インテリアコーディネーター監修

使える!シングルベッドより狭い「セミシングル」サイズ!

使える!シングルベッドより狭い「セミシングル」サイズ!

一人用のベッドというと、無条件でシングルサイズを想像しますよね。でも小柄な人や寝室が狭い場合は、さらに幅の狭い「セミシングル」というサイズもあります。

でもあまり一般的に普及しているサイズじゃないので、寸法や使い勝手などがイメージしにくいと思います。そこでここでは、セミシングルサイズに焦点を当てて紹介していこうと思います。

セミシングルサイズとは

セミシングルというサイズは、シングルよりさらに幅が狭い規格です。「○○cm」という絶対的な基準が決まっているわけではなく、メーカーやモデルによって若干の違いがあるので、購入するときは必ず寸法を確認することが大事です。

セミシングルのサイズ

おおむね「80cm前後」というのがセミシングルサイズです。シングルサイズは「約90~100cm」で、その下のサイズ感ということになります。

また、ダブルサイズよりも大きい「クイーンサイズ」は、セミシングルサイズを2台並べた広さになります。

セミシングルサイズが向いている環境

ではセミシングルサイズは、どのような人に向いているサイズなのでしょうか。主に次の3点が考えられます。

  1. 小柄な人
  2. 狭いスペースに置きたい人
  3. クイーンサイズにしたい人

小柄な人

この場合の小柄というのは「体の幅」です。身長ではありません。ベッドの幅が最も関係してくるのが「寝返りを打つ時」なので、太めの人は寝返りでの移動幅が大きいと言えます。

シングルサイズの場合、小柄な人は寝返りを打っても実際には使っていない部分が意外と多くあります。それなら全く意味はありません。むしろスペースをとってしまいデメリットが目立ってしまいますよね。

そのような人がセミシングルサイズのベッドを使うと、よりメリットが発揮されます。

狭いスペースに置きたい人

ワンルームの一人暮らしや寝室が狭い場合・子供部屋・家具が多い…。住まいの環境は千差万別で、もし狭いスペースに置きたい場合はセミシングルという選択肢も。

幅が20cm違えばかなり小さく感じます。貴重なスペースを有効に使うことができます。

当然寝にくくなる可能性があるので、その辺は要注意。

単に省スペースだけを考えると、毎日の睡眠が窮屈になってしまいます。

今のベッドでタオルで土手を作って試してみるのもいい方法ですね。

クイーンサイズにしたい人

別々のベッドでクイーンサイズにしたい場合、セミシングルを2台並べると同じ幅になります。マットレスがつながってないので寝返りの振動などが隣のベッドに伝わらないメリットがあります。

でももし子供と3人で寝るという場合は、ベッドとベッドの間が空いてしまうのでジョイントできるベッドがおすすめです。

まとめ

セミシングルサイズは、省スペース性がもっとも大きなメリット。ただ「寝にくいけどスペースが狭いから無理してセミシングルにする」というのはオススメしません。

睡眠の質が悪いと健康面にも大きな影響を与えます。セミシングルでも大きな違和感のない小柄な人なら問題はありません。一度「幅80cm」にタオルなどで土手にしてみると感覚をつかむことができます。
セミシングルベッド一覧