インテリアコーディネーター監修

身長・体重を考慮したベッドの上手な選び方

身長・体重を考慮したベッドの上手な選び方

ベッドを購入する際に気をつけたいのが、どのような体型かということ。

平均的な体型なら問題ありませんし、小柄でも基本的には問題ないでしょう。

やはり気になるのが「大きい人」です。

身長が高い人、体重が重い人、両方揃った大柄な人。

そういう場合はベッドの選び方にもひと工夫が必要になってきます。

そこでここでは身長・体重とベッドの関係を考えてみようと思います。

身長が高い人が注意する点

身長が高いといっても非常にあいまいですよね。

最近は日本人も欧米人並みに背の高い人が増えているように感じます。

でもベッドの規格は昔から変わっていません。

考慮する境目は…?

身長によってベッドを考慮する基準は180cm以上。185cm以上なら確実です。

ベッドから足が出て体に負担がかかってしまい、十分な休息ができません。。

具体的にはロングサイズのベッドフレームとマットレスですね。

一般的なマットレスの長さは約195cmです。

身長180cmなら15cmの余裕がありますが、逆に言うと15cmしか余裕がありません。

頭の上に15cmしか余裕がないと、無意識にぶつけないように窮屈な寝返りになってしまいます。

さらに寒い日は足が出ないよう少し上になるでしょう。

そうなると頭とベッドフレームの隙間は10cmぐらいしかなくなってしまいます。

10cmって結構少ないですよね。ちょっと間違えれば寝返りの時に頭や手がぶつかってしまいます。

かといってベッドから足を出して寝ると腰などに負担がかかり、それが毎日数時間もの間続くと骨格が歪んでしまいます。寒い日は余計ですよね。

そういうことを考慮すれば、あなたの身長が180cm以上ならロングサイズを検討してもいいのではないでしょうか。

もちろんお部屋との兼ね合いもあるので注意が必要になります。

夫婦の場合、旦那はロングサイズ・嫁は普通サイズだとずれが出てしまいます。

長い分にはスペース以外に問題はないので、背の高いほうに合わせるのがおすすめです。

ロングベッド一覧

体重が重い人が注意する点

次は体重に注目してみます。身長は普通でも体重が重い人はベッドの耐久性が気になりますよね。

体重を気にする基準

ベッドの購入時に体重を考える基準は、ベッドフレームの材質に大きく左右します。もちろん同じ材質でもベッドのモデルで作りが違うので一概には言えません。

木製フレームの耐荷重

フレームが木でできているベッドの場合は、シングル~セミダブルで約120kg、ダブルサイズで約180~200kgです。

気になる人はモデルごとに耐荷重を確認する必要がありますが、大まかな目安はこんな感じ。

つまり木製の場合は誤差を考えても「100kg」が基準になると言えます。

100kgを超える場合は要チェックですし、それ以下なら気にする必要はないということですね。

アイアン・パイプベッドの耐荷重

アイアンベッドやパイプベッドの場合は、耐荷重が低くなります。

多くはメッシュ状の床板になるので、それだけ耐荷重も減ってくるんですね。

また、そのような背景からかアイアンベッド・パイプベッドの場合ほとんどがシングルサイズ。

なので基本は体重の重い人向けではないということ。

目安は木製よりも10kgほど低く、シングルで約90kgと考えていいと思います。

もちろんモデルごとのチェックは必須です。

まとめ

ベッドは体型が大きくなるほど選べる種類が減ってきます。

と言っても基準があいまいだと余計に選択肢が少なくなってしまうことも考えられます。

身長は180~185cm、体重は90~100kgあたりを基準にし、これを超えるようだと気にする必要が出てきます。

日本製の丈夫なベッド一覧