インテリアコーディネーター監修

和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点

和室・畳の部屋にベッドを置くときの4つの注意点

洋室にはベッド、和室には布団というイメージがありますが、反対に畳の部屋にベッドを置きたい場合や、洋室にじゅうたんを敷いて布団で寝たい場合もありますよね。

絶対的なルールではありませんが、ベッドはフローリングの上で使う設計なので、気をつけるポイントがいくつかあります。

そこでここでは和室にベッドを置くときの注意点を紹介しようと思います。

畳を考慮する

和室は照明や窓が木枠の場合が多く、フローリングではなく押入れ、ドアが引き戸という感じでしょうか。

ベッドを置くうえで特に気をつけるべきは畳のことですよね。

また、どうせなら和室にマッチしたベッドを置きたいもの。

和室にベッドを置くときの注意点は次の4点です。

  1. 畳がへこまないようにする
  2. 簡単に動かせない
  3. フレームは木製が絶対条件
  4. ローベッドのほうが似合う

畳がへこまないようにする

ベッドにはいろんな形状のものがありますが、特に気をつけるべきは「脚」です。

畳の天敵は「細い脚のベッド」になります。

全体重を、しかも数時間、さらにそれを毎日のように預けるわけなので、細い脚のベッドだと簡単に畳がへこんでしまいます。

賃貸の場合は退出する際の敷金に関係してきますし、あまり目立つ跡だと模様替えすると見栄えが悪くなってしまいます。

フレーム全体で置くタイプのベッドなら荷重が分散されて跡も付きにくいですが、それでも長期間なら跡が付いてしまうでしょう。

ホームセンターで売られているゴムマットを利用したり、ベッドの広さのウッドカーペットを敷くなどの工夫をすると跡が付きにくくなります。

もし4本脚の跡が付いた場合、退出する際の修理費を折半で請求されることもあります。

畳に4本脚では跡が付くことは容易に想像できますよね。

にもかかわらずそのまま置いたというのは、生活するうえで仕方ない損傷ではなく、注意義務を怠ったための損傷とみなされることがあるからです。

結果はともかく、賃貸である以上少しでも痛めない「努力の跡」を残すことも必要です。

簡単に動かせない

フローリングの場合は、ちょっと押せばすぐ横移動はできます。

あまり動かす機会はありませんが、ベッドの下を掃除するときは動かせると楽にできますよね。

ベッドの下はほこりがたまりやすい場所。

畳の上だと目立ちませんが、確実にほこりはたまっていきます。

畳の場合、押してずらすと畳がボロボロになってしまいます。

畳の「目」「方向」も大事ですが、基本的には動かせないと考えたほうが畳に優しいと言えます。

置くときはあらかじめコーディネートを決めておきましょう。

「やっぱりこっちの方がいいかな」と言って何度もずらしていては畳がボロボロに傷んでしまいます。

また掃除機をかけやすいよう壁にベタッとつけないとか、後々ベッドをずらさなくても掃除がしやすい工夫をすることもいい方法です。

フレームは木製が絶対条件

デザイン的には、ベッドフレームは絶対に「木」がおすすめ。

和室にパイプやアイアンベッドは似合いません。

仮にあなたがアイアンベッドが大好きでも、不釣り合いなインテリアに置くよりは似合うベッドのほうが満足感は高いはず。

和室には木のほうが似合いますし、むしろ木を受け入れてくれる雰囲気を初めから持っています。

パイプベッドやアイアンベッドが好きな人には少し残念かもしれませんが、幸い木製のベッドは種類も豊富で様々なデザインの物があります。

きっと好きなテイストも見つかるはずです。

ローベッドのほうが似合う

和室には布団がとても似合います。

日本人はそういう遺伝子でも持っているのでしょうか。

見慣れているだけでしょうか。

とにかく和室に高さのあるベッドを置くと違和感を感じてしまいます。

和室に2段ベッドやロフトベッドを置いたらどのように感じるでしょうか。

少し違和感がありますよね。

やっぱり和室には低いベッドのほうが似合います。

低ければ低いほどいいというわけではありませんが、基本はローベッドの方が間違いありません。

ただ低いベッドは起きるたびに腰やひざに大きな負担がかかります。

しかも起きたばかりのときは体が硬いもの。

腰痛を持っている人は低すぎると悪化させる可能性もあるので、スムーズに立つことのできる高さの方が使い勝手はいいはずです。

和室に似合う低いフォルムのフロアベッド

和室に収納ベッドを置く大事なポイント

洋室の場合はほとんどのベッドが違和感なく置けます。ベッドは元々洋風なものですし、多くはフローリングなどの上に置くことを想定して作られているからですね。

なので「和室にベッドを置く」ということは、デザインなどを多少考慮しないと不釣り合いな寝室になってしまいます。大事なポイントは「低いフォルム」「木製」という点ですが、収納ベッドを置くとどうしても高さが出てしまいますよね。

その違和感をなくすには「木製」という素材感を強調したベッドを選ぶことです。また、マットレスじゃなくても問題ないなら「畳ベッド」という選択肢も出てきます。

具体的なポイントは次の3点です。

  1. 木を強調したベッド
  2. ヘッドレスなベッド
  3. 畳ベッド

木を強調したベッド

和室に収納ベッドを置く場合、ベッドの高さが出てしまう点に注意する必要があります。具体的には、いかに周囲と調和させることができるかを考えることです。

和室には「木」がいっぱい使われていますよね。その「木」に合わせるのがコツ。最もメインとなる「木の色」にベッドフレームの色を合わせます。

そうすることでベッドが目立ってしまうことを防ぎ、高さを少しでも感じさせなくすることができます。濃いブラウンがメインならベッドも濃いブラウンに、ナチュラルな色ならナチュラルなベッドにするのがおすすめ。

お部屋のアクセントは別の場所で担ってもらい「和室に高さのあるベッド」という違和感を少しでもなくす方がまとまり感が出ます。

ヘッドレスなベッド

ベッドの形状によっても和室に似合うかが変わってきます。一般的なイメージのベッドは「ヘッドボードがあって高さがある」という形状。でも和室に似合う布団にはヘッドボードなどありません。

なのでベッドも「ヘッドレスベッド」を選択することで、違和感なく和室になじませることができます。簡単に言うと「床に布団」というスタイルをそのまま持ち上げ、収納できるようにした感じです。

「ベッド感」が薄れ和室でもよく合います。

畳ベッド

ベッドは洋風なものですが「畳ベッド」は完全に和風です。どんなに洋風なベッドでも畳という素材を使ったものはありません。畳という素材自体が和風なので当たり前と言えば当たり前。

なので高さのある収納ベッドでも、畳という素材を使っていれば難なく配置することができます。ただ畳にはマットレスのような「バネ」「クッション性」がないので要注意。床に布団を敷いて寝る硬さと同じなので、そもそもそれが苦手という人は体が痛くなる可能性もあります。

反対に、いわゆる「せんべい布団」と言われる固い寝床が好きな人もいますよね。特に腰痛持ちの人に多いと思います。腰痛の人はマットレスの沈む感じが逆に苦痛に感じるもの。そういう人にとっては都合のいいベッドとも言えます。高さがあるので起き上がるのも楽です。

収納付きの畳ベッド

一人暮らしの和室を考える

一人暮らしを始める人はいろんなタイプの人がいます。学生や単身赴任・社会人…。ただ寝室をどのようにしたいかは、趣味趣向や予算・お部屋の広さなどで次のように分けられるのではないでしょうか。

  1. とにかく自分好みのオシャレな寝室にしたい
  2. インテリアよりとにかく安く済ませたい
  3. 寝るスペースと同時に物を置く部屋にしたい
  4. バランスが大事

とにかく自分好みのオシャレな寝室にしたい

和室を寝室にするにしても、とにかく素敵な空間にしたいという人もいるはず。寝室は完全に自分のプライベート空間なので、好きな雰囲気のテイストにすることでよりリラックスすることができます。

インテリアよりとにかく安く済ませたい

「見た目は二の次!とにかく安く済ませたい」という人もいるはず。特に学生さんの一人暮らしで潤沢な予算を組める人などいませんよね。「予算は少ないけど布団寝はイヤだからベッドを置きたい」という人はけっこう多いのではないでしょうか。

寝るスペースと同時に物を置く部屋にしたい

寝室とリビングが完全に分かれているなら、寝室を様々な収納部屋にしたいと考える人もいます。リビングには少しでも生活感のあるものを置かないようにし、タンスやチェストなどの収納家具・季節家電や掃除機などの大き目な家電…など、来客の目に付かない寝室にいろんな物を置けるようにするのも手です。

バランスが大事

特に強いこだわりがない場合、無難にまとめるほうがいいと思う人もいると思います。賃貸なので出るときにお金がかからないよう畳の保護だけはしっかりし、インテリアも収納も無難にまとめたいと考えることもあるでしょう。多くは予算とのバランスが大事で「オシャレだけど高いかな…安いならこの方がいいけど…」といった考え方の人ですね。

一人暮らしで和室に最適なおすすめベッド

ベッドは高いものなのでどのような寝室にしたいかは人それぞれです。上記の4点に最適なベッドを紹介していこうと思います。

インテリア性重視さんにオススメのベッド

和室にオシャレにベッドを置く最大のポイントは「木製」、しかも「木目」を強調したものです。木目の色もあなたのお部屋で使われている色に揃えることで、全体的な統一感が出ます。

ダークブラウンの木枠が多いならベッドもダークブラウンに、薄めのナチュラルカラーが多いならベッドもナチュラルに揃えるほうが、色が多くなりすぎずまとまりが出ます。お部屋にいろんな色があると、それだけで雑然とした雰囲気になってしまいます。お部屋は3色あれば十分コーディネートできます。

まずお部屋全体の70%をメインカラーが担うように考えます。ベッドは大きな家具なので、メインカラーに含めるのが無難。特に寝室が狭くなるほど占める割合が大きくなります。

次にメインカラーに合う「アクセントカラー」を考えて配置します。目安は全体の5%ぐらいをイメージします。クッションやベッドカバーなど、ワンポイントで取り入れるのがコツ。

最後にメインとアクセントを補完するアソートカラーを考えます。メインカラーに近い色が無難にまとまります。

ダークブラウンのベッド
ブラウンのベッド
ナチュラルのベッド

このように考えると、和室にはブラウン系が似合うことが分かりますよね。広い寝室ならベッドに色味を入れるのもアリです。でもさほど広くない「和室」という条件なら、全体的に黄色味がかっている場合が多いのでやはりブラウン系がオシャレになじんでくれます。

とにかく寝れればいいという人にオススメのベッド

次は寝室にできるだけ予算はかけたくないという人におすすめのベッド。布団寝がイヤだからベッドで寝たいという人ですね。おすすめは次の2つ。

激安で和室に合うベッド

クレール

シングルでフレームのみなら、消費税と送料を入れても1万円台前半という驚きの安さ。もちろんマットレスも選べて、とにかく安く済ませたいならマットレス付きで2万円以下で揃えることができます。ウォルナットブラウンとナチュラルブラウンがあり、木目のあるデザインで和室にもピッタリ合いそうですね。

激安で和室に合うベッドはこちら

ダブルコア

こちらはデザイン的によく似ていますが、同じく驚きの激安ベッドです。高いベッドと比較して劣るのはやむを得ませんが、一人暮らしに高価なベッドは不要ですよね。
もしお金をかけるとすれば寝心地を大きく左右する「マットレス」で、フレームが安い分、マットレスに予算をまわすことができます。
また、一人暮らし向け物件でも楽に搬入できる「コンパクト梱包」に加え、マットレスも種類によっては圧縮梱包で届くので、搬入の心配のないベッドと言えます。

搬入の心配のない激安ベッドはこちら

収納部屋にしたい人におすすめのベッド

寝室にはお客が来ないという条件なら、ゴチャゴチャしたものを収納できる和室にするのもアリですよね。衣類や掃除機・季節家電…なんでもとりあえず寝室に収納できるようになっていれば、リビングはスッキリとしていてお客を迎え入れることができます。

ベッドを置くとどうしても収納家具を置くスペースを取られてしまうので、やはり定番の収納ベッドがおすすめ。

おすすめ収納ベッド

Renitsa(レニツァ)

このベッドは引き出し収納なので若干収納力は下がりますが、ヘッドレスなのでスペースを有効に使うことができます。
とは言え、長物収納スペースもあるので、収納力は非常にハイレベル。
タンスを置くとベッドが置けない…といった時に重宝するサイズで、省スペースながら収納力も兼ね備えているモデルです。
雰囲気も和室にピッタリですよね。
すのこなのも嬉しいところです。

和室にピッタリのチェストベッドはこちら

バランス重視の人にオススメのベッド

無難にまとめたい人には、最低限の条件として畳を傷めにくいベッドがおすすめ。細い脚付きのベッドは畳の天敵なので、フレーム全体に荷重のかかるベッドが向いています。なおかつ和室に似合いそうで価格もちょうどよさそうなのは次のモデルです。

和室におすすめのベッド

和室に合う布団寝のような低さ、木のやさしさを感じさせる木目、インテリアに合った明るめの色味。
バランスがとてもよく、しっかり和に馴染んでいますよね。

低いので圧迫感もなく、やや窮屈な和室だとしても開放的な雰囲気で寝ることができます。
いくら周囲に物がいっぱいあっても、寝た時に感じる天井の高さは変わりません。
フロアベッドはそんな高さ感を存分に感じることができるので、狭いお部屋にも向いてるベッドと言えそうですね。

バランス重視の人にオススメのベッドはこちら

まとめ

ベッドは和室用に作られているわけではありませんが、和室に合うようデザインされたものもあります。

あくまでもあなたの好みが最重要。

でも、どうせならインテリアにマッチするベッドのほうが気持ちよく寝ることができるはずです。

和室によく合うベッド一覧