失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!

実家暮らしの女性はベッドを小さめ&収納付きに!

実家に暮らしていると、自分のお部屋は基本的に一つですよね。

スペース的には賃貸ワンルームと変わらない広さに。

もしあなたが小柄な女性なら、ベッドを小さめ&収納付きにすることで、お部屋をより広く使うことができます。

「小さめ」がちょうどいい

人の体型は千差万別ですが、ベッドやマットレスの規格はほんの数種類しかありません。

気にして購入しないと無駄に大きなベッドになったりして、貴重なスペースを使ってしまいますよね。

特に身長・体重において男性よりも小さい傾向にある女性は、必ずしも一般的な規格のベッドに寝る必要はありません。

小さめサイズとは

ベッドにおける小さめサイズには2種類があります。

  1. 長さ

身長が低いなら長さが短くても問題ありませんし、細身体型なら幅が狭いベッドでも必要十分なら問題ありません。

ショート丈

一般的なマットレスの長さは195cmです。

男性も女性も関係なく、多くの人がこのサイズのマットレスで寝ているはず。

でも身長175cmの男性と身長155cmの女性で、同じ長さのマットレスは必要でしょうか。

寝た時に前後のスペースがどれくらい必要かということを考えれば、それほど多く必要じゃないことは容易に想像できますよね。

前後に寝返りするわけじゃないので、頭がぶつからない程度・足が出ない程度の長さがあれば十分なんです。

そこで身長が低めな女性におすすめなのが、小さめのマットレス規格であるショート丈です。

長さが180cmのマットレスで、ベッドもそれに合わせてコンパクトな設計になってます。

小さめの身長なら、195cmのマットレスがあってもスペースを使ってしまい、デメリットばかりが目立ってしまいますよね。

お部屋の広さに余裕があるならいいのですが、狭いお部屋にベッドもソファーもテレビも鏡台も…となりがちな実家暮しには向きません。

小さめの身長なら小さめのベッドがちょうどいいのです。

セミシングル

もう一つのサイズは幅です。

「一人用のベッド=シングルサイズ」というのは誤った常識です。

シングルサイズが一人用のベッドなだけであって、その逆はまた別の話。

一人で使うからってシングルサイズしか選べないわけではありません。

広々寝たいからセミダブルサイズを置くという人は増えてきてるように感じますが、スリム体型だからセミシングルサイズを置くという発想はまだ定着していないように感じます。

これもお部屋の広さに大きく左右されますが、細身の人はシングルよりも幅の狭いセミシングルで十分なこともあります。

シングルより10~15cm狭くなり、お部屋のスペースを広く使いたい細身の女性に向いています。

ただし長さと違って幅はどのような寝方かによっても検討しなければいけません。

寝返りの幅だけを考えればセミシングルで問題なくても、ベッドの端が妙に落ち着くという人や、端から端までゴロゴロよく転がる人は狭く感じるかもしれません。

それでも大柄さんにはない選択肢の一つなので、細身の女性ならではの選択肢と言えます。

収納付きのベッド

お部屋にベッドもソファーも…という実家暮らしの女性は、収納付きベッドがオススメです。

しかも引き出すスペースやマットレスをよけるスペースの必要がない跳ね上げ収納タイプがベスト。

配置に自由の利かない部屋の場合、引き出し収納は思いのほか使い勝手が悪くなります。

引き出すスペースを必ず確保しなければいけないからです。

その点跳ね上げ収納ならマットレスを乗せたまま床板が持ち上がるので、狭い部屋でも楽に出し入れすることができます。

クローゼットなどの収納スペースがどれくらいあるかも大事ですが、それらの収納とは「使う頻度」で使い分けをすることができるので、お部屋がより広く使えます。

小さ目の跳ね上げ収納ベッド

長さが短く、セミシングルが選べて、なおかつ跳ね上げ収納の付いてるベッド。

実店舗で探すのは至難の業ですが、ネットでは豊富な種類を探すことができます。

女性におすすめなら次のベッドはどうでしょうか。

小さ目の跳ね上げ収納ベッド

ショート丈、シングルorセミシングル、跳ね上げ収納という3つの条件が揃ったベッドで、なおかつ女性におすすめの可愛いデザインが魅力。

小さめなのでコンパクトに置くことができ、お部屋が広く使え、物も整理できるので収納家具を一つ減らせるかもしれません。

ダークブラウンとホワイトがあり、どちらも女性に向いてる色です。

ワンルームのように自分の部屋にいろいろ置きたいなら、小柄な体型を活かして小さめベッドを置いてみるのもいい方法と言えます。

まとめ

ベッドのサイズは寝やすさに大きく影響するので、体型だけで単純に決めるのは失敗の元。

それでも小柄で細身の女性限定の特権のようなサイズなので、選択肢の一つに入れておいて損はありません。

もしサイズ感が分からないなら、今のベッドで長さ・幅を本やタオルなどで小さくしてみるのもいい方法です。

お部屋が狭いと感じてる女性は、もしかしたら自分に合ってないサイズのベッドを置いているからかもしれません。

紹介した小さ目の跳ね上げ収納ベッドはこちらです

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 使うシチュエーション

  関連記事

大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点
大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点

体重が重い人はベッド選びも慎重になってしまいますよね。特に100kgを超える人は …

悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点
悩む…!ダブルベッドかクイーンサイズを決める4つの利点・欠点

ベッドのサイズで悩んではいないでしょうか。特にダブルサイズとクイーンサイズで迷う …

クイーンベッドの布団サイズを考えてみた
クイーンベッドの布団サイズを考えてみた

夫婦で使いやすいクイーンベッド。 ダブルベッドより一回り大きく、ゆったり寝れるサ …

マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策
マットレスのカビは除去できる…?落とし方と4つのカビ対策

マットレスに黒いカビが発生して悩んではいませんか?そのまま使えば健康上で問題あり …

布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた
布団とベッドどっちがいいか分からん!ということで比較してみた

物心ついたころからベッドで寝ている人にとっては、床に布団を敷いて寝ることが新鮮に …

クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド
クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド

クローゼットはあるけど押入れがなく、布団を収納するスペースがない…という悩みはな …

ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント
ベッドの選び方 湿気の多い部屋に必要な4つのポイント

湿気の多い部屋にはどのようなベッドを選べばいいのか悩んではいませんか?季節や天候 …

転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント
転勤族にオススメのベッド 大事な3つのポイント

仕事の都合で転勤が多い家庭の場合、ひときわ大きい家具であるベッドをどうすべきか悩 …

効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法
効率よくベッド周りの除湿をする8つの方法

ベッドや睡眠環境の最も大きな悩みの一つが「湿気」であり、除湿をいかに行うかはとて …

ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!
ベッドの耐荷重とは…パイプ・ロフトベッドは要注意!

パイプベッドやロフトベッド・二段ベッドなどは、耐荷重が気になりますよね。 耐荷重 …