インテリアコーディネーター監修

フローリングにマットレスを直置きするとカビる2つの原因

フローリングにマットレスを直置きするとカビる2つの原因

ベッド用のスプリングマットレスは厚みもあり、それ自体がクッション性に優れているので、ベッドフレームを置かず床に直置きしている人もいると思います。

敷布団ではなくマットレスを敷いて寝てるという感覚ですね。
ウッドスプリングじゃない限り、寝心地はフレームに乗せているのとほとんど変わらないので、省スペース的にもそのようにしている人もいるはず。

でも「フローリングにマットレス直置き」はとてもカビが生えやすく、実はけっこうマズイ状況と言えます。

ベッドフレームとフローリングは違う

フレームに乗せても乗せなくても、寝心地は大きく変わりません。
でも形状が違えばカビの発生する原因が変わってきます。
根本的に湿気が大きな要因であることは変わりありませんが、湿気の原因が変わってくるので注意点も変わってきます。

フレームとフローリングの違い

ではフレームに乗せていないと、どのように変わるでしょうか。

フレームに乗せて使っていると湿気の原因は単に部屋の湿度や寝汗などが主な原因。
季節によって湿度は大きく異なり、梅雨時期や夏場は湿度が上がります。

また寝汗も夏場はグッと増えます。
気温の上昇もそうですし、飲む水分の量も増えますよね。

なので全く同じ自然発生的な条件の寝室なら、夏場のほうがカビやすくなります。

フローリングの特徴

対してフローリングに直置きしている場合、上記のポイントに加え「結露」という大きな問題が出てきます。
フレームに乗せていれば、マットレスが触れている部分はフレームなので、結露が発生することは少なくなります。

ところがフローリングは季節によって温度が大きく変わります。
当然冬になると冷たくなりますよね。
でも寝ている時の布団内の温度はある程度同じ。
人間が心地よいと感じる温度は大体いっしょです。

すると冬になるとマットレスとフローリングに大きな温度差が生じることになり、それが結露の大きな原因になってしまいます。
結露は寝汗以上に湿気を増やすので、フローリングに直置きしていると反対に冬のほうがカビが生えやすくなります。

さらに冬に加湿器を使う場合、毎日メンテナンスしてもカビが生えてくる可能性はグッと高まってしまいます。

カビが生えてくるかは人それぞれ

同じ使い方をしても、ある人はカビが生えてきた、またある人はカビは生えてこなかったと様々です。
これは湿気の多い少ないは使い方よりも使用環境で大きく変わることを意味します。

部屋の湿度を変える要因

湿度が上がりやすい環境ほどカビは生えやすいと言えます。
では湿度はどのような条件で変わるでしょうか。

  1. 季節
  2. 地域
  3. 建物
  4. 体質
  5. 使い方

季節

夏場は湿度が高く、冬場は低くなります。
ただ夏場はよく窓を開けますが、冬場は窓をあまり開けません。
夏場は窓を開けても外気の湿気が高いので大きく変わりませんが、冬はもし部屋の湿気が増えても窓を開けないので逃げにくいという側面があります。

「寒いから暖房⇒暖房により乾燥⇒加湿器で湿度を上げる」というのはよくあること。
窓を開けないと湿度がこもりやすいということを忘れないようにしたいところです。

地域

日本は縦長の国。
基本的には高温多湿な気候ですが、北海道と沖縄では湿度がまるで違います。

また盆地では湿度が上がりやすく、平地は下がりやすいです。
風の強い地方では上がりにくく、風の弱い地方は上がりやすいとも言えます。

建物

建物の構造は非常に大きなポイント。
特に新築の鉄筋コンクリート造の建物は非常に湿気がこもりやすい建物と言えます。
気密性が高いというメリットは、湿気が逃げにくいというデメリットに変わる可能性があるのです。

また窓の数や位置も風通しに大きく影響し、部屋の方角・窓の方角によって日当たりが大きく変わります。
建物の1階は日当たりも悪くなりがちで、風も通りにくいものです。

体質

寝汗の多い人と少ない人で湿度が同じわけありませんよね。
汗かきの人はカビが生えやすいと言えます。

また風邪を引きやすいひとは空気の乾燥に敏感になっているでしょう。
花粉症やホコリ等のアレルギーのある人は、窓を開けることに敏感になっているかもしれません。

使い方

ベッドフレームにマットレスを置くか、直にマットレスを置くかで湿気が増える原因が違うのは前述の通り。

ただし直に置いた場合は、湿気の要因が増えるのでカビが生えやすくなると言えます。
どれだけメンテナンスをするか、どれだけ掃除機でカビのエサであるほこりを除去するかも大きな分かれ目です。

カビに湿気は厳禁!賢い3つの対策方法

マットレスとフローリングの間に湿気がたまると、すぐさまカビが生えてきます。
敷き布団と違い、マットレスはメンテナンス性が良くないため、より可能性は高まりますよね。

対処法としては

  1. 結露・寝汗どちらも
  2. 結露対策
  3. 寝汗対策
の3つに分けて考えるとイメージしやすいと思います。

すのこベッドに乗せるのが正解

マットレスを直置きじゃなく「すのこ」に乗せるのが、最も効果的。
高さのないすのこベッドなら、見た目にもほとんど変わらない環境ですよね。

桐の折りたたみすのこベッド「AIR PLUS(エアープラス)」

マットレスの下に空間ができるため、マットレスの温かみが床に伝わらず結露を防ぐことができ、空気の流れができるので寝汗も効率よく分散できますね。

このわずかな工夫で、カビの生えやすさに雲泥の差が出ると言っても過言ではありませんよ。

おすすめの「すのこベッド」はこちら

一戸建てじゃなくても和室は作れる

結露を防ぐなら、寝具よりも床。
床をフローリングじゃないものにするのがおすすめです。
結露の原因は「温度差」。
寝具は人の体温を考えると下げることはできないため、反対に床を温かいものにするのが筋ですね。

置き畳などを使えば、賃貸でも洋室を手軽に和室に変えることができますよね。
また、和室のない一戸建て住宅も同じです。
床の素材を「木」から「い草」に変えることで、マットレスとの温度差が減り、結露を防ぐことができます。

もっと手軽な方法として「カーペット」「い草ラグ」「コルクマット」などを使う方法も。
つまりは温度差を減らせばいいわけで、フローリングよりも温かくなりそうなものを敷けばいいというわけですね。

注意点として、敷き布団は頻繁に上げ下げしますが、マットレスは重いため置きっぱなしになることが多いはず。
少しでも通気性を良くするという意味で「置き畳」をはじめに推奨しましたが、結露を防いでも寝汗などによる湿気には対応できないので注意が必要ですね。

やさしいコルクマット

ジョイントマット系なら、万が一カビが生えてしまっても「その部分だけ」取り替えることができるため、賢い選択と言えそうですね。

コルクマットはこちら

寝汗対策は羊毛入り寝具で

一戸建ての二階や、賃貸でも上階に住んでいる場合は、「階下の室温」により床が温められ、意外と結露が起きないということもあると思います。
そういう時は寝汗などをしっかり対策したいところですね。

一番の問題点は「フローリングとマットレスの隙間」なので、いかにそこが湿気らないようにするかを考えます。
おすすめは「敷きパッド+除湿マット」の二段構えによる方法。

敷きパッドを、調湿性が期待できる羊毛入りにし、こまめに洗濯して寝汗をしっかり吸収できるようにします。
ウールは寝具に最適な特徴があり、調湿性が高いので「夏は涼しく、冬は温かく」眠ることができます。

さらにマットレスとフローリングの間に「除湿マット」を敷きます。
湿気を吸収してくれるマットで、天日干ししたら再び吸水力が復活し何度でも使えます。

敷きパッドで直接湿気を吸収し、そこで逃した湿気を除湿マットで吸収するというイメージですね。
この二段構えにより、通気性が良くなくても湿気を抑えることができます。

敷きパッドはシーツと組み合わせて使うことで、衛生面でも見た目にもバッチリ。
除湿マットは、バスタオルや新聞紙でも代用できます。
新聞紙の場合は、あまり湿気を吸いすぎると字がフローリングに移ってしまう可能性があるので要注意ですね。

布団・ベッドの湿気対策に!「快眠さらさら除湿シート」

専用のマットなら、フローリングとマットレスの隙間はもちろん、敷きパッドと二枚重ねで使ったり、押し入れの吸水に利用したり、湿気の高い住まいではいろんな場所で活躍するので、一枚あったら本当に心強いですよ。

除湿マットはこちら

湿気対策は腰痛対策にもなる

ちょっと番外編という感じですが、湿気対策をすると「腰痛対策」にもなることはあまり知られていないと思います。

マットレスや寝具・フローリングのカビを防ごうと、湿気対策を行いますよね。
すると寝具はいつも湿気が少なくサラサラになります。

経験則でイメージできると思いますが、湿気を帯びているものって、とても冷たくなりやすいですよね。
マットレスも同じで、ジメジメと湿気のあるマットレスはひんやりとしやすいため、いくら掛け布団をかけても腰が冷えやすくなります。

「冷える=血流が悪くなる=栄養が回りにくい」という連鎖により、腰痛が出やすくなります。
そういう意味で、湿気対策はそのまま腰痛対策にも繋がるんですね。

寝具が合っていなくて腰が痛くなっていると思いきや、案外、湿気による「冷え」が原因という可能性も。
腰痛が気になる人は、腰痛対策をする前に、徹底的に「湿気対策」をしてみてはどうでしょうか。

意外と腰がラクになるかもしれませんよ。

まとめ

フローリングにマットレスを直置きするのは、寝ることは問題なくできますが衛生的にはおすすめできない方法。

カビはマットレスの裏側なので、特に悪影響の出ない体質ならあまり気にならないかもしれません。
でも最低限マットレスとフローリングの間に、フレームなり「すのこ」なりあって欲しいものです。
それだけでカビの発生は大きく減りますよ。

さらに若干の高さがあれば空気が通るので、カビを大きく防ぐことができます。
フレームをあえて置かない理由は様々だと思いますが、湿気が上がりやすい要因に多く当てはまるなら、脚付きすのこベッドなどを置くのがおすすめ。
最も湿気に強い構造なので、カビを大幅に軽減することができますね。
ヘッドのないタイプならスペース的に変わらないのでおすすめですよ。

ヘッドレスの脚付きすのこベッドはこちら

フローリングに直に敷布団は危険!ホコリ・カビ対策ができる簡単な方法
フローリングに布団はOK?洋室に敷布団を敷いて寝る7つのポイント