インテリアコーディネーター監修

クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド

クローゼットしかないお宅に!布団収納できるベッド

クローゼットはあるけど押入れがなく、布団を収納するスペースがない…

という悩みはないでしょうか。
最近の住宅は洋室が多く、収納スペースと言えば「クローゼット」が大半を占めており、押入れがない家庭も珍しくありません。

でも布団の収納には奥行きのある押入れが最適ですよね。
クローゼットは奥行きがないので、布団をしまうには不向き。

そこでオススメなのが布団を収納できるベッドです。

ベッド派にも必要な布団収納スペース

ベッド派にも必要な布団収納スペース

ベッドで寝る人が増えているので、押入れの価値観は少ないように感じますが、そうとも言えません。
四季がはっきりしている日本では、夏と冬で使う布団も変わってきますよね。

また、来客用の布団ストックを2~3セット用意している家庭では、それだけで多くのスペースを使ってしまいます。
クローゼットでは奥行きがないので収納もしにくく、スペース的にも大部分を使ってしまいますよね。

そこでオススメなのがベッド下に布団を収納する方法
布団収納を考えると次のようなベッドがおすすめです。

布団が取り出しやすい

布団は大きくて重いので、取り出しにくいのはイヤですよね。
無理に出そうとすると腰を痛めたりします。

少しでも取り出しやすくなっているほうがいいですね。

大容量な収納スペース

布団を収納するなら、全部まとめて入れておきたいもの。
収納すべき布団の量は家庭で変わりますが、スペースが余れば違うものを収納すればいいだけ。

2~3セット収納できるような大きな収納スペースが理想的ですよね。
合わせて、セットのシーツや枕カバーなどの付属品も、いっしょに収納しておきたいところです。

価格は安いに越したことはない

仕切りのない大容量収納というと、跳ね上げ式のベッドが主流です。
マットレスごとガバッと持ち上がるので、ベッド下一面をクローゼットのように使えます。

でも跳ね上げ式は価格が高いのがネック。
しかも構造が大げさになり、跳ね上げの「支点」に近づくほど出し入れがしにくいという欠点も。

安くて単純な構造のほうが向いていますね。

布団を収納するのにおすすめのベッド3選

布団を収納するには、上記のようなポイントを考えることが必要。
そこでおすすめなのが次の3つのベッドです。

全て薄型マットレスセットがあり、高さがあっても座りやすいベッドですよ。

シンプルなインテリアが好みなら「Open Storage(オープンストレージ)」

すのこ&簡易跳ね上げタイプの収納ベッド「Open Storage(オープンストレージ)」

ベッド下一面を、まるでクローゼットを横にしたように使うことが可能。
が、跳ね上げ式ではなく、床板を持ち上げて収納できるタイプです。

構造が単純になり、使い勝手も分かりやすく価格も抑えることができます。
床板を持ち上げればすべてが収納スペースなので、布団も楽々収納することができますね。

床板がすのこなので、収納スペースの湿気が逃げやすいメリットもあります。
ホコリが入りやすいというデメリットもあるため一長一短ではありますが、布団に関しては、カバーを掛けておけば「ホコリより湿気」のほうが天敵なので、すのこのほうが向いています。

寝汗による湿気対策に、除湿マットのようなものを敷くと効果的ですよ。

【価格】
税込み価格円~

Open Storage(オープンストレージ)はこちら

少しでもコンパクトに置きたいなら「O・S・V(オーエスブイ)」

ヘッドボードなしの収納付きすのこベッド「O・S・V(オーエスブイ)」

収納スペースやタイプは、上で紹介した「Open Storage(オープンストレージ)」と同じ。
こちらは、ヘッドボードがない点が大きな特徴です。

小物を置けないデメリットはありますが、その分コンパクトに置くことができ、とっても省スペース。
近くに棚やテーブルがあるなら、小物を置けないデメリットは解消され、メリットばかりが活きてきます。

また、頭側を壁に付ける配置の場合、ヘッドがあってもなくても寝心地に大きな差はありませんよね。
省スペースに置くことができ、さらに布団収納スペースもできるため、お部屋を広く使うことができますよ。

【価格】
税込み価格円~

O・S・V(オーエスブイ)はこちら

小物を整理して収納したいなら「Fu-ton(ふーとん)」

Fu-ton(ふーとん)

商品名からも、布団を収納するのに向いていることが分かりますよね。

ベッドの幅いっぱいの大き目の引き出しに布団が収納でき、細かいリネン類は引き出しにまとめて収納しておくことができます
大き目のスペースは全部で二つあるので、2セットを収納することが可能です。

特に出し入れしやすい大きめの引き出しスペースが使いやすく、メンテナンスをしっかりすれば、今使っている布団の収納にも使えますよ。

【価格】
税込み価格円~

Fu-ton(ふーとん)はこちら

まとめ

  • 布団収納にはベッド下を使うといい
  • 取り出しやすさが大事
  • 布団が入る大容量スペースが必要
  • 跳ね上げ式は高価
  • 収納量を増やすためにベッドが高くなりやすい
  • 薄型マットレスで座りやすさを確保できる