インテリアコーディネーター監修

子供のマットレスの硬さは?大事な2つのポイントとおすすめ

子供のマットレスの硬さは?大事な2つのポイントとおすすめ

子供用のベッドを用意するとき、意外と悩むのがマットレスの硬さですよね。
体重の軽い子供の場合、一体どんな硬さのマットレスにすればいいのか考えてしまいます。

  • 柔らかいほうが寝やすいのか、硬いほうが寝やすいのか…
  • 体の成長を考えた場合は、柔らかいほうがいいのか硬いほうがいいのか…

大事な子供の事だけに、深く考え込んでしまいモヤモヤしている人も少なくないはず。

そこでここでは、幼児から小学校卒業くらいの子供のマットレスの硬さに焦点を当てて考えてみようと思います。

子供のマットレスの選び方

子供のマットレスは親が選ぼう

子供のマットレスは親が選ぼう

これ、案外重要なポイントです。
悩んで分からないからと、実際に子供を寝せてみて「どっちが寝やすい?」と聞いて決める人もいるはず。

でも子供は何の基準もなく、本当に寝やすいかも考えず「こっちがいい」「あっちがいい」と答えます。
それではより良い選択はできないので、子供が小さなうちは親が決めてあげるほうが最適な硬さのマットレスを選ぶことができます

その時に考えるべきポイントは、次の2点です。

  1. 子供のマットレスは硬めが基本
  2. 通気性のいいタイプを選ぶ

1.子供のマットレスは硬めが基本

子供の場合、柔らかければ寝やすいというものではありません。
体重が軽いので、クッション性などは気にしてもあまり意味がないんですね。

それよりも子供は寝返りが非常に多いので、寝返りしやすい「適度な硬さ」があったほうが寝やすいものです。
スプリングマットレスの上に低反発素材が施してあるような「柔らかいタイプ」は避けるべき。

まだ成長過程で骨も柔らかく、沈んだベッドで毎日数時間も寝ていると、成長の妨げになる可能性もありますよね。
寝返りもしにくく、発達にあまり良い影響を与えてくれません。

2.通気性のいいタイプを選ぶ

子供は大人より、圧倒的に汗っかきですよね。
ベッド周りはただでさえ湿気がこもりやすい場所なので、子供のベッドはできるだけ通気性の良いマットレスを使いたいところ。

マットレスは布団と違い、簡単に天日干しできませんよね。
なおのこと、通気性の良いものを選ぶメリットが大きくなります。

ちなみに、通気性の観点から考えても、低反発はおすすめできない素材です。
沈んで体にぴったりフィットするため、より暑くて汗をかきやすくなってしまいます。

硬めで通気性の良いマットレスがおすすめ

硬めで通気性の良いマットレスがおすすめ

つまりは硬めで通気性の良いマットレスが、成長過程にある小さな子供には向いています。
実際に選ぶときには

  • ポケットコイル
  • ボンネルコイル

という2種類から選ぶことが多いはず。
市場に出ている比較的手の出しやすい価格帯では、大体その二つが基本構造だからです。

ポケットコイルのほうがやや価格が高く、お店などではポケットコイルをおすすめする場合が多いと思います。
でも小さな子供用の場合は、安価なボンネルコイルのほうが確実に向いています

ボンネルコイルは硬めで通気性もいい

ボンネルコイルの構造
↑ボンネルの構造

ポケットコイルの構造
↑ポケットの構造

構造上、ボンネルコイルは上で紹介した2つのポイントをしっかり押さえています。
硬めで寝返りがしやすく、通気性にも優れているんですね。

ポケットコイルに比べて安価な理由は、寝心地が悪いからではなく、構造がシンプルで製造の手間がかからないから。
安いからボンネルコイルを選ぶのではなく、子供に向いているからボンネルを選ぶというわけですね。

ちなみにぼくの子供たちも、ボンネルコイルで寝ています。

ポケットコイルを選ぶなら硬めがおすすめ

このように書くと、ポケットコイルは子供に向いていないと考えがちですが、そう単純じゃないのもマットレス選びの難しいところ。
体重が増えてくるとポケットコイルのメリットが活きてくるので、体型のいい男の子なんかはポケットコイルも選択肢に入ってきます

通気性は劣るものの、荷重を集中させずに分散する能力は、ポケットコイルのほうが上手。
硬めのポケットコイルにすれば、寝返りのしやすさもある程度は確保できます。

厳密な線引きはないものの、子供の場合は、体重40kgくらいを境に考えるのがおすすめ。

  • 1~2年で40kgを超えそうなら、硬めのポケットコイル
  • まだ40kgにはほど遠いなら、ボンネルコイル

このような感じで決めるのがおすすめですよ。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いは、こちらも参考にしてください。
ボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみたボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみた

子供用に設計されたマットレスがおすすめ

EVA Jr.(エヴァ ジュニア)ボンネルコイルマットレス

子供には子供用に設計されたマットレスが、やっぱり安心ですよね。
このマットレスは、ボンネル1種類・ポケット2種類の展開で、どちらもしっかり硬めになっているので、寝返りのしやすいタイプですよ。

サイズは、幅2種類・長さ2種類があるので、いろんなフレームに合わせやすい特徴もあります。

おすすめ子供用マットレスはこちら

通気性と寝返りならボンネル

子供の体重が40kg未満でまだまだ小さい場合は、ボンネルコイルがおすすめ。
通気性と寝返りのしやすさは、ポケットよりも断然上です。

家計にもとってもやさしいですよ。

二段ベッド用ならポケット

通常タイプのポケットコイルは厚みが7cmしかなく、二段ベッドに最適。
厚いとサイドガードを超えやすいので、できるだけ薄型が向いています。

7cmなら「ウレタンマットレス+敷布団」よりも薄くなりますね。
三つ折りできるので、メンテナンスもしやすいですよ。
敷布団よりは大変ですけど…ね。

品質と安心感なら国産ポケット

ポケットコイルの上位モデルとして、国産ポケットがあります。
日本製という安心感は、特に子供用だと大きく響いてきますよね。

品質的には、抗菌防臭に優れている点が一番の違い。
子供は汗っかきなので、ニオイやカビに強いのは大きなメリットです。

価格はグッと上がってしまうので、環境の変化をしっかり考えるのがおすすめ。

  • 引っ越しすればお部屋も変わるので、丈の短いベッドじゃないと置けなくなるかもしれません
  • 兄弟で二段ベッドで寝たいと、駄々をこねるかもしれません

せっかくのマットレスを長く使えそうなら、高品質なタイプもおすすめですよ。

まとめ

  • マットレスは親が決める
  • 基本は硬めで通気性のいいボンネルコイル
  • 体重が40kgを超えるようなら硬めのポケットもあり
  • 子供用に設計されたマットレスがおすすめ
  • 二段ベッドでは厚みも考慮する

子供のフレーム選びで迷っているなら、こちらの記事もぜひ参考にしてください。
子供用ベッドの選び方 意外と難しい子供のベッド選びの秘訣子供部屋が快適になるベッド おすすめ21モデルと選び方の秘訣