インテリアコーディネーター監修

大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点

大柄さんも安心のベッド!体重100kgオーバーさんの3つの注意点

体重が重い人はベッド選びも慎重になってしまいますよね。特に100kgを超える人は、マットレス・フレームともに作りのしっかりしたものを選ばないとすぐにヘタってしまいます。

そこでここでは体重が重い人(100kgオーバーが基準)が気をつけるべきポイントを紹介しようと思います。

大柄な人が気をつけるポイントは…?

大柄さんが気にするのは、何より「体重に長い期間耐えれるフレーム・マットレスか」という点ですよね。そこでポイントをまとめると次のようになります。

  1. フレームの耐荷重に気をつける
  2. マットレスは固めを選ぶ
  3. できれば国産の高品質なものを選ぶ

フレームの耐荷重に気をつける

ベッドフレームにはそれぞれ耐荷重が決まっています。モデルでも違いますし、サイズでも変わってきます。

多くの場合、シングルサイズだと耐荷重は100kgになります。なので体重の基準を100kgにしたんですね。

つまり100kgを超える人は、シングルサイズだとギリギリラインに当たります。頑丈な作りのベッドを選ぶか、もしくはセミダブルやダブルサイズを選ぶことが大事です。

また素材によっても耐荷重は変わってきますよね。体重が重い人はパイプベッドは厳禁。かならず丈夫な木製のベッドにしましょう。

マットレスは固めを選ぶ

マットレスも体重を考慮して選ぶ必要があります。そもそも「硬め」とか「柔らかめ」という基準自体があいまいと言えますが、少なくとも「硬め」を選ばなくてはいけません。

メーカーによってどの程度の体重の人が寝て「硬め」なのかは違います。ただ、少なくとも100kgの体重を基準にはしません。なので体重の重い人は最低限「硬め」が必要になります。

できれば国産の高品質なものを選ぶ

大柄さんはフレーム・マットレスにかかる負担が大きくなるので、できれば日本製の高品質なものを選ぶのがおすすめ。

ベッドは短いスパンで買い替えるタイプの家具ではなく長い期間使うもの。あまり作りが頑丈じゃないと、すぐに壊れてしまったり、ヘタってしまったりします。

必ずしも海外製が粗悪というわけではありませんが、日本製はやっぱり安心感と信頼感が全く違いますし、それにより保証期間が長い場合も多いです。

海外製品であれば、最初から大柄な方が使う前提で作られた、耐荷重の大きなものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

大柄さんは、ベッドフレームは耐荷重の高いものを、マットレスは硬めのものを選ばないと、すぐにヘタってしまいます。

特にフレームはマットレスの重さも加わるので、少しでもがっちりとしたものを選ばないと、キシミ音や、最悪破損という結末に…。

選択肢は少なくなってしまいますが、不安な思いをしながらだと熟睡もできませんよね。

やはり「丈夫さが命!」というフレームを選ぶのが、安心感もありおすすめです。

耐荷重600kg!超頑丈なすのこベッド