インテリアコーディネーター監修

フロアベッドの5大メリット&デメリットと賢いカビ対策

フロアベッドの5大メリット&デメリットと賢いカビ対策

フロアベッドにしたいけど、通気性が悪そうでカビが心配…と悩んではいないでしょうか。
フレームの形状から想像できるように、フロアベッドは湿気がこもりやすく、一般的な高さのあるベッドよりもカビの不安があります。

とは言えメリットも多くあるので、通気性の悪ささえ解消できれば、いいとこだらけのベッドになりますよね。
そこでここでは、フロアベッドのメリット・デメリットに加え、カビ対策も合わせて紹介しようと思います。

フロアベッドとは

フロアベッドとは、床にベッタリ置くタイプのベッドのこと。
脚がなく、床にすのこや板を敷き、その上にマットレスを乗せて使います。
フレームにマットレスを「はめ込む」イメージですね。

と言っても明確に辞書に定義が載っているわけではなく、ローベッドよりもさらに低く、床にフレーム全体を置くベッドというイメージですね。

では、まずはメリットとデメリットを考えていきます。

フロアベッドのメリット

フロアベッドのメリット

メリットは次の5つがあります。

  1. お部屋に開放感が出る
  2. 布団寝と変わらない安心感
  3. 安くてオシャレ
  4. 落ちても痛くない
  5. 掃除が楽チン

1.お部屋に開放感が出る

フロアベッドは非常に低いのが特徴。
視線を遮るものが減るため、お部屋に開放感が出ます。

圧迫感がまるでなく、お部屋を面積以上に広く見せてくれますよ。

2.布団寝と変わらない安心感

日本人には「低い寝床は安心する」という遺伝子が組み込まれているのではと思うくらい落ち着きます、フロアベッドは。
寝るときは無防備な状態なので、この落ち着いた雰囲気が快眠に繋がります

床に布団を敷いて寝るのとほぼ変わらないため、初めてベッドにするという人にもピッタリですよ。

3.安くてオシャレ

フロアベッドは、人の重さに耐える「縦方向の頑丈さ」があまり要りません。
さらにフレームの部材も少なくて済むため、価格は全体的に安い傾向があります

それでもヘッドのデザイン性は他のベッドと変わらず、照明付きやスタイリッシュなタイプも。
おしゃれで安いベッドというのも、大きなメリットの一つですね。

4.落ちても痛くない

寝相が悪くてベッドから落ちるのでは…と不安に思っている人も少なくないはず。
フロアベッドは「低いベッド」なので、落ちても全然痛くありません

大人はもちろん、子供や赤ちゃんにも安心ですね。

5.掃除が楽チン

脚付きベッドだと、ベッド下の掃除機掛けがとっても大変ですよね。
「ホコリがたまりやすく、掃除がしにくい場所」の代表と言っても過言ではありません。

フロアベッドの場合は、ベッド下にホコリがほとんど入りません
周囲さえしっかり掃除機を掛ければ問題なく、とても楽になります。

フロアベッドのデメリット

フロアベッドのデメリット

次はデメリットを考えてみましょう。
つぎの5つが考えられるのではないでしょうか。

  1. 通気性が悪くカビが心配
  2. 起き上がりにくい
  3. ホコリを吸い込みやすい
  4. 足をぶつけやすい
  5. 収納スペースを増やせない

1.通気性が悪くカビが心配

フロアベッドは通気性が一番の弱点です。
湿気やカビが気になるベッド周りにおいては、とても気になる部分ですよね。

カビ対策に関しては特に重要な部分ですので、下で詳しく紹介しています。
↓ カビ対策へスキップする ↓

2.起き上がりにくい

フロアベッドは低いため、起き上がるとき・立ち上がるときに、ひざや腰への負担が大きくなってしまいます。
高齢者や腰痛のある人にはあまり向いていない形状ですね。

起きた直後は体が硬いので、ゆっくり立ち上がるようにするほうが安心です。

3.ホコリを吸い込みやすい

ホコリは床から30cm以内が最も舞いやすいと言われています。
フロアベッドは寝ているときにホコリを吸い込みやすく、過敏に反応する人だと咳やくしゃみ・鼻水といった症状が出る可能性も否定できません。

フロアベッドは掃除が楽なので、周囲の掃除機掛けをしっかり行うことが一番大切です。
床に布団寝をして大丈夫だった人は、フロアベッドでも大丈夫ですね。

4.足をぶつけやすい

不思議と足の小指って家具にぶつけやすいものですよね。
フロアベッドは形状的に床に角がくる場合が多く、気を付けないと「ガツン!ウッ…!」ってなるので要注意です。

赤ちゃんがぶつけても安心な、コーナー用のクッション材などを貼ると安心ですよ。
見た目は微妙ですけど…ね。

5.収納スペースを増やせない

ベッドは収納スペースを増やせる貴重な家具。
大きい分だけ収納に使える時の収納力は高いので、そういう意味ではデメリットと言えそうです。

収納が足りている人にとっては、デメリットにはなりませんね。

フロアベッドのカビ対策

フロアベッドのカビ対策"

どんなベッドにも弱点はありますが、それは同時に「改善できれば理想的なベッドになるポイント」でもあります。
実は上で紹介した5つのデメリットのうち、4つは「低さによるもの」のため、効果的に対策できません。

唯一「通気性」だけは「低さよりも構造」によるものなので、対策をとることで湿気を効率よく分散させることができます

フロアベッドのカビを防ぐポイントは、次の6点です。

  1. 床板が「すのこ」になっているタイプを選ぶ
  2. フロアタイプのローベッドにする
  3. ベッドを壁から10cm離して置く
  4. 除湿シートを併用する
  5. 通気性のいいマットレスにする
  6. マットレスのメンテナンスをする

1.床板が「すのこ」になっているタイプを選ぶ

価格の安いフロアベッドは、ベニヤの薄い板を並べるタイプの床板が多いです。

ベニヤの薄い板を並べるタイプの床板

↑ 隙間があるだけまだマシなものの、横方向はフレームに囲まれているので、お世辞にも通気性がいいとは言えません。
床板をすのこに変えるだけで、湿気のこもりにくさがグッと良くなります

すのこ床板のフロアベッド

↑ 空気の流れは少ないものの「空気の層」が増えるため、比較すれば大きな差になります。

すでに「ベニヤの薄い板を並べるタイプの床板」のフロアベッドを使っている人は、寸法の合う「すのこ」を敷くのがおすすめ

すのこ+マットレス

↑ こんなやつですね。
フレーム内に収まれば、ワンランク上の通気性を確保できますよ。

2.フロアタイプのローベッドにする

湿気がこもるのは、マットレスが「フレームに囲まれている」という要因が大きいと言えます。

マットレスが囲まれているタイプのフレーム"

↑ 辛うじて枕元だけは開放されていますが、3方向が囲まれていますよね。
これでは、湿気の逃げ道が少なくなってしまうのは、当然と言えば当然。

これを回避するには、マットレスをはめ込むフロアベッドではなく、マットレスを「乗せる」フロアタイプのローベッドを選ぶことです。

マットレスを「乗せる」フロアタイプのローベッド

↑ 頭部は塞がれてしまうものの、逆に左右と足元の3方向が開放されますよね。
湿気が空気中に分散しやすくなります。
合わせてすのこ仕様だと、下側の通気性もいいですね。

少しだけ寝る面が高くなるという違いがあるのと、マットレスがズレやすくなるデメリットがあります。
が、通気性と天秤を掛けると、メリットは大きいですね。

3.ベッドを壁から10cm離して置く

フロアベッドのカビを防ぐには、ベッドの配置にも気を付けるのがポイント。
空気の通り道を作ることが大事なので、壁にピッタリ付けて配置せず、10cmくらい離してレイアウトします

掛け布団の収まりもよく、少しでもカビを防ぐのに役立ってくれます。

4.除湿シートを併用する

通気性を良くし、湿気の逃げ道を確保することに加え、湿気を「吸収」することも賢い対策。

除湿シート

↑ このような除湿シートを、マットレスの下、もしくは「マットレスとシーツの間」に敷くことで、湿気を吸収してくれます。
定期的に天日干しすれば吸収力も復活するため、コスパも良く使いやすいアイテムです。

カビの発生を防ぎ、マットレスを汗などの汚れから防いでくれるのも嬉しいところ。
すのこと併用すると、より効果があるのでおすすめですよ。

5.通気性のいいマットレスにする

フロアベッドを使う場合は、あらかじめ湿気がこもりやすいことを考慮し、通気性のいいマットレスを選択しよう
一般的には

ボンネルコイル > ポケットコイル > ウレタン

という順に通気性は良くなります。
また、詰め物が増えるほどに通気性は損なわれていくので、厚みのあるタイプは注意が必要です。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみたボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみた

6.マットレスのメンテナンスをする

カビを防ぐには、やっぱりメンテナンスも不可欠。
たまにマットレスを立てかけて風を通したり、シーツや敷きパッドをこまめに洗濯して新しいものに替えるなど、細かいメンテナンスの積み重ねでカビを防ぐことができます

マットレスを少しだけ浮かせて扇風機の風を当てるだけでも、湿気が分散して立派なカビ対策になりますよ。

まとめ

  • 開放感と価格の安さが一番のメリット
  • デメリットは通気性の悪さでカビ対策が必要
  • 床板は「すのこ」が理想
  • マットレスが囲まれていないタイプは通気性がいい
  • 除湿シートなどを併用すると効果的
  • マットレス自体の通気性がいいと相性バッチリ
  • 配置やメンテナンスにも気を配ろう
【簡単に分かる!】フロアベッドのおすすめ9選&選び方完全ガイド【簡単に分かる!】フロアベッドのおすすめ9選&選び方完全ガイド