インテリアコーディネーター監修

納得!二人用にちょうどいいベッドのサイズ 3つのポイント

納得!二人用にちょうどいいベッドのサイズ 3つのポイント

夫婦にしろ同棲カップルにしろ、はたまた子供との添い寝にしろ、一つのベッドで二人で寝る場合も多くありますよね。でも「寝ること」というのは思いのほかデリケートなことですし、納得のいく睡眠ができなければ日々の生活にも支障が出てしまいます。

では二人用のベッドはどれくらいのサイズが必要なのでしょうか。ここでは一つのベッドで二人で寝る場面を想定して考えてみようと思います。

二人で寝る環境

まずは二人で寝る環境にはどのような場合があるでしょうか。それぞれで考えていきます。

  1. 夫婦
  2. カップル
  3. 添い寝

友達が遊びに来た・親が泊りに来た…などというイレギュラーな場面を除けば、多くはこの3パターンだと思います。

夫婦

二人用ベッドを購入する最も多い層は「夫婦」です。夫婦でいっしょのベッドに寝ることはとっても幸せなこと。でもあまりに狭かったり窮屈だと、睡眠の質が落ち日常に悪影響が出る場合もあります。

睡眠は健康の最も土台となるもの。毎日数時間という長い時間のことなので、ちょっとしたことで体調に大きな変化をもたらします。

一台のベッドで二人で寝る場合、大事なポイントは「体型」です。小柄な夫婦と大柄な夫婦に最適なベッドのサイズが同じわけがありません。ではどのようなサイズ感だとちょうどいいでしょうか。

まず二人用で真っ先に触手が伸びるのが「ダブルベッド」ですよね。マットレスの幅は約140cmで、フレームがそれより少し出ているという感じ。実はダブルサイズは「大人二人が寝れる最低限のサイズ」だと思っていたほうが間違いありません。

ダブルベッドがオススメの夫婦とは

並んで横になるだけなら大柄な夫婦でも問題ありませんが、睡眠に大事な寝返りが打ちにくくなります。

なのでダブルベッドは「小柄な夫婦」におすすめ。小柄と言っても身長ではありません。「細身」ということです。

お互いが細身の体でいっしょのベッドで寝る場合は、価格やスペース・メンテナンスなどを考慮すればダブルベッドという選択肢になります。

ただそれほどゆとりはないため「ゴロゴロ転がって寝たい」「神経質な性格」「布団に入る時間がバラバラ」…という夫婦にはデメリットも出てきます。理由は単純に広くない事とマットレスが一枚だという事です。

特に後者は非常に大きな問題。寝返りや後から布団に入った時の振動が相手に伝わってしまうので、両者とも気になってしまいます。神経質な性格の人には向いていないと言えます。

普通~大柄な夫婦におすすめのサイズは…

では普通体型~大柄な夫婦の場合はどうでしょうか。個人的にはダブルベッドはおすすめしません。

細身の人ならいいかもしれませんが、体型が大きくなってくると窮屈さはどんどん大きくなります。ダブルよりも大きなクイーンサイズや、さらに大きいキングサイズという選択肢が向いています。

クイーンサイズはセミシングル(シングルより狭いサイズ)2台分の大きさで、幅はダブルよりプラス20cmの約160cmです。

たかが20cmと思うかもしれませんが、この差は非常に大きいと言えます。実際にダブルとクイーンで寝てみると、その違いに驚くはずです。

キングサイズはシングル2台分というビッグサイズ。大柄な夫婦二人用といったサイズ感です。

またクイーン・キングサイズになるとマットレスが二枚になる場合が多く、前述した「振動が相手に伝わる」ということを大幅に軽減することができます。

「完全に」ではなく「大幅に」としているのは、一台のベッドの場合多くは「シーツがつながっている」からです。

シングルベッドを二台並べればマットレスもシーツも分かれているので「完全に」振動は伝わりません。でも一台のベッドだとシーツがつながっていれば若干振動は伝わってしまいます。

とは言えマットレスが分かれているので、その度合いは大きく軽減することができます。

クイーンサイズまで選べる激安ローベッド

カップル

同棲カップルや、場合によっては新婚さんも含めることができるでしょう。基本的に体型を考慮するというのは同じです。

が、ラブラブカップルの場合は狭くても問題ないかもしれません。むしろ広いほうが余してしまうカップルもいるかもしれませんね。

ベッドは寝ることがメインですが、若いカップルなら××なこと(合体)も多いはず。

寝やすさは広いほうがいいのは当然ですが、広いベッドは「価格が上がる」「スペースをとる」「シーツなどの種類が少ない」「中央にマットレスの境目がある」…など、デメリットも当然あります。

そのようなことを総合的に考えた場合、大柄なカップルを除けばダブルベッドが選択肢の一番手になるでしょうか。

もちろん神経質な性格・寝相や寝る態勢なども考慮すべきです。また赤ちゃんの誕生を考えれば、低いフォルムだと添い寝もしやすくおすすめ。

若いカップルにおすすめのオシャレなフロアベッド

添い寝

最後は子供と添い寝する場合を考えてみます。上記の二点とは大きく変わり、大人と子供というパターン。

子供の年齢にも大きく左右されますが「子供=体型が小さい」ので、基準はセミダブルサイズになります。

乳児の場合は体がとても小さいのでシングルでも十分添い寝できますが、気を使ってしまい寝にくくなるので、結局はある程度の広さが必要です。

子供といっしょに寝れるのは幼児~小学校低学年ぐらいまででしょうか。

そのくらいまでならセミダブルで問題なくいっしょに寝ることはできます。

ただその後を計画的に考えた場合、例えば別々に寝るようになったとき「そのベッドを誰が使うか?」ということを考えることが大事。

ベッドは簡単に買い替えたり買い足したりできないので、少しでも無駄なく使っていきたいものです。

セミダブルの場合は子供だと余すので、親が使うのがスムーズですが、夫婦で寝るには少し無理がある広さ。

それなら一つの例ですが、子供が小さなうちは「シングルに旦那+ダブルに妻と子供」という感じで寝ます。

もちろん川の字でもいいです。子供が別々で寝たいと言いだしたら、シングルを子供に与えて、夫婦はダブルベッドで寝るようにすると、無駄にベッドを買い足す必要もなくなります。

当然上記したポイントをクリアしているならということです。

また「シングル+シングル」でベッドをピッタリくっつけて家族で寝て、子供の成長によってシングルを追加するのも、よくある一般的な感じですよね。

子供の人数が二人以上ではちょっと厳しくなってきますが。

子供が二人以上の場合は、添い寝がなかなか難しいですよね。そういう時は「ジョイントできるベッド」を利用するのがおすすめ。

ベッドを金具で固定できるので、マットレスこそ別々ですが非常に大きな一台のベッドにすることができます。

ダブルベッドは約140cmなので、ダブルを二台ジョイントすることで280cmという巨大なベッドにすることもできます。これなら夫婦+子供三人という5人家族でも一台のベッドで寝ることができます。

しかも成長と共にジョイントを外せば別々のベッドになるので臨機応変に対応することができます。

色々なジョイントタイプのベッド

まとめ

様々な「二人寝」を想定しましたが、睡眠の質を考えるとマットレスが分かれているほうがおすすめ。

ベッドを二台並べれば一つのベッドのようなものです。

子供を入れて三人以上で寝る場合は、間に隙間ができないようジョイントできるベッドがおすすめです。