インテリアコーディネーター監修

ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々スペースに!

ロフトベッド&デスク付きなら子供部屋が広々!

子供部屋には十分なスペースがあるでしょうか。

できれば窮屈な子供部屋より、広々して開放的な子供部屋で過ごしてもらいたいもの。

でもベッドも置いてデスクも置いて…となると、どんどんスペースがなくなってしまいますよね。

お部屋の広さは決まっているので、いかに工夫して広くするかを考える必要が出てきます。

そこでここでは「デスク付きロフトベッド」について考えてみようと思います。

ロフトベッドのスペースだけでOK

お部屋を広く使いたい場合「ロフトベッド」という選択肢がありますよね。

ベッドのスペースは確実に必要なので、ベッド下をいかに有効に使えるかということを考えれば、とても理にかなったベッド。

寝床が高くなるので若干気になるかもしれませんが、スペースの有効活用という観点では非常に優れた構造です。

子供部屋に必要なデスク付き

ロフトベッドの下は自由な空間ですが、デスク付きのロフトベッドなら子供部屋にピッタリです。

子供部屋の大きな家具1位と2位がベッドと学習机。

そんな二つの家具がベッドのスペースだけで収まるので、子供部屋がより広々します。

もちろん自前のデスクがあるなら、ロフトベッドの下に置くことでスペースが広くなります。

でもデスク付きを選ぶことで、一般的な学習机にはない魅力も付いてきます。

超ワイドなデスク

ベッドの長さがデスクの幅になるので、非常に幅の広いデスクになります。

友達や兄弟姉妹で並んで勉強できるので、勉強が面白くなり好きになってくれるかも。

また親が並んで教えてあげる時にも便利です。

デスクの面積も広いので、窮屈さもなく広大なスペースで勉強に身が入りますよね。

高さを選べるタイプも

システム的にデスクが付いてる場合、様々な付加価値があるもの。

その一つに高さ調整機能があります。

デスクの高さを調整できるメリットは、子供の成長に合わせやすいという点。

床に座ってデスクを使ったり、チェアーに座って使うこともできます。

一体化してると何かとメリットがある

ベッドと学習机をそれぞれ揃えると、結構なお値段になってしまいます。

でもいっしょになったロフトベッドだと、価格を抑えることができますよね。

また見た目にも統一感があって雰囲気も良くなります。

子供部屋は子供にとって大事な自分の場所。

好きなテイストで落ち着く雰囲気は、バラバラな見た目では生まれません。

まとめ

デスク付きのロフトベッドには、別々の場合とはまた違ったメリットがあります。

ベッド下のスペースを自由に使えるのもいいですが、デスクが付いてると一体感が出て子供も好きになってくれるはず。

子供部屋にスペースが生まれ、価格も抑えることができるので賢い選択と言えます。

小学校の入学祝いなどは「いかにも」という学習机が定番ですが、このようなデスク付きのロフトベッドも喜ばれるかもしれませんね。

デスク付きのロフトベッド