失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

収納ベッドの湿気を解決する4つのポイント

収納ベッドの湿気を解決する4つのポイント

収納ベッドに魅力を感じていても「湿気が気になる…」という悩みはないでしょうか。マットレスの下は湿気が多い場所。

それなら収納物も湿気でカビが生えてしまわないだろうか…という疑問が出てきますよね。そこでここでは収納ベッドの湿気対策を4つ紹介しようと思います。

収納庫に湿気が行かない工夫をする

収納ベッドは床板がすのこ仕様になっているものが少ないです。収納庫に湿気が行ってしまうからですね。

なのでマットレスの下、床板の上の部分は湿気がたまりやすく、対策をしないとマットレスにカビが生えてくることも考えられます。

そこで収納ベッドを検討している場合に大事なのが次の4点です。

  1. マットレスの選択
  2. 小物で湿気をためない
  3. 頻繁に使うものを収納する
  4. 自遊空間ならプラケースで

マットレスの選択

マットレスを選ぶときに重要なのは「寝心地」です。寝心地の大部分はマットレスで決まるので、あなたが最も寝やすそうなマットレスを選ぶ必要があります。

ただ、マットレスの種類によっては湿気がたまりやすいものとたまりにくいものがあります。

具体的には、最も大事なのは「通気口」の有無です。マットレスの端に穴が開いていて、そこから湿気が逃げていく作りになっているものを選ぶことが大事。

ベッドで寝返りするのが「ポンプ」の役割を果たし、そのたびにそこから空気と共に湿気が逃げていくので、マットレスの下に湿気がたまりにくい構造と言えます。

他には、スプリングに加えて羊毛などが入っているタイプを避けることです。寝心地を向上する目的でスプリングの上に入っているのですが、湿気に関しては逆効果。

寝心地はいいかもしれませんが湿気がたまりやすく、収納ベッドには向いていないと言えます。どうしても気になるなら、ベッドパッドをマットレスの上に敷くことで対処するのが賢い方法と言えます。

高価なマットレスに多いタイプですが、もし好みじゃなくても外すことができないので、ベッドパッドで対応するほうがメリットは大きいです。

また、マットレスではポケットコイルが人気ですが、ポケットコイルマットレスは湿気がこもりやすい構造と言えます。

スプリングを一つ一つ不織布で包んでいるので、どうしても空気の流れが悪くなってしまいます。

フランスベッド社の高密度連続スプリングは湿気にとても強く、寝心地・耐久性に加え湿気に関しても素晴らしいです。

小物で湿気をためない

収納スペースに湿気が行かないように小物で工夫することも大事です。湿気取りを入れておくのは基本で、とても簡単で効果的です。

他にはマットレスと床板の間に湿気取りシートを入れたり、新聞紙や段ボールなどをまめに交換するのもいい方法です。

もちろん寝具やマットレス自体を乾燥させることはとても重要なことなので、寝室の換気や季節によっては除湿機を活用するのも手です。

マットレスのカビ対策にもなってくれます。

頻繁に使うものを収納する

収納ベッドの収納スペースに何を入れるかは悩みどころですよね。

どのような収納ベッドなのかにもよりますが、湿気が気になるなら「あえて」頻繁に使うものを収納するのも一つの手です。

頻繁に使うものを入れておけば、意識しなくとも頻繁に収納スペースが開放されますよね。

それによって湿気がこもるのを防ぐことができます。

多くはあまり使わないもの、季節ものなどを収納するかもしれません。

でもそれでは収納スペースはあまり解放されず、こもった湿気が逃げることができません。

使い勝手は微妙なところですが、あえて使う頻度が高いものを収納するのもいい方法と言えます。

自遊空間ならプラケースで

収納ベッドのタイプが引き出しや跳ね上げではなく、ベッド下を自由に使える空間になっているものもあります。

そういうベッドの場合、多くは収納ケースなどを入れてると思いますが、必ずプラスチックのケースにしましょう。

最近は紙でできたおしゃれな収納ボックスもありますが、湿気の多いところに紙の収納ボックスは向いていません。

時間と共にヘナヘナになる可能性もあります。

また、できれば蓋のついた収納ケースが理想。

湿気が逃げにくいからと回避する人もいるかもしれませんが、オープンだと湿気が侵入しやすいという欠点があり、どちらかというとデメリットの方が大きくなります。

まとめ

収納ベッドは便利なのですが湿気はたまりやすい構造と言えます。とは言え地域や建物の構造によってお部屋の湿度は大きく変わるので、何もしてなくてもまったく湿気が気にならないという人もいます。

あなたの住まいの地域・建物の構造などで湿気の多さを考え、一年中湿気が多そうな場合は湿気対策を考えるのがベストです。
引出し収納ベッド

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - ベッドの種類

  関連記事

ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント
ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント

激安ベッドを探してるけどオシャレなデザインのベッドがない…という悩みはないでしょ …

ベッドの大きさ・寸法の一覧
ベッドの大きさ・寸法の一覧

ベッドを購入するうえでとても大事なことが「大きさ・寸法」ではないでしょうか。ベッ …

モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド
モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド

寝室を開放感いっぱいにしたい…という悩みはないでしょうか。物を減らすために安易に …

通気性のいいベッドの選び方 桐すのこが理想的
通気性のいいベッドの選び方 桐すのこが理想的

寝心地の他にベッドに求めることはいろいろありますが、カビの発生を極力抑えたいとい …

ベッドの選び方 フレーム選びで失敗しない4つの要素
ベッドの選び方 フレーム選びで失敗しない4つの要素

ベッドフレームの選び方で悩んではいないでしょうか。寝心地を大きく左右するのはマッ …

フロアベッド 素材をスチールにする3つのメリット
フロアベッド 素材をスチールにする3つのメリット

フロアベッドに限らず、ベッドと言えば多くが木製です。 丈夫で加工しやすく、家具と …

ベッドフレームの素材 お部屋に合う選び方のコツ
ベッドフレームの素材 お部屋に合う選び方のコツ

ベッドを選ぶ際に気になるのがベッドの素材ではないでしょうか。多くは木製かスチール …

ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット
ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット

ベッドを購入するときは「どんなスタイルのベッドにしようか」ということをまず悩みま …

折りたたみベッド おすすめ9モデルと使える機能性
折りたたみベッド おすすめ9モデルと使える機能性

どんな折りたたみベッドがいいだろうか…と考えてはいないでしょうか。 折りたたみベ …

かわいい♪カーテン&宮付きのロフトベッド
ロフトベッドの大きな2つの欠点

お部屋にベッドもソファーも大型テレビもパソコンデスクも鏡台も…置きたいものはいっ …