インテリアコーディネーター監修

狭い部屋にベッドを置くときの2つ注意点

狭い部屋・寝室にベッドを置くときの2つ注意点

部屋が狭いけど、なんとかベッドを置きたい…と考えてはいないでしょうか。
どれだけ狭い部屋でも、どうにかして「寝る」ことができるようにしなければいけません。

ただ、狭い部屋でベッド選びを誤ってしまうと、生活しにくさが倍増してしまいます。
家具が置けない…ということも十分考えられ、インテリアの配置計画にまで影響してしまいますよね。
最も大きなベッドを決めないと、他の家具も決めることができなくなります。

そこでここでは、狭い部屋に上手にベッドを置くためのポイントを紹介しようと思います。

狭い部屋にベッドを置く2つの大事なポイント

ベッドのような大きな家具を狭い部屋に置くわけなので、相応の準備は不可欠です。
ここでいう準備とは「熟考すること」ですね。

どうすれば少しでも広く使えるか、広く見えるか、動線を確保するにはどう配置すればいいのか…。
いろんなことを想像することが大事です。

  1. ベッドの種類を考える
  2. ベッドのレイアウトを考える

ベッドの種類

狭い部屋に置くに相応しいベッドを選ぶことが、最も大事ポイント。
デザインよりも機能性が重視されるのは言うまでもありません。

どのベッドを選ぶうえでも当てはまるのが「明るい色を選ぶ」という点。
白やナチュラルなど明るい色を選ぶことで、ベッドの大きさを小さく見せることができ、広々した雰囲気になりますよ。

ロフトベッド

狭い部屋にベッドを置くなら、高さを活かすことも重要。
圧迫感が出るのは否めませんが、それ以上に使える空間を増やせるメリットは大きいですよね。

少しでもコンパクトに、そして圧迫感のないロフトベッドを選びたいところ。
そのためには高さと昇降に2点を意識します。

高さ

ロフトベッドと言っても、ベッド下を収納に使える程度の低いタイプから、ウォークインクローゼットのように使える高いタイプまで様々です。
当然、高いほうが見た目の圧迫感や寝た時の天井の近さがあります。

それでも低いタイプはおすすめしません。
ベッド下を収納に使える点でメリットではありますが、そこまでするなら高さをもっと出して、より空間を活かす方がせっかくのロフトベッドが活きてきます。

スーパーハイタイプも選べるカーテン付きロフトベッド「Altura(アルトゥラ)」

例えばこのロフトベッドは、非常に高いタイプが設定にあります。
最も高くすることで、ベッド下空間の高さはなんと175cm。

身長によっては、全くかがむ必要もなくベッド下に入っていけますよね。
収納に使えば、まるでウォークインクローゼット。
ソファやテレビ・デスクを置くことも問題ありません。

どうせならこのくらい高さを出した方が、しっかりロフトベッドのメリットを活かすことができますね。

ハイタイプのあるロフトベッドはこちら

昇降

ロフトベッドの昇降は「はしご」が一般的。
ただ、はしごは思いのほか邪魔になりやすいです。
ベッド下に確保した空間の真ん前にあるので、いちいち外したりしないといけなかったりするんですね。

もう一つの昇降が階段。
昇り降りのしやすさは大きな差がありますが、いかんせんベッドのサイズが大きくなりやすいデメリットがあります。

狭い部屋の場合、基本は「はしご」になります。

ただ、ある程度年を重ねると、はしごがけっこう億劫に。
また酔っぱらう機会が多い人は踏み外す可能性があったり、高さが怖い人は慣れるまでに時間がかかったりします。

確実にスペースはとってしまいますが、お部屋のスペースによっては階段付きという選択肢もないわけではありません。
お部屋のためのベッドではなく、あなたのためのベッドであるべきで、使いやすさも天秤にかけた時に階段のほうがいいというなら、それはそれでいいと思いますよ。

Stevia(ステビア)

この階段付きロフトベッドは、明るいホワイト・ナチュラルを選べるタイプ。
そしてシングルはもちろん、セミダブルも選べる点が特徴です。

大きく、そして圧迫感がでるのはやむを得ません。
でも快適な使い心地と寝心地を確保しつつ、お部屋を広く使うことができますよね。
邪魔なはしごもありません。

単に小さく小さく…というのは誰もが考えることですが、使いやすさと寝やすさを考えた時、一つの可能性として浮上するのではないでしょうか。

階段タイプのロフトベッドはこちら

ソファベッド

寝心地はあまり期待できないものの、狭い部屋にベッドもソファも…という場合に活躍するのが、ソファベッド。
背もたれを倒してベッドとソファを変えるものが多いのですが、狭い部屋には前後に展開するタイプがおすすめです。

前後に展開するソファベッド

Cleobury(クレバリー)

前後に展開するソファベッドはこちら

詳細はページを見ると一目瞭然。
前後にパタパタと展開するタイプの最大のメリットは、ソファの幅を選べる点にあります。

従来の背もたれを倒すタイプは、ソファの幅がベッドの長さになりますよね。
なのであまり短くすることができなく、狭い部屋に幅180cm超えのソファを置くという感じになってしまいます。

対して前後に展開するタイプは、ソファの幅がそのままベッドの幅に。
長さは展開する部分に依存するため、幅に自由が出るんですね。

紹介したソファベッドも、幅95cmを選べばシングルベッドとほぼ同じ幅になり、ソファ時にはコンパクトな一人掛けソファになります。
セミダブル・ダブルも選ぶことができ、ソファベッドながらサイズ感を調整することができます。
狭い部屋に置くには最適なソファベッドですね。

ヘッドレス収納ベッド

狭い部屋と相性抜群なのが「収納ベッド」ですよね。
最近では想像以上に収納できる大容量な収納ベッドもあり、クローゼット一つ分くらいの収納スペースを作ることができます。

ただ、引き出しやチェストタイプ・跳ね上げ式などいろんな種類がある中、おすすめは「チェスト×ヘッドレス」というコンビ。

ヘッドレスなチェストベッド

Renitsa(レニツァ)

ヘッドがないので、ベッドの大きさはすなわちマットレスの大きさ。
必要最低限の大きさなので、とても省スペースに置くことができます。

さらに引き出しが5杯と反対側に収納空間があり、整理しながら、それでいてたっぷりと収納できます。

ベッドの大きさはコンパクトにして省スペース性を重視。
そして収納スペースの増加により、ダブルで部屋を広く使うことができますよね。

このベッドは、すのこ床板仕様で湿気にも強いというハイパフォーマンスなタイプ。
セミシングルを選ぶことで、さらに幅を節約することもできますよ。

ヘッドレスなチェストベッドはこちら

より小さいヘッドレスなチェストベッド

ヘッドレス+ショート丈のコンパクト収納ベッド「Creacion(クリージョン)」

こちらは、ヘッドレスなチェストベッドまでは同じですが、さらに長さがショート丈。
女性向けの超コンパクトな大容量収納ベッドです。

すのこではないものの、こちらもセミシングルがあり、幅も長さも抑えることができます。

もちろん小さくするのは寝やすさが大丈夫と判断できた時。
ベッド下一面が収納スペースになっているので、寝やすさのために大きくすればその分だけ収納スペースも増えることになりますよ。

より小さいヘッドレスなチェストベッドはこちら

低いベッド

ベッドの面積は同じでも、低いフロアベッドにすることで空間を活かすことができます。
開放感があるので、広さは変わらないのにとても広々と感じることができます。

ロフトベッドの逆ですね。

白さで広く感じるフロアベッド

白いローベッド「IDEAL(アイディール)」

フロアベッドでも、わずかに収納できるタイプやヘッドレスのタイプもあります。
しかしながら、わずかな収納では狭い部屋を改善するにはパンチ不足ですし、ヘッドレスのフロアベッドなら次項で紹介する「すのこ」を敷いたほうがよっぽどマシ。
フロアベッドのストロングポイントである「開放感」をより強調できるタイプがおすすめです。

ただでさえ低くて開放的な雰囲気に加え、白という色がまるでベッドの大きさを感じさせませんよね。
視覚的に軽そうに見え、そして壁と同化することで大きさも小さく感じます。

狭い部屋にフロアベッドを置くなら、このような視覚効果を意識する方が活きてきますよ。

白さで広く感じるフロアベッドはこちら

すのこ&布団

部屋が狭い場合は、ベッドをあきらめて布団で寝るのも一考の価値ありです。
ただ、近年ではフローリングの部屋が多く、布団を敷いて寝るスタイルだと難しいことも。

そういうときは、すのこを敷いて解決です。

4つ折りで布団を干せるすのこ

四つ折り桐すのこベッド

狭い部屋の場合は、少しでも小さくなる4つ折りがピッタリ。
二つ折りよりも厚みは出ますが、縦横はとても小さくなり、収納がしやすくなりますよ。

また4つ折りのいいところは、布団との設置面積を減らしながら布団が干せる点。
二つ折りだと全ての面がベッドに触れた状態で干すことになりますが、4つ折りだとほとんど接地面はありませんよね。
よりしっかり乾燥させることができます。

干す機能は使えませんが、敷き布団ではなくマットレスを使うこともでき、ヘッドレスのフロアベッドとして使うこともできますね。

「4つ折りで布団を干せるすのこ」はこちら

折りたたみベッド

手間はあるものの、折りたためばスペースを手軽に広げることのできる折りたたみベッドも、場合によっては選択肢に。
普段は据え置きにし、友人がきた時は折りたたんで広げるといった使い方のほうが良さそうですね。

宮棚×すのこ仕様の折りたたみベッド

Arche(アルシュ)

折りたたみなら宮棚があってもいいかもしれません。
折りたためばスペースは広がります。
物が置けたりコンセント付きだったり、トータルではメリットの方がありそうです。

また、すのこ仕様にしておけば据え置きでも湿気に困ることも減りそうですよね。
白いフレームというのもポイントの一つで、普段も大きさを感じさせずに使うことができますよ。

宮棚×すのこ仕様の折りたたみベッドはこちら

ベッドのレイアウト

狭い部屋に置くベッドの種類に目星を付けたら、今度は配置を考えていきます。
配置の方法は各部屋によってそれぞれなので、一概にこうすべきということは言うことができません。

ただ、セオリーとしては次の4つを気を付けるようにします。

  1. 動線を確保する
  2. ベッドのサイズを小さくする
  3. 細長い部屋
  4. 一番大切なことを犠牲にしない

一つずつ考えていきます。

動線を確保する

ベッドは大きい家具なので、動線をしっかりとれるか確認することが大事。
例えば狭い部屋で起こりがちなのが「ベランダへの動線」です。

窓際に設置したはいいけど、その窓からベランダに行けるようになっていれば、ベッドを横切ることになってしまいます。
フロアタイプの低いベッドなら、まだ我慢できるかもしれません。
でもそこにチェストベッドを置いてしまうと、動線は非常に悪いですよね。

洗濯ものを干すときなどに出番が増えると思いますので、とにかく行ければいいと考えるのか、それともあくまで行きやすくないとイヤだと考えるのか、判断が分かれそうですね。

狭い部屋では「すべてを理想的にする」ことは難しく、必ずどこかを妥協しなければいけないはず。
その妥協点をしっかり探すことも重要になります。

クローゼットのドアにも注意

出入口のドアは気を付けやすいですが、意外と見落としがちなのがクローゼットの扉。
サイズ的には置けても、ドアが開かなくなってしまえばさすがに置けないです。

どうしても難しい場合は、裏技としてクローゼットの扉を外してしまうという荒業も。
賃貸ではしっかり元に戻せるよう、部品の保管や、取り外し状況の動画をとっておくなどの対応が必要です。

頭側と足元では理想の幅が違う

足元のように低い部分ならば、動線は50cmくらいあれば大丈夫です。
ヘッドボードに高さがあれば、動線はもう少し広くしないと通りにくくなるので注意が必要です。

とは言え、狭い部屋ではお部屋の角にベッドを置き、足元か枕元にも家具を置いて横方向一面だけが空いているという配置になることがほとんど。
そういう意味では「通行する」という意味での動線はそこまで問題にはならなそうですね。

ベッドのサイズを小さくする

種類の項でも言及しましたが、狭い部屋の場合は、やっぱり家具はコンパクトなタイプが有利。
何も考えず単に小さくすればいいというわけではないものの、小さいほうが配置しやすいですよね。

ここで言うところのサイズは「縦×横×高さ」の縦と横です。
高さは、配置よりは空間の広さ・開放感に繋がる部分。
高い家具は総じて圧迫感が出やすいデメリットがありますが、狭い部屋ではあえて取り入れることも必要になってくるはずです。

縦=ベッドの長さ

なにも気にしないと、マットレスの長さは195cmになります。
基本サイズという感じですね。

それをフレームに乗せるわけなので、200cmを切れば相当短いタイプと言えそうです。
ヘッドレスや脚付きマットレスなどはそのくらいの長さになるはずです。

長さは身長に依存するので、あなたの身長が165cm未満くらいなら、一般的なマットレスよりも15cm短いショート丈にするのも一つの手。
必要十分な長さなので、お部屋を広く使えるメリットの方が大きくなるのでおすすめです。

ただ、合うリネン類を探す手間が増える難点があります。
掛け布団などはそのままでも問題ありませんが、敷きパッドやボックスシーツは実店舗ではあまり売られていなく、ネットなどの通販がメインになると思います。
ショート丈のベッドはこちら

横=ベッドの幅

幅は、シングルとかセミダブルとか呼ばれるアレですね。
一人用の基本はシングルサイズで、幅90~100cmくらいです。

広いほうが寝やすいと感じる人は、本来セミダブル(幅120cm)くらいで寝たいと考えているかもしれません。
でも狭い部屋の場合は、シングルで我慢するのが無難。
長さが200cmくらいにわたっての「20cmの差」はけっこう大きいです。

逆に、細身な女性はシングルよりもさらに幅のないセミシングルという選択肢もあります。
寸法で言うと80~90cmです。

幅は寝返りに関係するので、あまり寝にくいと感じるならシングルのほうがいいかもしれません。
また、細身でも男性はおすすめしません。
男性は体が細くても案外「肩幅」があるもので、寝返りで回転したときの距離は女性よりも長くなるので、セミシングルだと寝にくくなる可能性が高いです。

セミシングルのベッドはこちら

ショート丈×セミシングル

長さを短くし、幅も狭くすることで、一般的なベッドのサイズ感より大幅に小さくすることができます。
サイズ的に女性・子供限定になりますが、お部屋の居住スペースをグッと広げることができますね。

収納付きの「ショート丈×セミシングル」ベッドはすでに紹介したので、高さを抑えた脚付きベッドを紹介します。

ショート丈&セミシングルが選べる小さめすのこベッド「Pieni(ピエニ)」

例えばこのベッド。
長さはフレームの全長でも185cmしかなく、セミシングルも。
脚の長さを短くして低いタイプにしたり、長めにして収納ケースを入れたりすることもできます。

色も明るいナチュラルとホワイトから選べるので、狭い部屋に置くにはうってつけのベッドですよ。
湿気にも非常に強いタイプですね。

ショート丈×セミシングルの「すのこベッド」はこちら

細長い部屋

狭い部屋と言っても、正方形に近いと配置もしやすいですが、細長い長方形だとなかなか悩んでしまいますよね。
同じ6畳でも、配置の仕方が大きく変わってきそうです。

細長い部屋の場合は、ベッドの向きをまず決めなければいけませんね。
動線を確保しつつ短辺方向に置けるのかが一番のポイント。
置けるならそのほうが使いやすそうです。
もちろんそれぞれの部屋によって変わるのは言うまでもありません。

長手方向にしか置けない場合は、ヘッドボードを仕切り代わりにするのも一つのアイデアです。
寝るスペースと他のスペースを区切ることができれば、狭くてもスッキリした空間になりますよね。

逆にヘッドボードを壁に向けると、お部屋の一体感が出る感じに。
テイストが揃っているなら、見た目はこっちのほうがおしゃれにまとまりそうです。

どちらにせよ、細長い部屋の場合は大きな家具であるベッドを基準にするのが良さそうですね。

仕切りに使いやすいベッド

Mulante(ムランテ)

狭い&細長い部屋なら、パネルタイプの跳ね上げベッドが向いています。
仕切りに使いやすい形状で、ヘッドに厚みがないので全長も抑えることができます。

また、あえて跳ね上げにしたのは、引き出し収納だと必ず「引き出す空間」が必要になりますよね。
細長い部屋だとそのような空間を確保できない可能性もあるので、そういうときは跳ね上げ式です。

マットレスを乗せたまま持ち上げることで、ベッド下全てにアクセスできるため、細長い部屋でも使い勝手がいいですよね。
ホワイトが選べて、さらにセミシングルも選べるこのベッドは、まさにこういう状況にピッタリではないでしょうか。

圧倒的な収納力があるので、お部屋がすっきり整理されますよ。

仕切りに使いやすいベッドはこちら

一番大切なことを犠牲にしない

最後は、少し抽象的な部分。
狭い部屋にベッドを置くためにいろいろ考えるのは、けっこう骨の折れる作業ですよね。

でも個人的には「お部屋のためのベッド」ではなく「あなたのためのベッド」であってほしいと感じます。
お部屋に置けないベッドはもちろん論外ではありますし、確実に何かを我慢し、妥協する必要もあるはず。

でも、その狭い部屋であなたが暮らすために、一番大切にしていることはなるべく犠牲にしてほしくはないと思います。
テレビを見るのが好きなら、テレビが見にくくなりそうなベッドは避ける。
寝ることが大切と考えるなら、サイズを小さくしすぎない。

他の家具との兼ね合いも含めてですが、あなたが一番大切にしたいことは何かを考え、それを優先させるベッド選び・レイアウトを考えることも、とても重要なポイントだと思います。

むしろそれを基準にして、全ての家具を考えていくという発想でもいいかもしれませんね。

まとめ

狭い部屋に、最も大きな家具であるベッドを置くのは、考えるだけでイヤになるかもしれません。
でも、様々なことを想定し、あなたが一番やりたいことを優先し、ピタッとはまったベッド選びができた時には本当に嬉しい気分になるはず。

狭い部屋だからこそ、アイデアを振り絞って考える必要がありますよね。
逆に、それも狭い部屋で快適に暮らす「楽しみの一つ」ではないでしょうか。