インテリアコーディネーター監修

パイプベッドのおすすめ10選&寝心地を劇的に良くする2つの簡単なデメリット解消法

パイプベッドのおすすめ10選&寝心地を劇的に良くする2つの簡単なデメリット解消法

パイプベッドを買いたいけど

安いから寝心地が悪いんじゃないだろうか…

と悩んではいないでしょうか。
安いには理由があるため、やっぱりパイプベッドにもデメリットはあります。

でも使い方と工夫次第では、寝心地や雰囲気をグッと良くすることができ、「安いのに寝心地のいいベッド」に変えることができます。

ここでは、パイプベッドのデメリットとその対処法、そしてあなたにピッタリなおすすめを紹介しようと思います。

パイプベッドとは…
中が空洞のスチール素材でできたベッド。鉄製でも軽くて扱いやすい。無機質な印象は否めませんが、スタイリッシュな一面もあります。通気性がよく、リーズナブルな価格も特徴です。

パイプベッドの2大デメリット

パイプベッドの2大デメリット

パイプベッドには「寝心地」「きしみ音」という二つの気になる点がありますよね。
ほかにも耐荷重の低さや見た目の弱さ・無機質な感じなどもデメリットですが、なにより気になるのは

  • ゴツゴツして寝心地が悪いんじゃないだろうか…
  • ギシギシきしんでうるさいのではないだろうか…

という2点だと思います。

寝心地は使い方で大きく変わる

寝心地に関しては、実はデメリットというわけではなく、使い方次第
パイプベッドに多い「メッシュ状」の床板に、直に敷布団を敷いて寝ると寝心地は悪くなります。

パイプベッドに多い「メッシュ状」の床板

  • メッシュ床板には、ベッド用のコイルマットレスを使う
  • 敷き布団で寝たい場合は、ウレタンマットレスを間に一枚挟む

床付き感をなくせば、パイプベッドでも高級な木製ベッドでも大差はありません。
パイプベッドだから寝心地が悪いというのは、全く関係がないことなんですね。

ベッド用のコイルマットレスを使う

きしみ音は工夫して解決する

パイプベッドにとっては、寝心地よりも「きしみ」のほうが天敵です。
まさにパイプベッドだからこそのデメリットで、ギシギシ音はとても不快な気分になりますよね。

木製でもきしみ音はしますが、パイプ製は木製よりもきしみやすく、しっかり対処していきたいところです。

パイプベッドがきしみやすい理由

きしみ音は「物がこすれて出る音」です。
ベッドにおいては「部材の接合部」と「床との接地面」がもっともきしみやすい部分。

「部材の接合部」と「床との接地面」

パイプベッドは素材が金属のため、ネジの接合部や床との接地面に隙間ができやすいと言えます。
木製はわずかながら弾力性があり、ネジをギュッと締めることで隙間もなくなります。

もちろんパイプベッドの製造は機械で行われていますが、それでも1mmの誤差までなくすことは不可能ですよね。
きしみ音は1mmのすきまでも出てしまうので、安いパイプベッドだからきしみやすいとか、高級なタイプはきしみにくいということは、そこまで大きく差がありません。
多少は出てしまいますけどね。

パイプベッドのきしみに関しては、こちらも合わせて参考にしてください。
【これで完璧!】パイプベッドのきしみ音を解消して快眠できる5つのポイント【これで完璧!】パイプベッドのきしみ音を解消して快眠できる5つのポイント

パイプベッドのメリット

パイプベッドのメリット

パイプベッド独自の弱点とその解決法を紹介してきましたが、もちろんメリットもあります。
安いというメリットが目立つのは仕方ないとして、それ以外では「通気性の良さ」や「軽さ」が非常にポイント高いです。

パイプベッドは通気性がいい

パイプベッドは通気性がいい

パイプは丈夫なので使う部材を少なくすることができ、結果、フレームはいい意味で「スカスカ」です。
非常に通気性が良く、カビの心配が尽きないベッド周りに関しては大きなメリットと言えますよね。
カビに敏感に反応してしまう人も安心して使うことができます。

カビは寝具だけじゃなく、実は、木にも生えてきます。
が、スチールにはカビは生えません
スチールの表面の汚れにはカビは生えますが、木製ベッドと比べると、フレーム自体へのカビもかなり軽減できます。

パイプベッドは軽い

パイプベッドは軽い

もう一つメリットとして大きいのは、パイプベッドはとても軽量だということ。
重そうなイメージはあるかもしれませんが、パイプの中身は空洞なので、想像以上に軽いです。

模様替えが好きな人や、徹底的に掃除機をかけたい人も、とても楽にできますよ。

あなたに合ったパイプベッドを選ぼう

パイプベッドとは言え、意外と種類もあり、選び方も様々。
自分に合っていて満足感のあるベッドを選ぶことが、何より大切です。

使い勝手に満足できないと、不思議と寝心地も悪く感じるもの。
いろんな状況にピッタリなパイプベッドを紹介していきます。

お部屋を広く使いたいならパイプロフトベッド「Altura(アルトゥラ)」

スーパーハイタイプも選べるカーテン付きロフトベッド「Altura(アルトゥラ)」

ベッド下を有効に活かせるため、お部屋が狭くて悩んでいる人におすすめ。
圧迫感は出てしまうものの、使えるスペースを物理的に広げることができるため、一人暮らしや実家暮らしの人に向いています。

Altura(アルトゥラ)は、ロフトベッドの中でも非常に高いタイプを選べるのが特徴。
ベッド下の高さが最大で175cmになり、男性でもかがまないで入れるほど。

色をホワイトにし、高さを一般的なタイプにすれば、女性にも使いやすいロフトベッドになります。
カーテンやハンガーポールも付いているので、ウォークインクローゼットのように使うこともできますよ。

サイズシングル
幅97cm×長さ220cm×高さ150・175・205cm
マットレス付き
ダークブラウン
ホワイト
コンセント
耐荷重90kg
価格目安価格円~

安いというメリットを活かせる格安パイプベッド 2モデル

せっかく安いのがメリットなので、激安系パイプベッドを2つ紹介します。

使い勝手重視なら「宮棚付きのパイプベッド」がおすすめ

高さが選べる!インテリアに合わせやすい宮棚付きパイプベッド

ベッド周りでの使い勝手を重視するなら、宮棚付きのパイプベッドがおすすめ。
ちょっと置けるスペースがあるだけで、使い勝手がグッと良くなります

長さが出てしまうものの、目覚まし時計やメガネ・ティッシュ・スマホ…などを手軽に置けるのは非常にメリットが大きいですよ。

サイズシングル
幅94cm×長さ212cm×高さ67.5cm
マットレス付き×
ブラック
ホワイト
コンセント×
耐荷重100kg
価格目安価格円~

省スペースに置きたいならシンプルデザインの「Chess(チェス)」

激安パイプベッド「Chess(チェス)」

少しでも省スペースにベッドを置きたいなら、棚なしのシンプルな形状にすることが大事。
Chess(チェス)は、棚などはないものの、お部屋の角にピッタリ置けるデザインが特徴です。

シンプルゆえに軽く、組み立てや移動・解体も楽にできます。
メッシュ床板をひょいっと持ち上げれば、簡単にベッド下の掃除機がけも可能。

無駄のないシンプルさが魅力ですよ。

サイズシングル
幅97.7cm×長さ205cm×高さ60cm
マットレス付き×
ブラック
ホワイト
×
コンセント×
耐荷重100kg
価格目安価格円~

おしゃれなパイプベッド男女別 3選

パイプベッドでもおしゃれなデザインはいっぱいあります。
インテリアは男性と女性で大きく異なるので、男性向け・女性向け・男女ともに使えるタイプと3つに分けて紹介します。

男性におすすめ!かっこいいフロアパイプベッド「Legacy(レガシー)」

スチール製のローベッド「Legacy(レガシー)」

低くてどっしりとしたフォルムと、黒光りしたスタイリッシュさが魅力の、床置きタイプのパイプベッド。
体格のいい男性でもゆったり身を預けることができる安定感があり、棚・コンセント付きなのも嬉しいところ。

床にどっしりと置くタイプは通気性が悪い傾向にありますが、Legacy(レガシー)はマットレスの下はもちろん、前後左右も空いているため、通気性はバッチリ。
寝た時に感じる広々とした天井の高さは、フロアタイプ独自の魅力ですよ。

サイズ・シングル
幅109cm×長さ227cm×高さ49cm
・セミダブル
幅129cm×長さ227cm×高さ49cm
マットレス付き
ブラック
コンセント
耐荷重・シングル:120kg
・セミダブル:200kg
価格目安・シングル:価格円~
・セミダブル:価格円~

女性におすすめ!大人可愛いパイプベッド「Cherie share(シェリー・シェア)」

Cherie share(シェリー・シェア)

大胆なデザインが印象的な、女性向けパイプベッド。
アイアン風なクルクルッとした装飾がとっても可愛いですね。

ソファとして腰をかけたり、2段階の高さ調節もできるためベッド下を収納に使ったりできます。
なにより、素敵なデザインが一番の魅力ですね。

サイズシングル
幅104.5cm×長さ203cm×高さ96・112cm
マットレス付き×
ブラック
ホワイト
×
コンセント×
耐荷重120kg
価格目安価格円~

男女関係なく使えるオシャレなパイプベッド「Sidonia(シドニア)」

Sidonia(シドニア)

パイプベッドに「木」のアクセントを付けた、おしゃれなデザインが魅力。
武骨で無機質なフレームに、ナチュラル感のある「木」を巧みに使ったハイセンスな一台です。

置くだけで様になる存在感があり、このベッドにインテリアを合わせていくのもおすすめ。
「パイプベッドはダサい」という固定観念を打ち砕く、スタイリッシュなモデルですよ。

サイズ ・シングル
幅105cm×長さ204cm×高さ85cm
・セミダブル
幅125cm×長さ204cm×高さ85cm
・ダブル
幅145cm×長さ204cm×高さ85cm
マットレス付き
シルバーアッシュ
×
コンセント×
耐荷重 ・シングル:120kg
・セミダブル:120kg
・ダブル:200kg
価格目安 ・シングル:価格円~
・セミダブル:価格円~
・ダブル:価格円~

ベッド下にたっぷり収納したいなら「SECT(セクト)」がおすすめ

SECT(セクト)

ベッドのような大きな家具だと、少しでもベッド下を活かしたいものですよね。
収納量を増やすなら高さを意識するのがポイント。

SECT(セクト)は衣装ケースなどに合わせて3段階に高さを調整でき、最大限スペースを活用することができます
お揃いのケースを並べれば、見た目もスッキリ。
服がいっぱいで収納場所がない…という女性にもおすすめですよ。

サイズシングル
幅100cm×長さ218cm×高さ80cm
マットレス付き×
ホワイト
×
コンセント×
耐荷重100kg
価格目安価格

兄弟のお部屋にはコスパのいいパイプ二段ベッド「Larch(ラーチ)」

すっきりシンプルなパイプ二段ベッド「Larch(ラーチ)」

兄弟で一つの部屋で寝るなら、やっぱり使いやすいのが二段ベッド。
パイプ素材の二段ベッドだと、木製と比べ非常にコスパが良く、格安で二人分の寝床を用意することができます

パイプは強度があるので耐震性も高く、さらにLarch(ラーチ)は、10本の支柱で床板を補強済み。
上限段それぞれで耐荷重が100kgもある、しっかりした作りです。

上下を分けて2台のベッドとしても使えるため、長く愛用できますよ。

サイズシングル
幅103.5cm×長さ204.5cm×高さ161.5cm
マットレス付き×
ブラック
シルバー
ブラウン
ホワイト
×
コンセント×
耐荷重各段100kg
価格目安価格

少しでもきしみ対策がしたいならパイプすのこベッド「Elmer(エルマー)」

Elmer(エルマー)

パイプベッドのメッシュ床板は、丈夫で通気性が良く、とても優れています。
が、難点はきしみ音が出やすい点。
人間の全体重を毎日受けるわけなので、どうしても弱くなってしまいます。

Elmer(エルマー)は、通気性はそのままに、きしみにくいすのこを使用。
メッシュよりも部材が接触する部分が少なく、ギシギシする可能性が減ります

少しでもきしみを抑えたい人におすすめですよ。

サイズシングル
幅102cm×長さ215.5cm×高さ82.5cm
マットレス付き×
ブラック
ホワイト
コンセント
耐荷重110kg
価格目安価格

姫系のインテリアにはカーテン付きも選べる「Elise(エリーゼ)」

エレガントな姫系天蓋付きベッド「Elise(エリーゼ)」

子供に可愛いプリンセス系ベッドを買ってあげたいなら、Elise(エリーゼ)がおすすめ。
これぞ「お姫様ベッド」というデザインで、天蓋カーテン付きも選ぶことができます。

天蓋なしでも姫系スタイルは変わらず、女の子の部屋に置きやすい可愛いデザイン
シーツやカバーの色で、エレガント系にもキュート系にもできますよ。

サイズシングル
幅103cm×長さ206cm×高さ98cm(天蓋付きは200cm)
マットレス付き
ホワイト
×
コンセント×
耐荷重90kg
価格目安価格円~

まとめ

「パイプベッド=寝心地が悪い」というのは、価格が安いことによる錯覚です。
寝心地が悪いから安いわけではなく、パイプベッドの材料費や加工費などが安いだけ。

パイプベッドでもマットレスや敷布団の使い方で、何の違和感もなく眠れますよ。

パイプベッドの寝心地を良くする方法 まとめ
  • 床付き感をなくせば寝心地は良くなる
  • きしみは工夫で対処できる
  • 通気性の良さと軽い点がメリット
  • 自分にあったパイプベッドを選ぼう