インテリアコーディネーター監修

【カビ撲滅!】フローリングにマットレスを直置きしてもカビにくくする5つの方法

【カビ撲滅!】フローリングにマットレスを直置きしてもカビにくくする5つの方法

フローリングにマットレスを直置きしている状況は、とてもカビやすいと言えます。
理想は「すのこベッド」を置くことですが、ここでは

そのままの状況でカビにくくする対処法

を紹介しようと思います。

フローリングに直置きするとカビる簡単な理屈

フローリングに直置きするとカビる簡単な理屈

そもそも、どうしてフローリングにマットレスを直に置くとカビが生えやすいのでしょうか。
理屈は次の通りです。

  • 体温・寝汗・気化熱などで、マットレスが温められる
  • フローリングは冷たいので、結露が発生する
  • マットレスが結露を吸収して湿ってしまう

フローリングにマットレスを直置きするとカビる理屈

これを日々繰り返すことで、カビがどんどん増えていくという仕組みですね。
対処するには2つの側面から考える必要があります。

  1. 結露の発生を防ぐ
  2. 湿ったマットレスを乾燥させる

結露の発生を防ぐ

結露が発生しなければ、マットレスの湿気はかなり抑えることができます。
寝汗などでジメジメしてしまうのは避けられませんが、結露が解消されるだけでも大きな改善と言えます。

湿ったマットレスを乾燥させる

マットレスが湿っても、頻繁に乾燥させていれば、カビが繁殖する「時間」を与えませんよね。
カビは乾燥に弱いので、湿っている時間を短くすることも重要です。

マットレスを直置きしてもカビにくくなる5つの対策

マットレスを直置きしてもカビにくくなる5つの対策

理想が「すのこベッド」というのは間違いありません。
が、それを言ってしまうと元も子もないので、現状のままでカビを防ぐ効果的な対策を5つ紹介しようと思います。

  1. すのこを敷く
  2. 除湿マットを敷く
  3. アルミシートを敷く
  4. コルクマットを敷く
  5. 敷きパッドを頻繁に取り換える

1.すのこを敷く

すのこを敷く

5つの中では最も効果的な方法です。
マットレスとフローリングの間に「空気の層」を作ることで、結露の発生・乾燥のしやすさ、両方で高い効果が期待できますよね。

高さのあるすのこベッドより空気の層が少ない分、通気性は劣りますが、結露を大幅に軽減できます。

お値打ちな「すのこ」はこちら

2.除湿シートを敷く

除湿シートを敷く

フローリングとマットレスの間に「除湿シート」を敷きます。
床とマットが直接触れないので結露の発生を防ぎ、なおかつ湿気を吸収してくれます

定期的に天日干しすることで簡単に吸水力が復活するため、とても経済的ですよ。

新聞紙でも代用は可能
毎日取り換える手間はありますが、古新聞に出さずに活用することもできます。

吸湿性の高い除湿シートはこちら

3.アルミシートを敷く

アルミシートを敷く

アルミは熱を反射するので、温かい空気と冷たい空気が触れにくくなり、結露を抑えることができます
床のひんやり感が伝わらず、人体の熱も逃げにくいため、温かい寝床になるというメリットもありますよ。

4.コルクマットを敷く

コルクマットを敷く

コルクマットは、フローリングの冷たさが伝わらないので結露を防ぐことができます
一般的なジョイントマットだと、案外、表面が冷たいので、コルクのほうが効果的。

コルクマットを「三の字」に敷き、「簡易すのこ」のように使うのもいいですね。

ジョイント式のコルクマットはこちら

5.敷きパッドを頻繁に取り換える

敷きパッドを頻繁に取り換える

敷きパッドは、マットレスの寝る側に敷くもの。
寝汗を吸収してくれる大事なアイテムですが、敷きパッドが湿っていると、効率よく寝汗を吸収できずマットレスが湿ってしまいます。

しっかり乾燥した清潔な敷きパッドを使うことで、マットレス内部の湿度が上がりにくくなります
吸水性のいい洗い替えをいくつか用意しておきたいところですね。

吸湿性の高いコットン敷きパッドはこちら

カビを防ぐメンテナンス方法

カビを防ぐメンテナンス方法

ここまでは「対策方法」を紹介しました。
ここからは「メンテナンス方法」を紹介します。

対策をすればカビは生えてこないというものではなく、日々のメンテナンスが重要ですよね。
対策とメンテナンスを行うことで、カビの発生を激減させることができます

日々のメンテナンスは、主に次の3つを中心に行います

  1. 布団乾燥機をかける
  2. 立てかけて風を通す
  3. 扇風機で風を裏側に当てる

1.布団乾燥機をかける

マットレスは天日干しできないため、布団乾燥機がとても効きます。
マットレスをひっくり返して、裏面をしっかり乾燥させると効果的です。

布団乾燥機をかけるときは、就寝の最低でも2~3時間前に終わるようにすることが大事。
終わった直後は温かいので、暑くて寝にくいのもありますし、マットレスが温かいと結露の可能性が高まってしまいます

2.立てかけて風を通す

マットレスは重いので手間は大きいものの、起きたら壁に立てかけておくと、とても乾燥しやすくなります
窓を開けて風を通せばバッチリですね。

マットレスの裏側はもちろん、フローリングもしっかり乾燥させることができます。

3.扇風機で風を裏側に当てる

外が寒くて窓を開けたくないときや、梅雨時期で外の湿度が高いときは、扇風機などで人工的に風を当ててあげるのもおすすめ
立てかけた状態だと理想ですが、重くて難しい場合は、マットレスの片側を持ち上げて本などをはさみ、斜めにして風が当たるようにするだけでもかなり差は出ます。

まとめ

フローリングにマットレスを直置きするとカビの可能性が高まるので、しっかり対策しておきたいところ。
おすすめは「すのこ+除湿マット」のダブル。
かなり除湿できるので、カビの可能性をグッと減らすことができます。

さらにメンテナンスをしっかり行うことで、カビはほぼ「撲滅」できるのではないでしょうか。

  • フローリングにマットレスを直置きするとカビやすい
  • 結露を防ぎ、しっかり乾燥させることが大事
  • マットレスと床の間に効果のあるものを挟む
  • メンテナンスを行うことでカビを防げる
  • マットレスの裏側をよく乾燥させるのがポイント