インテリアコーディネーター監修

フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法

フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法

寝る環境は人それぞれ好みがあり千差万別。

でも日本のお部屋事情はある程度似ていますよね。

つまりそこに相性の悪い組み合わせが生じる場合があるということ。

その代表が「フローリング+布団寝」という組み合わせです。

もっともカビの発生が怖い組み合わせ

「寝ること」で一番大事なことは「気持ちよく寝れること」だと思っています。

でもどんなに好みの柔らかさでも、どんなに好きな肌触りでも、カビの生えた布団を好む人はいません。

気持ちよく寝れるということは「カビの発生がない布団」という前提があります。

圧倒的に洋室が多い現代

最近の日本の住宅は圧倒的に洋室が多いですよね。

「基本は洋室、でも全部洋室じゃあれだから和室も…」

こんなテイストの住宅が多いように感じます。

そこで困るのが「床に布団で寝たい」という人。

畳は通気性がよく調湿作用もあるので大丈夫ですが、フローリングに布団を敷いて寝るとカビの発生確率がグンッと上がります。

人は寝ているときにコップ一杯の汗をかくと言われていますよね。

その湿気が重力に従って布団を通過し床に向かいますが、フローリングだとそれ以上進むことができず、空気の流れなどあるわけもなくそこに停滞。

あっという間に黒いポツポツができてしまいます。

フローリングはホコリが舞いやすい

もう一つの問題はホコリが舞いやすいという点。

カーペットや畳はホコリが絡まる環境下にありますが、フローリングはそのようなものはなく、風でフワッと簡単に舞ってしまいます。

布団のように床に直に寝るスタイルだと、舞い上がったホコリを知らぬ間に吸いこんでしまい、アレルギーなどの原因にも繋がってしまいます。

フローリングに直に布団を敷いて寝ると、湿気・ホコリという2つの大きな問題に悩まされてしまうということです。

ホコリにもカビ対策にもなる方法

ではフローリングの部屋で布団で寝たい人は、どうすればいいのでしょうか。

湿気対策・ホコリ対策ができ、なおかつ布団で寝れる方法。

おすすめは「敷布団で寝れるローベッド」です。

低すぎず、高すぎず、丈夫なベッド

敷布団で寝るという時点でベッドが選択肢からいなくなる人が多いと思います。

ベッドはスプリングマットレスを使うのが一般的だからですね。

でもベッドにも敷布団を敷いて寝れるタイプも存在します。

敷布団は局所的に荷重がかかるので、ベッドは通常スプリングの入ったマットレスを使用する前提で強度計算されます。

つまりベッドに敷布団を直に敷くと破損する可能性があるということ。

でも最初から敷布団を直に敷いて寝ることができる設計のベッドもあります。

カビに強く適度な高さ

敷布団を直に敷いて寝ることができる設計のベッド

このようなベッドなら湿気が床板の隙間から下に逃げてくれます。

しかもベッド下に空気の流れがあるので、効率よく分散してカビの発生を極力抑えてくれます。

また、適度な高さがあるのでホコリ対策にも。

適度な高さがある

床に厚さ数センチのすのこを敷くタイプもありますが、ホコリの対策は十分ではありません。

それはそれで手軽さが売りなのですが、カビとホコリという2つに着目した場合は若干の高さが必要になります。

まとめ

洋室で布団を敷いて寝たいと考えているなら、直に敷くのはカビの宝庫になるだけです。

また、ホコリが舞うのを考えれば少し高さが必要。

ベッドの利点と布団寝の利点、どちらも活かせる「敷布団を使えるベッド」がおすすめです。

紹介した敷布団を使えるベッドはこちら