インテリアコーディネーター監修

チェストベッドの弱点「湿気&カビ・ほこり」を解消する方法

チェストベッドの弱点「湿気&カビ・ほこり」を解消する方法

チェストベッドは収納力抜群なので、収納スペースの少ない寝室にはもってこいのベッド。

でもチェストベッドだけではないのですが、収納付きベッドは湿気が収納庫にたまりやすく、カビの原因になりやすい弱点があります。

また、チェストベッドの構造によっては収納スペースにほこりがたまってしまい「掃除がしにくくて大変…」ということも。

そこでここでは「湿気&ほこり」でチェストベッドを悩んでいるあなたに解消する方法を紹介します。

チェストベッドの湿気対策

収納ベッドの湿気はどんなベッドにも当てはまる弱点と言えます。

収納庫に湿気が行くと良くないので、マットレスを通過してきた湿気がマットレスと床板の間で停滞し、そこにカビが発生しやすい環境になってしまいます。

収納ベッドの湿気には「湿気取りシート」

つまり、すのこ仕様にすると収納庫に湿気が行き、収納物にカビが発生する可能性が高まってしまい、それを防ぐとマットレスにカビが発生しやすい環境になってしまうというわけです。

こういう場合はマットレスの段階で湿気を逃がすようにするのがポイント。

人間の寝汗などが湿気の大きな原因になりますが、それ自体はどうすることもできませんよね。またベッドの構造を変えるわけにもいきません。

なのでマットレスとシーツの間に「湿気取りシート」を敷きます。そうすることでマットレスに伝わる湿気を大幅に減らすことができ、わずかな湿気もマットレス自体の湿気を逃がす効果で解消できます。

お部屋の湿度は空気の入れ替えと陰干し

人の寝汗による湿気は「湿気取りシート」で大幅に改善できます。でも、そもそも寝室・建物自体が湿気を逃がしにくい高機密な作りだと、寝汗以外でもカビが発生してしまうかもしれません。

そういう時は「換気」「除湿」「陰干し」で対応するしかありません。

  1. 寝室の窓を開けて換気する
  2. 換気扇を開ける
  3. ドアを開け風通しを良くする
  4. 除湿機を使う
  5. 収納庫に除湿剤を入れる
  6. マットレスを立てかけ陰干しする

このような方法で小まめに湿気を逃がすようにすることが大事です。またマットレスの下に新聞紙を敷き、定期的に変えてあげるのもいい方法ですね。

チェストベッドのほこり

引き出し収納は、その構造によってはほこりがたまってしまうことがあります。しかも引き出し内なので掃除機もかけにくいもの。

それがネックでチェストベッドをどうしようか悩んでいるなら、引き出しが完成されてる「ボックス構造」のチェストベッドがおすすめです。

ボックス構造とは

ボックス構造とは、簡単に言うとベッド下にチェストが独立して入っている感じの作りです。

ベッドフレーム自体をチェストの一部にするのではなく、独立した構造になっているので、収納庫は完全に周囲をふさがれている状態になります。

ベッド下に蓋つきの収納ボックスを入れるか、ベッドの床板を蓋替わりにするかといった違いです。

始めから囲まれた引き出しをベッド下に入れるので、二重にほこりをガードしているような状態になり、収納庫に入ってくるほこりを大幅に減らすことができます。

まとめ

チェストベッドは収納ベッドとしての弱点(湿気)に加え、チェストベッド独自の弱点(ほこり)もあります。でも「湿気取りシート」を使い「ボックス構造」のチェストベッドを選べばほぼ解消できます。

ボックス構造は手間と使う部材が増えるので価格が上がってしまいがちですが、「ステディ」というモデルのチェストベッドなら日本製ながら価格もお手頃です。しかも構造が複雑なので国産がより活きてきます。

もし、どのチェストベッドにしようか悩んでいるなら、断然おすすめのベッドです。
おすすめのチェストベッド「ステディ」はこちら