失敗しないベッド選び珠玉のメソッド集

一人暮らし・上京・結婚・出産・転勤…生活環境がガラッと変わる20代・30代に贈るベッド選びのコツ

腰痛が朝だけ襲ってくる人の上手な対策

腰痛が朝だけ襲ってくる人の上手な対策

朝だけいつも腰痛が襲ってくる…起きると腰が痛くなる…という悩みはないでしょうか。

原因は沈み込むマットレスにあるかもしれません。

ベッドのマットレスはいくら固めを選んでも若干の沈み込みがあり、腰が痛くなることもあります。

沈み込みを防ぐなら床に布団を敷いて寝るのがいいのですが、今度は布団の上げ下げや起き上がる負担が大きくのしかかってきます。

今までベッドで寝ていた人にとっては、それらは大きなデメリットに感じてしまいますよね。

そこでここでは、朝だけ腰痛が襲ってくる原因と対処法を紹介しようと思います。

腰痛が朝だけの理由

朝だけ腰痛が襲ってくると「なぜ?」と疑問に思いますよね。

寝相が悪いから…?
寝具が合ってないから…?

と考えるのが普通です。

確かにそれは間違いではないのですが、もう少し掘り下げて考えてみます。

朝だけの腰痛は柔軟性にある

普段から重い物を持つような重労働をしている人は、おそらく朝だけではなく常時腰痛があります。

もちろんヘルニア等の病気の人はもっと腰痛の度合いがひどく、朝だけ痛いということなどありません。

そのような人はいつも腰に不安を抱えており、腰への負担が少なくなるよう気を使いながら「だましだまし」動きます。

では朝だけの腰痛には一体どのような背景があるのでしょうか。

そのカギが「筋肉の柔軟性」にあります。

腰痛は筋肉の痛み

朝だけ腰痛が襲ってくる人は、おそらく椎間板が疲弊して神経を圧迫することによる痛みではないと想像できます。

それよりも背中の筋肉、背骨の脇にある筋肉の柔軟性が落ちたことによる痛み、つまり「筋肉痛」の場合が多いのです。

筋肉痛というと大したことないように感じますが、腰の筋肉痛は動けなくなるほどの瞬間的な痛みが出ます。

俗にいう「ぎっくり腰」ですね。

もし一度でもぎっくり腰を経験すると、非常に腰痛が怖くなります。

朝起きるといつも腰痛がある場合、毎朝が恐怖になってしまい、起きるのがイヤになってしまいますよね。

朝だけの腰痛で気をつけるポイント

では朝だけの腰痛を改善するにはどうすればいいでしょうか。

ポイントは「筋肉の柔軟性」にあります。

使っていない輪ゴムと新品の輪ゴム、これは筋肉のたとえ話に最適です。

新品の輪ゴム、もしくは良く使う輪ゴムは柔軟性が保たれています。

でも使ってない輪ゴムは硬くなって全然伸びず、しまいに簡単に切れてしまいます。

実は背中の筋肉も似たような状態になります。

もちろん切れることはありませんが、柔軟性がないと様々な動きに柔軟に対応できず、それが痛みになるのです。

なので朝だけ腰痛が襲ってくる人は、背中の筋肉を柔軟に保つことが最も大事と言えます。

起きてしばらくすると痛みがなくなるのは、生活するうえで背中の筋肉を使い、それがストレッチ効果となって柔軟性が回復するからです。

つまり「寝ているときの背中の筋肉の柔軟性」を良くすることが、朝だけ腰痛に襲われる人の大事なポイントなのです。

背中の筋肉を柔軟に保つには

これは普段からのストレッチなどがとても大事になります。

寝る前に体をほぐすようにするのもおすすめ。

急にやると逆に痛めてしまうので、ゆっくり時間をかけながらストレッチしていきます。

また、寝具も大事な要素と言えます。

腰痛があるとマットレスを柔らかくしたくなりますが、実はこれも間違い。

柔らかいマットレスは腰が沈み、腰付近の血流を滞らせ、筋肉に余計な負担をかけます。

また沈み込むマットレスは寝返りがしにくいデメリットもあります。

寝返りは動かない時間が長くなると筋肉が硬直してきたり、血流が悪くなるので、無意識に動くものですよね。

この動作の邪魔をすることは、つまり体に負担をかけることを意味します。

なので朝だけ腰痛がある人は、いかに寝返りしやすい寝具で寝るかという点も非常に大事になってきます。

つまり「ある程度の硬さ」が必要なのです。

でもベッド用のスプリングマットレスは硬めでも若干沈んでしまいます。

床に布団寝だと起き上がる動作が増え、なにより布団の上げ下げが腰に大きな負担を与えます。

そこでおすすめなのが「畳ベッド」です。

畳ベッドとは…

ベッドは通常、フレームにベッドマットレスを乗せて寝ますが、畳ベッドはフレームに畳が乗っています。

そこにベッドマットレスではなく布団を敷いて寝ます。もちろん布団用のマットレスを使うのは全く問題ありません。

畳ベッドにするメリット

今まで一般的なベッドを使っていた人が畳ベッドに変えるメリットは、「今までと同じスタイルで硬い布団で寝れる」という点。

腰痛の大きな原因は柔らかいマットレスにあります。理想は表面が柔らかく全体は固いという環境。
発見!ぎっくり腰に優しいベッド・布団比較と最強の組み合わせ!

個人的には高反発なマットレスが腰に最も優しい環境ではないかと考えています。表面は体圧分散のために柔らかく、全体的には沈み込みを防止するために固くというスタイルです。

ただ表面は寝心地に直結する部分。好みが大きく分かれるポイントでもあります。柔らかさがあまり好きじゃない人にとっては、やはり床に布団を敷くスタイルを好む人もいるはずです。

そういう人には次のような畳ベッドがおすすめです。

収納付きの畳ベッド

畳ベッドはとことん硬い環境で寝たい人に向いています。でも今まで普通のベッドで寝ていた人にとっては、布団収納という点が変わってきます。

畳ベッドの布団のメンテナンス

基本的にはベッドスタイルでいいのですが、ベッドマットレスと綿の敷布団を比べれると、やはり綿の敷布団のほうが湿気に弱いと言えます。

畳は湿気を逃がしやすい性質がありますが、ベッドマットレスよりはカビに注意する必要が出てきます。

そうすると問題になるのが「布団を収納する場所」ですよね。なので収納付きの畳ベッドにすることでお部屋を広く使えるようにします。

跳ね上げ式なら大容量収納なので、いろんなものをしまうことができ、布団の収納スペースを空けることができます。布団をベッド下に収納するのは湿気がこもるのでオススメしません。

あくまでも布団の収納スペースを空けるために、ベッド下空間を利用するといったスタンスが大事です。

毎日布団を上げるかどうかは住んでる建物の湿気によります。たまに乾かす程度でも問題ないとは思いますが、湿気のこもりやすい環境なら様子を見て適宜乾燥させることが必要になります。

まとめ

腰を徹底的にいたわるなら高反発マットレスがおすすめですが、畳ベッド&布団というコンビは敷布団の硬さを調整しやすいという利点もあります。

マットレスの場合、柔らかさ・硬さを好みに合わせることが難しく、自分に合っていなければ余計に腰に負担がかかることも。

そういうことも考えれば畳ベッドに布団寝も一つの方法で、沈み込むという最も腰に悪い姿勢を避けることができます。

朝だけ腰痛が襲ってくる…と悩んでいる人におすすめのベッドです。
大容量収納な畳ベッド

ベッドの通販ならこのショップがオススメです

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとにかく見やすさ・分かりやすさ重視のショップ。ベッドを通販で買うときは、梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。ベッドの種類も豊富で探しやすい工夫が。ほとんどが送料無料ベッドなので価格も抑えることができます。トップページのギャラリーもオシャレ。

ベッド王国はコチラ

 - 腰痛の改善

  関連記事

発見!ぎっくり腰に優しいベッド・布団比較と最強の組み合わせ!
発見!ぎっくり腰に優しいベッド・布団比較と最強の組み合わせ!

突如として腰を襲う鋭い痛み。そう「ぎっくり腰」です。しばらくその場から動くことも …

腰痛にいいマットレス~高反発が腰を痛める3つの原因を解消!
腰痛にいいマットレス~高反発が解消する腰痛の3つの原因

腰痛には低反発マットレスがいいと思っていませんか?低反発マットレスが人気の中、逆 …

なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット
なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット

畳ベッドが気になるけど、あまり使ってる人がいないのでどうだろうか…という悩みはな …

腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方
腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方

腰痛やひざ痛を患っている場合、生活の様々なとこでカバーしてあげる必要がありますよ …