インテリアコーディネーター監修

狭い部屋に合うベッド おすすめ10コ

狭い部屋に合うベッド おすすめ10コ

お部屋が狭くて、どんなベッドを置けばいいのか悩んではいないでしょうか。
ベッドにしろ敷布団にしろ、狭くても寝床は用意しなければいけません。

でもお部屋が狭いだけに、ベッド選びに失敗すると大きな痛手に…。
そこでここでは、狭い部屋に合うおすすめのベッドを紹介しようと思います。

ベッドの種類で機能性が変わる

狭い部屋に置くに相応しいベッドを選ぶことが、最も大事なポイント。
デザインよりも機能性が重視されるのは言うまでもありませんよね。

ベッドはフレームで機能性が大きく変わるので、次の6つのタイプから紹介しようと思います。

  1. ロフトベッド
  2. ソファベッド
  3. 収納ベッド
  4. フロアベッド
  5. すのこ×敷布団
  6. 折りたたみベッド

また、どのベッドを選ぶうえでもおすすめなのが「明るい色を選ぶ」という点。
白やナチュラルなど明るい色を選ぶことで、ベッドの大きさを小さく見せることができ、広々した雰囲気になりますよ。

それぞれのおすすめを紹介していきます。

ロフトベッドでスペースを増やす

狭い部屋にベッドを置くなら、高さを活かすことも重要。
圧迫感が出るのは否めませんが、それ以上に使える空間を増やせるメリットは大きいですよね。

少しでもコンパクトに、そして圧迫感のないロフトベッドを選びたいところ。
そのためには高さと昇降の2点を意識します。

ベッド下空間を広く使いたいなら「Altura(アルトゥラ)」

ロフトベッドと言っても、ベッド下を収納に使える程度の低いタイプから、ウォークインクローゼットのように使える高いタイプまで様々。
当然、高いほうが見た目の圧迫感や寝た時の天井の近さがあります。

それでも狭い部屋には低いタイプはおすすめしません。
ベッド下を収納に使える点でメリットではありますが、そこまでするなら高さをもっと出して、より空間を活かす方がせっかくのロフトベッドが活きてきます。

スーパーハイタイプも選べるカーテン付きロフトベッド「Altura(アルトゥラ)」

例えばこのロフトベッドは、非常に高いタイプが設定にあります。
最も高くすることで、ベッド下空間の高さはなんと175cm。

身長によっては、全くかがむ必要もなくベッド下に入っていけますよね。
収納に使えば、まるでウォークインクローゼット。
ソファやテレビ・デスクを置くことも問題ありません。

狭い部屋ならこのくらい高さを出した方が、しっかりロフトベッドのメリットを活かすことができますね。

【価格】
税込み価格円~

Altura(アルトゥラ)はこちら

昇降しやすさ重視ならStevia(ステビア)

Stevia(ステビア)

ロフトベッドの昇降は「はしご」が一般的。
ただ、はしごは思いのほか邪魔になりやすいです。
ベッド下に確保した空間の真ん前にあるので、いちいち外したりしないといけなかったりするんですね。

もう一つの昇降が階段。
昇り降りのしやすさは大きな差がありますが、いかんせんベッドのサイズが大きくなりやすいデメリットがあるため、狭い部屋の場合、基本は「はしご」になります。

ただ、ある程度年を重ねると、はしごがけっこう億劫に。
また酔っぱらう機会が多い人は踏み外す可能性があったり、高さが怖い人は慣れるまでに時間がかかったりします。

確実にスペースはとってしまいますが、お部屋のスペースによっては階段付きという選択肢もないわけではありません
お部屋のためのベッドではなく、あなたのためのベッドであるべきで、使いやすさも天秤にかけた時に階段のほうがいいというなら、それはそれでいいと思いますよ。

単に小さく小さく…というのは誰もが考えることですが、使いやすさと寝やすさを考えた時、一つの可能性として浮上するのではないでしょうか。

【価格】
税込み価格円~

Stevia(ステビア)はこちら

ソファベッドなら「ソファ」も「ベッド」も置ける!

寝心地はあまり期待できないものの、狭い部屋にベッドもソファも…という場合に活躍するのが、ソファベッド。
背もたれを倒してベッドとソファを変えるものが多いのですが、狭い部屋には前後に展開するタイプがおすすめです。

前後に展開するソファベッド「Cleobury(クレバリー)」

Cleobury(クレバリー)

前後にパタパタと展開するタイプの最大のメリットは、ソファの幅を選べる点にあります。

従来の背もたれを倒すタイプは、ソファの幅がベッドの長さになりますよね。
なのであまり短くすることができなく、狭い部屋に幅180cm超えのソファを置くという感じになってしまいます。

対して前後に展開するタイプは、ソファの幅がそのままベッドの幅に。
長さは展開する部分に依存するため、幅に自由度が増します。

紹介したソファベッドも、幅95cmを選べばシングルベッドとほぼ同じ幅になり、ソファ時にはコンパクトな一人掛けソファになります。
セミダブル・ダブルも選ぶことができ、ソファベッドながらサイズ感を調整することができます。
狭い部屋に置くには最適なソファベッドですね。

【価格】
税込み価格円~

Cleobury(クレバリー)はこちら

ヘッドのないベッドで省スペース性を重視!

狭い部屋と相性抜群なのが「収納ベッド」ですよね。
最近では想像以上に収納できる大容量な収納ベッドもあり、クローゼット一つ分くらいの収納スペースを作ることができます

さらにヘッドのないコンパクトな収納ベッドなら、省スペースさと収納力が合わさり、狭い部屋に最適なベッドになります。

通気性を気にするなら「Renitsa(レニツァ)」

Renitsa(レニツァ)

ヘッドがないので、ベッドの大きさは、すなわちマットレスの大きさ。
必要最低限の大きさなので、とても省スペースに置くことができます

さらに引き出しが5杯と反対側に収納空間があり、整理しながら、それでいてたっぷりと収納できます。

ベッドの大きさはコンパクトにして省スペース性を重視。
そして収納スペースの増加により、ダブルで部屋を広く使うことができますよね。

このベッドは、すのこ床板仕様で湿気にも強いというハイパフォーマンスなタイプ。
セミシングルを選ぶことで、さらに幅を節約することもできますよ。

【価格】
税込み価格円~

Renitsa(レニツァ)はこちら

女性でもっと小さいベッドを希望するなら「Creacion(クリージョン)」

ヘッドレス+ショート丈のコンパクト収納ベッド「Creacion(クリージョン)」

こちらは、ヘッドレスなチェストベッドまでは同じですが、さらに長さがショート丈。
女性向けの超コンパクトな大容量収納ベッドです。

すのこではないものの、こちらもセミシングルがあり、幅も長さも抑えることができます。

もちろん小さくするのは寝やすさが大丈夫と判断できた時。
ベッド下一面が収納スペースになっているので、大きくすればその分だけ収納スペースも増え、小さくすればコンパクトに置けますよ。

【価格】
税込み価格円~

Creacion(クリージョン)はこちら

低いベッドで開放感を出す

ベッドの面積は同じでも、低いベッドにすることで縦の空間を活かすことができます。
開放感があるので、広さは変わらないのにとても広々と感じることができますよ。

ロフトベッドの逆ですね。

とにかく開放的な雰囲気にしたいなら「IDEAL(アイディール)」

白いローベッド「IDEAL(アイディール)」

フロアベッドのメリットである「開放感」をより強調するなら、真っ白いベッドがおすすめ。
ただでさえ低くて開放的な雰囲気なのに、白という色がまるでベッドの大きさを感じさせませんよね。
視覚的に軽そうに見え、そして壁と同化することで大きさも小さく感じます。

狭い部屋にフロアベッドを置くなら、このような視覚効果を意識する方が活きてきますよ。

【価格】
税込み価格円~

IDEAL(アイディール)はこちら

安く用意するなら「すのこ&布団」がおすすめ

部屋が狭い場合は、ベッドをあきらめて布団で寝るのも一考の価値ありです。
ただ、近年ではフローリングの部屋が多く、布団を敷いて寝るスタイルだと難しいことも。

そういうときは、すのこを敷いて解決です。

布団を手軽に干したいなら「四つ折り桐すのこベッド」

四つ折り桐すのこベッド

狭い部屋の場合は、少しでも小さくなる4つ折りがピッタリ。
二つ折りよりも厚みは出ますが、縦横はとても小さくなり、収納がしやすくなりますよ。

また4つ折りのいいところは、布団との設置面積を減らしながら布団が干せる点。
二つ折りだと全ての面がベッドに触れた状態で干すことになりますが、4つ折りだとほとんど接地面はありません。
よりしっかり乾燥させることができます。

干す機能は使えませんが、敷き布団ではなくマットレスを使うこともでき、ヘッドレスのフロアベッドとして使うこともできますね。

【価格】
税込み価格円~

「四つ折り桐すのこベッド」はこちら

臨機応変にスペースを広がれらる折りたたみベッド

手間はあるものの、折りたためばスペースを手軽に広げることのできる折りたたみベッドも狭い部屋にはおすすめ
普段は据え置きにし、友人がきた時は折りたたんで広げるといった使い方が良さそうですね。

通気性も重視するならすのこ仕様の「Arche(アルシュ)」

Arche(アルシュ)

折りたためばスペースは広がるので、折りたたみベッドなら宮棚付きがおすすめ。
物が置けたりコンセント付きだったり、トータルではメリットの方がありますよね。

また、すのこ仕様にしておけば据え置きでも湿気に困ることも減りそうですよね。
白いフレームというのもポイントの一つで、普段も大きさを感じさせずに使うことができますよ。

【価格】
税込み価格

Arche(アルシュ)はこちら

細長い部屋に置きやすいベッド

お部屋が細長い形状で広さもない場合は、配置が難しいですよね。
長手方向に置く場合と、短手方向に置く場合におすすめのベッドを紹介します。

長手方向に置くなら仕切りに使える「Mulante(ムランテ)」

Mulante(ムランテ)

狭い&細長い部屋なら、パネルタイプの跳ね上げベッドが向いています。
仕切りに使いやすい形状で、ヘッドに厚みがないので全長も抑えることができます

また、あえて跳ね上げにしたのは、引き出し収納だと必ず「引き出す空間」が必要になりますよね。
細長い部屋だとそのような空間を確保できない可能性もあるので、そういうときは跳ね上げ式です。

マットレスを乗せたまま持ち上げることで、ベッド下全てにアクセスできるため、細長い部屋でも使い勝手がいいですよね。
ホワイトが選べて、さらにセミシングルも選べるこのベッドは、まさにこういう状況にピッタリではないでしょうか。

圧倒的な収納力があるので、お部屋がすっきり整理されますよ。

【価格】
税込み価格円~

Mulante(ムランテ)はこちら

短手方向に置くなら丈の短い「Pieni(ピエニ)」

ショート丈&セミシングルが選べる小さめすのこベッド「Pieni(ピエニ)」

長さはフレームの全長でも185cmしかなく、セミシングルも選択可能。
脚の長さを短くして低いタイプにしたり、長めにしてベッド下に収納ケースを入れたりすることもできます。

ショートベッドにすることで、短い方向にもベッドを置くことができ、さらに幅も狭くすることができるため、一般的なベッドのサイズ感より大幅に小さくなります。
サイズ的に女性や子供限定になりますが、お部屋の居住スペースをグッと広げることができますね。

色も明るいナチュラルとホワイトから選べるので、狭い部屋に置くにはうってつけのベッドですよ。
湿気にも非常に強いタイプですね。

【価格】
税込み価格円~

Pieni(ピエニ)はこちら

まとめ

こちらも合わせて参考にしてください。

狭い部屋にベッドを置くときに気を付けるべき2つの注意点狭い部屋にベッドを置くときに気を付けるべき2つの注意点
  • 居住スペースを広げたいならロフトベッド
  • ソファもいっしょに置きたいならソファベッド
  • 物を整理整頓したいなら収納ベッド
  • 開放感重視ならフロアタイプか敷布団×すのこ
  • スペースを広げたいなら折りたたみベッド
  • 細長いお部屋ではヘッドを仕切り代わりに
  • ショート丈なら短い方向にも置くことができる