インテリアコーディネーター監修

腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方

腰痛・ひざ痛持ちの大事なベッドの選び方

腰痛やひざ痛を患っている場合、生活の様々なとこでカバーしてあげる必要がありますよね。

ベッドもその一つ。

休んでるのに腰痛が悪化するようでは、せっかくの睡眠時間を十分に活かせません。

腰痛やひざ痛は風邪のように短期間で治るようなものではないため、毎日使うベッドによる影響は思いのほか大きいと言えます。

そこでここでは腰痛・ひざ痛持ちの人のベッドの選び方を紹介していこうと思います。

腰痛・ひざ痛に共通する向いてないベッド

腰痛は寝ているときも影響がありますが、ひざ痛は特にベッドから出るときに影響します。

どちらにも向いていないベッドの代表は「ローベッド」です。

ローベッドが向かない理由

理由は簡単です。

起き上がるのに腰・ひざを酷使するからです。

起き抜けは体が硬くなっているので、普段ならそこまで痛みの走らないことでも、思わぬ激痛が走ることもあります。

ぎっくり腰でその場から動けない…なんてことにもなりかねません。

これは体重が重い人ほど影響が出ます。

腰痛・ひざ痛を持っている人は、一般的なひざぐらいの高さのあるベッドを選ぶことが大事です。

腰痛の人はマットレスが大事

ひざ痛は立ち上がる時だけ気をつければ問題ありませんが、腰痛は寝ているときに大きく影響を受けます。

その場合は、ベッドフレームは基本的に関係ありません。

合うマットレスを使っているかが大きく左右します。

具体的には「硬めの寝床」がおすすめです。

ぎっくり腰になりやすい寝姿

ではどのような寝姿・寝心地だと腰に負担がかかるのでしょうか。

まずはそこから考えていこうと思います。

沈み込むと腰に負担が大きい!

簡単に言うと「柔らかい布団」は腰に大きな負担をかけます。

もちろん掛け布団ではなく敷布団・マットレスです。

腰椎

腰のあたりの骨はこのような感じになってます。

ちょうどカーブがキツイ真ん中あたりが腰になり、反らさっているのが正常です。

では柔らかい布団で寝て、腰が沈み込むとどうなるでしょうか。

沈み込む

腰が沈み込むと赤い矢印の方向に力が加わりますよね。

するとその負担が次の画像の赤い丸にかかります。

赤い丸は椎間板(ついかんばん)といって、背骨のクッションのような働きをします。

椎間板に負担がかかる

椎間板は柔らかいので、腰が沈むことでギュ~ッとつぶれます。

それを365日・7時間前後という長い時間続けると、椎間板が疲弊し徐々に背中側に飛び出してきます。

そしてすぐ横にある神経に触れたとき、あの恐ろしい痛みが発生します。

血流も悪くなる

沈み込んで腰に負担がかかると、人間はそれをなんとかしようと働きかけます。

でも腰が沈み込んでいると、負担のかかっている場所に効果的なものを「運ぶ」機能が衰えています。

血管が圧迫されて血流が悪くなってしまうんですね。

なので自然治癒のパワーが行き届かなくなってしまいます。

集中的な負荷もダメ!

沈み込むと腰に良くないのですが、では硬い布団で沈まないようにすればいいのでしょうか。

答えは「ノー」です。

硬い布団は沈み込みによる負荷を大幅に軽減してくれるメリットがありますが、今度は集中的に負荷がかかってしまうデメリットが発生します。

体圧分散

つまり体圧分散ができていないという状態ですね。

硬すぎる布団だと、仮に体重60kgの人なら腰に約26kgもの荷重がかかります。

これを長期間続けることでやっぱり腰に負担がかかり痛みが出てきてしまいます。

ベッドと布団の違い

ではベッドと布団では寝心地にどのような違いがあるでしょうか。

布団よりもベッドのほうが柔らかい

どのようなマットレスか、どのような敷布団かによりますが、基本的にはベッドよりも床に布団を敷いて寝るほうが硬くなります。

いくら硬めのベッドマットレスでも、いくら柔らかめの敷布団でも、概ねそのような図式になりますよね。

ベッドマットレスにはバネが入っているので、床に敷くよりも圧倒的に柔らかさを感じます。

敷布団の下にもマットレスを敷きますが、バネではないので初めは柔らかく感じますが、押しつぶれて硬くなっていきます。

そのあたりの耐久性は圧倒的にバネのほうが高いと言えます。

生活スタイルの違い

ベッドは家の中でも靴を履いて過ごす欧米から伝わったもの。

対して日本では昔から畳に布団を敷いて寝ていましたよね。

そのようなスタイルの違いは、腰にも大きく影響を与えます。

まず布団は毎日2回の出し入れがあります。

それも多くは押入れの上段ですよね。

湿気を考えればそれはいいことなのですが、腰が痛い人にとっては苦痛以外の何物でもありません。

また、布団は低い位置に敷くので起き上がるために大きな負担が腰にかかります。

ソファーから立ち上がるのと、床に座ってた状態から立ち上がるのでは、腰にかかる負担が大きく違いますよね。

結局どっちが腰にやさしい…?

ベッドと布団寝をぎっくり腰の観点から考えた場合、一長一短であることには違いありません。

寝心地を考えれば布団、生活スタイルを考えればベッドのほうが優しいのです。

なので「ベッドのいいとこ」と「布団のいいとこ」を取り入れ、反対に「ベッド・布団の悪いとこ」をなくすような睡眠環境を目指すことが最も腰にやさしいと言えます。

いいとこ取りできる睡眠環境

では具体的にどのような寝心地が理想でしょうか。

腰にやさしい理想的な睡眠環境を考えてみます。

スタイルはベッドのほうがいい

床かベッドという選択なら、高さのあるベッドが腰にやさしいです。

起き上がること・布団の上げ下げ・メンテナンスの手軽さ…。

ベッドのほうが様々なメリットがあります。

なのでスタイルはベッドのような高さがあり、なおかつ布団の上げ下げの必要がないのが理想。

もっとも腰にやさしい寝心地とは

難しいのは寝心地です。

柔らかくてもダメ、硬くてもダメというのはすでに紹介しましたが、じゃあ硬すぎず柔らかすぎずがいいのかと言えば、半分正解で半分違います。

理想は「体圧分散をしてくれる」「沈みこまない」という2点を満たすマットレスを用意することです。

体圧分散はあくまでも表面が担うもの。

沈み込むかどうかはマットレス全体の事。

ここに大事なポイントがあります。

つまりは全体的には硬め、でも表面は柔らかめというマットレスが腰にやさしいということになります。

これなら沈み込むことを防ぎつつ、体圧分散もしっかりできますよね。

そのポイントになるのが「高反発マットレス」です。

高反発マットレスが腰痛にいい理由

高反発マットレスはあまり沈みません。

沈み込むと寝ている姿勢が悪くなり腰痛を引き起こします。

また沈むマットレスは寝返りもしにくいもの。

筋肉が休めずこれも腰痛を引き起こします。

高反発マットレスとは

では高反発マットレスとはいったいどのようなものなのでしょうか。

名前ばかり「高反発」とか「低反発」など呼ばれていますが、実はそこに明確な基準はありません。

メーカーが高反発と判断したものは「高反発マットレス」と呼ばれているにすぎないのです。

当然メーカー内にはある程度の基準があると思いますが、それはメーカーの人間しか分からなかったりします。

なので現在はどれくらいの反発力だと高反発マットレスというのかがメーカーや商品によっていろいろ存在し、消費者が混乱を招く状況にあるということが言えます。

低反発よりも体重に負けないで押し返す力が強いのは当然ですが、沈み込むかどうかについては体重によっても大きく変わってきます。

購入する際は実際に使った人の声を参考にすることが大事になってきそうですね。

そもそも寝てて腰が痛くなるのはなぜ?

腰痛持ちの人は特に「朝起きたら腰が痛い…」という思いをした経験があると思います。

寝ている時間はとても長いので、ちょっとしたことで体に大きな負担がかかってしまうのです。

起きたら腰が痛いということはつまり、寝ている姿勢が悪いということなんです。

ではどのような姿勢が良くてどのような姿勢が悪いのでしょうか。

理想論を言えばまっすぐ立っている状態を横にしたまま寝ることです。

しかし寝ているときは力が抜けているので、そのような理想的な姿勢を意識的に維持することはできません。

そこでマットレスの出番です。

マットレスができるだけ理想に近づけるようなサポートをしてくれれば、寝ている間も正しい姿勢を維持することができます。

逆にサポートできないマットレス、具体的には「沈み過ぎる」「柔らかすぎる」マットレスは腰痛の原因を引き起こします。

そのポイントは以下の3点でしたよね。

  1. 寝返りがしにくい
  2. 血流が悪くなる
  3. 背骨に負担のかかる寝相

1~寝返りがしにくい

寝返りは血流の滞りや筋肉の緊張を解消するために無意識に行われるもの。

自分の意思ではなく脳が勝手に寝返りしたほうがいいと判断して行われます。

しかし寝ている寝具やパジャマなどの影響で寝返りがしにくい場合、本来は寝返りすべき時に寝返りをすることができません。

すると筋肉は疲労し血行も悪くなってしまいます。

2~血流が悪い

腰痛の場合は特に腰周辺の血流が悪くなると痛みも出やすくなります。

栄養や酸素を運び、免疫機能を担う白血球なども運ぶ大事な血流。

そんな血流が悪くなれば痛みが出るのは当然で、同時に冷えも起こり負のスパイラルに陥ってしまいます。

沈み込むマットレスの場合、もっとも荷重のかかる腰付近が一番沈み込み、結果腰の血流が悪くなり腰痛を引き起こしてしまうのです。

3~背骨に負担のかかる寝相

沈み込むということは腰が曲がることを意味します。

さらに腰が曲がるということは骨に圧が大きくかかっていることを意味します。

背骨のような細い棒状のものは、縦の力には強いですが横方向の力には弱いもの。

特に背骨の一番下にある「腰椎(ようつい)」と、骨盤の上部にある「仙骨(せんこつ)」に挟まれている「椎間板(ついかんばん)」に大きな負担がかかり、ヘルニアを発症する要因にもなってしまいます。

沈み込み過ぎるのを解消できるのが高反発マットレス

このように沈み込みが大きいと腰に大きな負担をかけたまま寝ていることになります。

それを解消することができるのが高反発マットレス。

これが腰痛には高反発マットレスがいいと言われる理由なんですね。

適度な体圧分散に加え腰が沈み込むのを防いでくれるので、寝返りがしやすく腰や背骨への負担を大幅に軽減してくれます。

低反発マットレスのような包み込まれる寝心地はありませんが、姿勢を維持できることと寝心地の良さは必ずしも同じではありません。

腰痛の原因を減らすことができる高反発マットレス

マットレスを高反発に変えることで腰にやさしいとしても、腰痛が治るというわけではありません。

腰痛の原因が寝ている姿勢だけだったなら大幅に改善されると思います。

でも睡眠中以外で腰を酷使していれば、マットレスを変えても原因が減るだけで痛みがなくなるとは限りません。

最初は寝にくい高反発マットレス

もしあなたが低反発マットレスから高反発マットレスに変えたら、最初はおそらく寝にくいと思います。

逆に熟睡できないかもしれません。

しかしながら、その思いが強い人ほど効果が高いと思ってください。

骨格や筋肉の歪みが大きな人ほど、正しい姿勢でいることが窮屈でイヤなもの。

  • 寝付きにくくなった…
  • 熟睡感が少ない…
  • 寝心地が良くない…

これは今まで寝ている姿勢が悪かった人の感想の代表的なもの。

このような思いは逆に「よし!買って正解だ!」と思うことが必要です。

そのうち高反発じゃないと寝れないほどになる

体が正しい姿勢に慣れたら、試しに古いマットレスで寝てみてください。

とても寝れるものではないと感じるはず。

実はこれはデメリットにもなります。

なぜなら、高反発マットレスに慣れたら旅先にも持っていきたいほどの存在になるからです。

せっかく温泉につかって心も体もリラックスしてるのに、布団によって寝付けないという残念なことも…。

しかしそれは健康に近づいてる証拠なので、もっとも睡眠時間の長い自宅のマットレスを変えることは、長い目で大きな恩恵を受けることができると言えます。

腰痛が朝だけ襲ってくる人の上手な対策

なぜか朝だけいつも腰痛が襲ってくる…

起きると腰が痛くなる…

という人もいると思います。

原因は前述のとおり、沈み込むマットレスにあるかもしれません。

ベッドのマットレスはいくら固めを選んでも若干の沈み込みがあり、腰が痛くなることもあります。

沈み込みを防ぐなら床に布団を敷いて寝るのもいいのですが、今度は布団の上げ下げや起き上がる負担が大きくのしかかってきます。

今までベッドで寝ていた人にとっては、それらは大きなデメリットに感じてしまいますよね。

腰痛が朝だけの理由

朝だけ腰痛が襲ってくると「なぜ?」と疑問に思いますよね。

寝相が悪いから…?
寝具が合ってないから…?

と考えるのが普通です。

確かにそれは間違いではないのですが、もう少し掘り下げて考えてみます。

朝だけの腰痛は柔軟性にある

普段から重い物を持つような重労働をしている人は、おそらく朝だけではなく常時腰痛があります。

もちろんヘルニア等の病気の人はもっと腰痛の度合いがひどく、朝だけ痛いということなどありません。

そのような人はいつも腰に不安を抱えており、腰への負担が少なくなるよう気を使いながら「だましだまし」動きます。

では朝だけの腰痛には一体どのような背景があるのでしょうか。

そのカギが「筋肉の柔軟性」にあります。

腰痛は筋肉の痛み

朝だけ腰痛が襲ってくる人は、おそらく椎間板が疲弊して神経を圧迫することによる痛みではないと想像できます。

それよりも背中の筋肉、背骨の脇にある筋肉の柔軟性が落ちたことによる痛み、つまり「筋肉痛」の場合が多いのです。

筋肉痛というと大したことないように感じますが、腰の筋肉痛は動けなくなるほどの瞬間的な痛みが出ます。

俗にいう「ぎっくり腰」ですね。

もし一度でもぎっくり腰を経験すると、非常に腰痛が怖くなります。

朝起きるといつも腰痛がある場合、毎朝が恐怖になってしまい、起きるのがイヤになってしまいますよね。

朝だけの腰痛で気をつけるポイント

では朝だけの腰痛を改善するにはどうすればいいでしょうか。

ポイントは「筋肉の柔軟性」にあります。

使っていない輪ゴムと新品の輪ゴム、これは筋肉のたとえ話に最適です。

新品の輪ゴム、もしくは良く使う輪ゴムは柔軟性が保たれています。

でも使ってない輪ゴムは硬くなって全然伸びず、しまいに簡単に切れてしまいます。

実は背中の筋肉も似たような状態になります。

もちろん切れることはありませんが、柔軟性がないと様々な動きに柔軟に対応できず、それが痛みになるのです。

なので朝だけ腰痛が襲ってくる人は、背中の筋肉を柔軟に保つことが最も大事と言えます。

起きてしばらくすると痛みがなくなるのは、生活するうえで背中の筋肉を使い、それがストレッチ効果となって柔軟性が回復するからです。

つまり「寝ているときの背中の筋肉の柔軟性」を良くすることが、朝だけ腰痛に襲われる人の大事なポイントなのです。

背中の筋肉を柔軟に保つには

これは普段からのストレッチなどがとても大事になります。

寝る前に体をほぐすようにするのもおすすめ。

急にやると逆に痛めてしまうので、ゆっくり時間をかけながらストレッチしていきます。

また、寝具も大事な要素と言えます。

腰痛があるとマットレスを柔らかくしたくなりますが、実はこれも間違い。

柔らかいマットレスは腰が沈み、腰付近の血流を滞らせ、筋肉に余計な負担をかけます。

また沈み込むマットレスは寝返りがしにくいデメリットもあります。

寝返りは動かない時間が長くなると筋肉が硬直してきたり、血流が悪くなるので、無意識に動くものですよね。

この動作の邪魔をすることは、つまり体に負担をかけることを意味します。

なので朝だけ腰痛がある人は、いかに寝返りしやすい寝具で寝るかという点も非常に大事になってきます。

つまり「ある程度の硬さ」が必要なのです。

でもベッド用のスプリングマットレスは硬めでも若干沈んでしまいます。

床に布団寝だと起き上がる動作が増え、なにより布団の上げ下げが腰に大きな負担を与えます。

そこでおすすめなのが「畳ベッド」です。

畳ベッドとは…

ベッドは通常、フレームにベッドマットレスを乗せて寝ますが、畳ベッドはフレームに畳が乗っています。

そこにベッドマットレスではなく布団を敷いて寝ます。もちろん布団用のマットレスを使うのは全く問題ありません。

畳ベッドにするメリット

今まで一般的なベッドを使っていた人が畳ベッドに変えるメリットは、「今までと同じスタイルで硬い布団で寝れる」という点。

腰痛の大きな原因は柔らかいマットレスにあります。

理想は表面が柔らかく全体は固いという環境。

表面は体圧分散のために柔らかく、全体的には沈み込みを防止するために固くというスタイルです。

ただ表面は寝心地に直結する部分。

好みが大きく分かれるポイントでもあります。

柔らかさがあまり好きじゃない人にとっては、やはり床に布団を敷くスタイルを好む人もいるはずです。

そういう人には次のような畳ベッドがおすすめです。

収納付きの畳ベッド

畳ベッドはとことん硬い環境で寝たい人に向いています。

でも今まで普通のベッドで寝ていた人にとっては、布団収納という点が変わってきます。

畳ベッドの布団のメンテナンス

基本的にはベッドスタイルでいいのですが、ベッドマットレスと綿の敷布団を比べれると、やはり綿の敷布団のほうが湿気に弱いと言えます。

畳は湿気を逃がしやすい性質がありますが、ベッドマットレスよりはカビに注意する必要が出てきます。

そうすると問題になるのが「布団を収納する場所」ですよね。なので収納付きの畳ベッドにすることでお部屋を広く使えるようにします。

跳ね上げ式なら大容量収納なので、いろんなものをしまうことができ、布団の収納スペースを空けることができます。布団をベッド下に収納するのは湿気がこもるのでオススメしません。

あくまでも布団の収納スペースを空けるために、ベッド下空間を利用するといったスタンスが大事です。

毎日布団を上げるかどうかは住んでる建物の湿気によります。たまに乾かす程度でも問題ないとは思いますが、湿気のこもりやすい環境なら様子を見て適宜乾燥させることが必要になります。

大容量収納な畳ベッド

まとめ

せっかくの睡眠時間なので、脳も体もしっかり休めたいものですよね。

睡眠は毎日のこと。

しかも7時間前後の非常に長い時間です。

少しの差が1~2か月であっという間に大きな違いになっていきます。

腰・ひざが痛い人はローベッドを避け、腰痛持ちの人はマットレス選びも慎重に行うことが大事になります。