることができるのです。

身長が180cmを超えるあたりから一般的なベッドが短く感じることが多いので、それをショートベッドで考えると「165cm以上」の人はやめたほうがいいです。160cmあたりが微妙なラインという感じになるでしょうか。

短いベッドのデメリット

デメリットを2点紹介しますが、正直言うとあまりデメリットはありません。その2点を考慮して購入すれば、それはデメリットにはならないからです。

  1. 身長が微妙なときは寝にくくなる
  2. 種類が少ない

身長が微妙なときは寝にくくなる

身長に関しては前述しましたが、気を付けるべきは「微妙ライン」の人だけです。身長が165cmを超える人はやめるべきですし、155cm以下なら全く問題ありません。

微妙ラインの人は、今のベッドや布団を180cmにして寝てみると感覚をつかむことができます。180cmのとこにタオルで土手を作って一晩寝てみます。寝にくいと感じたならやめるべきで、違和感ないならショートベッドでも大丈夫。

種類が少ない

ショートベッドは「省スペース」を期待している場合が多いので、ヘッドボード付きが少ないです。ヘッドボードに本やメガネなどを置いたりしたい人は、選択肢がとても少なくなってしまうはず。ショートベッド自体でも種類が少ないうえに、ヘッドボード付きは希少と言えます。そうなるとデザインや色などを妥協しないといけなくなるかもしれません。

普通の長さのベッドは非常にたくさんの種類がありますが、ショートベッドの場合、少ない選択肢から選ばざるを得ないと言えます。

まとめ

長さの短いベッドは思いのほかデメリットが少なく、身長が問題ない人ならオススメの選択です。だって身長が170cmの人と155cmの人が同じ長さのベッドで寝る必要など全くありません。

身長170cmの人が普通にベッドを選ぶのと同じ感覚で、身長155cmの人はショートベッドを選ぶことができるのです。ある意味小さな人の特権ですね。
ショートベッド一覧

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - ベッドの種類, 女性向け, 子供向け

  関連記事

子供部屋に収納家具を置く前に考えるべき2つのこと
子供部屋に収納家具を置く前に考えるべき2つのこと

子供部屋の物がゴチャゴチャ溢れてる…という悩みはないでしょうか。 子供は成長と共 …

長く使える!分割可能&コンパクトな二段ベッド
長く使える!分割可能&コンパクトな二段ベッド

子育て世代は子供のベッドで悩んでしまうものですよね。特に兄弟姉妹がいる場合は、二 …

ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント
ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント

激安ベッドを探してるけどオシャレなデザインのベッドがない…という悩みはないでしょ …

ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点
ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点

ベッドは様々な種類があるので選び方もなかなか難しいものですが、その中の大事な要素 …

ロフトベッド おすすめ9選~あなたに最適な一台が分かる!~
ロフトベッド おすすめ9選~あなたに最適な一台が分かる!~

ロフトベッドが欲しいけど、種類が多くて…という悩みはないでしょうか。 一昔前はそ …

ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々!
ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々スペースに!

子供部屋には十分なスペースがあるでしょうか。 できれば窮屈な子供部屋より、広々し …

簡単に寝室を男前にするベッド選び
簡単に寝室を男前にするベッド選び

男前インテリアが好きな女性は、寝室も男前にしたいものですよね。 でも英字ロゴなど …

なるほど!脚付きマットレス 3つのメリットとデメリット
なるほど!脚付きマットレス 3つのメリットとデメリット

脚付きマットレスの形状や使い勝手が良さそうだけど周囲で使っている人もいなく「買っ …

階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット
階段付きロフトベッドを子供部屋に置くメリット・デメリット

子供部屋をより広く使うにはロフトベッドが活躍しますよね。 ベッドの下を自由に使え …

ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点
ロフトベッドでセミダブルを選ぶときの5つの注意点

セミダブルサイズのロフトベッドを検討してはいないでしょうか。 ロフトベッドはシン …