失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント

知っておきたい!一人暮らしで和室にベッドを置くときの4つのポイント

一人暮らしを始めるにあたり、物件やお部屋の数によっては和室を寝室にしたいという場合もありますよね。でも「和室にベッドってなんか変…?」と感じてしまうこともあるかもしれません。和室には布団寝が基本なので、洋風なベッドは似合わない可能性もあります。

見た目のデザイン的なことは「和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点」で紹介していますが、ここでは「一人暮らし」に焦点を当てて考えてみようと思います。

一人暮らしの寝室を考える

一人暮らしを始める人はいろんなタイプの人がいます。学生や単身赴任・社会人…。ただ寝室をどのようにしたいかは、趣味趣向や予算・お部屋の広さなどで次のように分けられるのではないでしょうか。

  1. とにかく自分好みのオシャレな寝室にしたい
  2. インテリアよりとにかく安く済ませたい
  3. 寝るスペースと同時に物を置く部屋にしたい
  4. バランスが大事

とにかく自分好みのオシャレな寝室にしたい

和室を寝室にするにしても、とにかく素敵な空間にしたいという人もいるはず。寝室は完全に自分のプライベート空間なので、好きな雰囲気のテイストにすることでよりリラックスすることができます。

インテリアよりとにかく安く済ませたい

「見た目は二の次!とにかく安く済ませたい」という人もいるはず。特に学生さんの一人暮らしで潤沢な予算を組める人などいませんよね。「予算は少ないけど布団寝はイヤだからベッドを置きたい」という人はけっこう多いのではないでしょうか。

寝るスペースと同時に物を置く部屋にしたい

寝室とリビングが完全に分かれているなら、寝室を様々な収納部屋にしたいと考える人もいます。リビングには少しでも生活感のあるものを置かないようにし、タンスやチェストなどの収納家具・季節家電や掃除機などの大き目な家電…など、来客の目に付かない寝室にいろんな物を置けるようにするのも手です。

バランスが大事

特に強いこだわりがない場合、無難にまとめるほうがいいと思う人もいると思います。賃貸なので出るときにお金がかからないよう畳の保護だけはしっかりし、インテリアも収納も無難にまとめたいと考えることもあるでしょう。多くは予算とのバランスが大事で「オシャレだけど高いかな…安いならこの方がいいけど…」といった考え方の人ですね。

一人暮らしで和室に最適なおすすめベッド

ベッドは高いものなのでどのような寝室にしたいかは人それぞれです。上記の4点に最適なベッドを紹介していこうと思います。

インテリア性重視さんにオススメのベッド

和室にオシャレにベッドを置く最大のポイントは「木製」、しかも「木目」を強調したものです。木目の色もあなたのお部屋で使われている色に揃えることで、全体的な統一感が出ます。

ダークブラウンの木枠が多いならベッドもダークブラウンに、薄めのナチュラルカラーが多いならベッドもナチュラルに揃えるほうが、色が多くなりすぎずまとまりが出ます。お部屋にいろんな色があると、それだけで雑然とした雰囲気になってしまいます。お部屋は3色あれば十分コーディネートできます。

まずお部屋全体の70%をメインカラーが担うように考えます。ベッドは大きな家具なので、メインカラーに含めるのが無難。特に寝室が狭くなるほど占める割合が大きくなります。

次にメインカラーに合う「アクセントカラー」を考えて配置します。目安は全体の5%ぐらいをイメージします。クッションやベッドカバーなど、ワンポイントで取り入れるのがコツ。

最後にメインとアクセントを補完するアソートカラーを考えます。メインカラーに近い色が無難にまとまります。

ダークブラウンのベッド一覧
ブラウンのベッド一覧
ナチュラルのベッドの一覧

このように考えると、和室にはブラウン系が似合うことが分かりますよね。広い寝室ならベッドに色味を入れるのもアリです。でもさほど広くない「和室」という条件なら、全体的に黄色味がかっている場合が多いのでやはりブラウン系がオシャレになじんでくれます。

おすすめモデル

和室におすすめのベッド

和室に合う布団寝のような低さ、木のやさしさを感じさせる木目、インテリアに合った明るめの色味。
バランスがとてもよく、しっかり和に馴染んでいますよね。

低いので圧迫感もなく、やや窮屈な和室だとしても開放的な雰囲気で寝ることができます。
いくら周囲に物がいっぱいあっても、寝た時に感じる天井の高さは変わりません。
フロアベッドはそんな高さ感を存分に感じることができるので、狭いお部屋にも向いてるベッドと言えそうですね。

和室に合うおすすめベッドはこちら

とにかく寝れればいいという人にオススメのベッド

次は寝室にできるだけ予算はかけたくないという人におすすめのベッド。布団寝がイヤだからベッドで寝たいという人ですね。おすすめは次の2つ。

激安で和室に合うベッド

クレール

シングルでフレームのみなら、消費税と送料を入れても1万円台前半という驚きの安さ。もちろんマットレスも選べて、とにかく安く済ませたいならマットレス付きで2万円以下で揃えることができます。ウォルナットブラウンとナチュラルブラウンがあり、木目のあるデザインで和室にもピッタリ合いそうですね。

激安で和室に合うベッドはこちら

ダブルコア

こちらはデザイン的によく似ていますが、同じく驚きの激安ベッドです。高いベッドと比較して劣るのはやむを得ませんが、一人暮らしに高価なベッドは不要ですよね。
もしお金をかけるとすれば寝心地を大きく左右する「マットレス」で、フレームが安い分、マットレスに予算をまわすことができます。
また、一人暮らし向け物件でも楽に搬入できる「コンパクト梱包」に加え、マットレスも種類によっては圧縮梱包で届くので、搬入の心配のないベッドと言えます。

搬入の心配のない激安ベッドはこちら

収納部屋にしたい人におすすめのベッド

寝室にはお客が来ないという条件なら、ゴチャゴチャしたものを収納できる和室にするのもアリですよね。衣類や掃除機・季節家電…なんでもとりあえず寝室に収納できるようになっていれば、リビングはスッキリとしていてお客を迎え入れることができます。

ベッドを置くとどうしても収納家具を置くスペースを取られてしまうので、やはり定番の収納ベッドがおすすめ。

おすすめ収納ベッド2つ

オープンストレージ

このようにベッド下一面が収納庫になっているベッドなら、扇風機のようないびつな形状の物や、ラグのような長い物でもスッキリ収納することができます。ガス圧式の跳ね上げタイプは高性能ですが高価になってしまうので、床板を持ち上げるだけの収納ベッドがおすすめ。

床板を持ち上げるだけの収納ベッドはこちら

Dixy(ディクシー)

このベッドは引き出し収納なので若干収納力は下がりますが、ヘッドレスなのでスペースを有効に使うことができます。
とは言え、長物収納スペースもあるので、収納力は非常にハイレベル。
タンスを置くとベッドが置けない…といった時に重宝するサイズで、省スペースながら収納力も兼ね備えているモデルです。
雰囲気も和室にピッタリですよね。

和室にピッタリのチェストベッドはこちら

バランス重視の人にオススメのベッド

無難にまとめたい人には、最低限の条件として畳を傷めにくいベッドがおすすめ。細い脚付きのベッドは畳の天敵なので、フレーム全体に荷重のかかるベッドが向いています。なおかつ和室に似合いそうで価格もちょうどよさそうなのは次のモデルです。

和モダンなローベッド「Shelly(シェリー)」

スッキリしたデザインのヘッドボードや、縦にレイアウトされた照明がとってもおしゃれ。
濃いめで落ち着いた雰囲気は、和室にもよく似合います。
フロアタイプでもすのこ仕様になっているので、畳の調湿作用も相まって気持ちよく眠ることができるはず。

バランス重視の人にオススメの和モダンベッドはこちら

まとめ

一人暮らしの場合、今後の引越しや様々な環境の変化の可能性があるので、一生モノのベッドは全く必要ありません。フレームは安くても簡単に壊れるようなものではないので、マットレスにお金をかける方が得策。

一人暮らしの場合、搬入経路の確認も大事です。学生向けマンションなどは搬入経路が狭い場合も多いので、ある程度の下見をし、梱包サイズをしっかり確認するようにしましょう。

ちなみにトップ画像のような「畳ベッド」も一つの手。マットレスじゃないので布団が必要ですが、和室にピッタリのデザインです。
畳ベッドはこちら

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 一人暮らし向け, 部屋のタイプ

  関連記事

和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点
和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点

洋室にはベッド、和室には布団というイメージがありますが、反対に畳の部屋にベッドを …

一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント
一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント

一人暮らしの男性で、どのようなベッドにしようか悩んではいないでしょうか。 一人暮 …

ホテルライクな寝室にするベッドの4つの条件
ホテルライクな寝室にするベッドの4つの条件

寝室をホテルライクな豪華な雰囲気にしたいと考えてはいないでしょうか。 ホテルでの …

一人暮らしで姫系インテリア♪ロフトベッドで空間を有効活用
一人暮らしで姫系インテリア♪ロフトベッドで空間を有効活用

一人暮らしで姫系インテリアにしたいけど、お部屋が狭いからベッドをどうしようか悩ん …

ワンルームをモダンに変える!男性におすすめの黒い収納ベッド
ワンルームをモダンに変える!男性におすすめの黒い収納ベッド

ワンルームに住んでる男性で「部屋をモダンな雰囲気にしたい」と考えてはいないでしょ …

賃貸ワンルームに最適なベッドを考えてみた
ワンルームに最適なベッドを考えてみた

ワンルームの場合、ベッドは部屋の大部分を占めることになりますよね。どんなベッドを …

学生の一人暮らしにオススメのベッド 激安&モダンな3つ
学生の一人暮らしにオススメのベッド 激安&モダンな3つ

学生が一人暮らしを始めるにあたり、まずは寝床を確保しなければいけませんよね。でも …

一発解消!狭い子供部屋にベッドを配置する4つのポイント
一発解消!狭い子供部屋にベッドを配置する4つのポイント

子供部屋にベッドを配置したいけど、狭いからなかなかうまくレイアウトできない…とい …

整理整頓できてスッキリ!和室に収納ベッドを置く3つのポイント
整理整頓できてスッキリ!和室に収納ベッドを置く3つのポイント

和室を寝る部屋に使う場合、布団を敷くことが多いかもしれません。でも和室だからって …

ベッドの選び方 一人暮らしを始める学生が注意すべき5つのポイント
ベッドの選び方 一人暮らしを始める学生が注意すべき5つのポイント

一人暮らしを始めるにあたって、どんなベッドがいいのか悩んではいませんか?広い部屋 …