インテリアコーディネーター監修

同棲さんにリーズナブルなベッドが合う2つの理由

同棲さんにはリーズナブルなベッドがおすすめ!

同棲中の人や半同棲のようなカップルは、ベッドをどうしようか悩みますよね。
ソファならなくても我慢すればいいのですが、寝る場所は絶対必要になります。

もしベッドを置くなら、高価なものはおすすめしません。
マットレスにお金をかけるならまだしも、フレームはリーズナブルなものを選ぶべき。

ここでは同棲中のカップルにおすすめのベッドを紹介しようと思います。

同棲カップルが決めるべき2つのポイント

同棲暮らしの場合は、次の2点を熟考しなければいけません。

  1. 同じベッドで寝るのかどうか
  2. どの程度の同棲期間が想定されるか

同じベッドで寝るのかどうか

同棲・夫婦はあくまで形式上のことで「同じ屋根の下で寝る」ということを考えれば同じです。

シングル二台を並べるかダブル一台で寝るか

ということを避けることはできません。
ただ同棲の場合、どちらかが元々住んでいた部屋に居候する場合が多く、シングルフレームが元々ある場合も多いはず。

それを活かすなら二台並べるようにして寝ることになりますし、ダブルサイズでいっしょに寝たいなら処分も検討しなければいけません。

シングル二台を並べる

シングル二台を並べるなら、元々あったフレームを活かす、もしくはシングルを二台新調することになります。
高さが違い過ぎると調子悪いので、追加する場合はその点に注意が必要。

二台新調するなら、リーズナブルでピッタリ並べられるタイプがおすすめ。
ベッドの形状によっては並べた時に隙間ができることも多くあるので、チェックしておくと安心ですね。
大きな隙間にはなりませんが、どうせならピッタリくっついてた方がいいものです。

フレームがマットレスよりも出ているベッドは並べても隙間ができやすいので、マットレスとほぼ同じ幅のベッドにするのがポイントです。

ダブル一台で寝る

ダブル一台で寝る場合、意外といろんなことを考えなければいけません。

まずダブルサイズとは名ばかりで、大人二人がギリギリ寝れるサイズと考えたほうがいいです。
人ってそれぞれ「これ以上近づいてほしくないゾーン」がありますよね。

いかに恋人でも、寝る時にずっとそのゾーンに入ることで、本人は知らず知らずのうちに熟睡できず、疲れが取れなくなります。
それを苦にするなら、シングル二台を並べることも検討したほうがいいかもしれません。

また、カップルの体型差が大きい場合、ダブルだとどちらかが確実に寝にくくなります。
同じマットレスで寝るので、どちらにも最適な寝心地にすることはできませんよね。

似たような体型なら問題ありませんが、185cmの男性と158cmの女性では体型が違い過ぎです。
ただでさえ筋肉の付き方や骨格が違う男女。
身長さが大きくなれば合うマットレスも大きく異なります。

どの程度の同棲期間が想定されるか

同棲から結婚に繋がるのか、本人さえ分からない問題かもしれません。
でもベッドを購入するなら考える必要が出てきますよね。

  • 近い将来もしかしたら新居に引越しするかも
  • 結婚して赤ちゃんが生まれるかも
  • 籍を入れても、経済面を考えて今の住まいに長く住むかも

このようなことを考えると、やっぱり高価なものは控えるべきで、リーズナブルなものを選ぶ方が無難。
とくにフレームは寝心地にはあまり関係しません。

マットレスは、フレームが変わっても使えることが多いもの。
でも、同棲の場合はフレームにお金をかけるのはあまり賢い選択とは言えなさそうです。

結婚を想定した同棲

結婚を想定しているなら、多少お金をかけてもいいかもしれません。

でも

  • いつまでもラブラブでいたい女性
  • 睡眠は自分のリズムで寝たい男性

と意見が分かれる可能性も。

同じマットレスで寝ると寝返りの振動が相手に伝わり、熟睡できないというのもよくあること。
必ずしも同じ時間に寝るわけでもなく、男女の体型差を考えてもシングルを並べるほうが向いているかもしれません。

ちなみに

ピッタリ並ぶセミシングルのベッドを二台置く

と、クイーンベッドを置いた感じになります。
しかもマットレスは別々で、振動が相手に伝わることもなく、ピッタリ並ぶフレームなら一つのフレームに感覚的には近くなりますよね。

多少スペースを多く使ってしまうのと出費がかさむことが予想されますが、おすすめの方法です。

先が不透明な同棲

将来が不透明すぎる場合は、少しでも安上がりの方法が向いています。
元々のベッドに無理やり二人で寝たり、高さが近いシングルを並べたり。

ダブルを置くにしてもリーズナブルなものを選択し、マットレスにもあまりお金をかけないほうが賢明です。

まとめ

  • 体型差があまりないなら、ダブルかシングル二台
  • 体型差が大きいならシングル二台
  • 結婚を想定しているなら、ピッタリ並ぶセミシングル二台かシングル二台
  • 先が不透明ならリーズナブルな激安フレーム

同棲の場合は、先を考えることと「二台並べる・ダブル」のどちらがいいかを、よく考えるのがいいのではないでしょうか。

二台ピッタリ並ぶおすすめベッド