インテリアコーディネーター監修

一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント

一人暮らしの男性に向いてるベッド 3つのポイント

一人暮らしの男性で、どのようなベッドにしようか悩んではいないでしょうか。

一人暮らしは自分好みにできるメリットがありますが、どのようにしてもいいというのは、逆に選択肢が広くなりすぎて決めにくくもなります。

好みのテイストがハッキリ決まっているならいいのですが、曖昧なイメージしかないといろいろあり過ぎて迷ってしまいますよね。

そこでここでは、一人暮らしの男性に向いてるベッドを考えてみようと思います。

一人暮らしに焦点を当てる

一人暮らしというのに焦点を当てると、様々なポイントが見つかります。

  1. 収納は足りているか
  2. リラックスできる部屋の広さはあるか
  3. ベッドの予算を確保できるか

収納は足りているか

一人暮らしの場合、ほとんどの人はあまり広くない物件に住んでいますよね。

そういう場合は収納が少ない物件も多く、物がお部屋に溢れ出ていることも考えられます。

収納が足りていないなら収納付きベッドという選択肢も出てきますよね。

リラックスできる部屋の広さはあるか

部屋の広さもさほど広くないほうが圧倒的に多いはず。

あまり広くても余してしまいますし、家賃だって高くなってしまいます。

ベッドは非常に大きな家具なので、置くことでより部屋が狭く感じるかもしれません。

ローベッドにすると空間が増えて広く感じます。

ただローベッドは収納が付いていないので、収納が足りている人におすすめ。

ベッドの予算を確保できるか

一人暮らしの人は、潤沢な予算があったとしてもあまり高価なベッドはおすすめしません。

いつ引越しや結婚など環境の変化があるか分かりません。

高価なベッドを買っても環境の変化で使いにくくなる可能性もありますよね。

そうなれば高価でも安価でも変わりなく、ただ使い勝手の悪いベッドということに。

高価なだけショックは大きくなってしまいます。

男性におすすめの黒いベッド

男性なら黒やブラウンなどが人気になると思いますが、色をある程度決めないと選択肢が多すぎになってしまいます。

そこでシックな黒いベッドをいくつかピックアップしてみます。

収納付きの黒いベッド

収納が足りていないなら、大きなベッドスペースを収納に使えるようにすると、お部屋がスッキリ整理できます。

黒い跳ね上げ収納ベッド

このベッドは跳ね上げ収納できるベッド。

床板をガバッと上げて収納できるので、大きな物も楽に収納できます。

季節家電やゴルフバッグ・スーツケースなど、収納しにくい物もスッキリ。

収納力重視なら跳ね上げタイプがおすすめです。

黒い跳ね上げ収納ベッド

来客時にお部屋を広くできる折りたたみベッド

一人暮らしの狭い部屋でも、友人が来たときには部屋を広くできるのが折りたたみベッド。

来客時にお部屋を広くできる折りたたみベッド

毎日折りたたむのは面倒かもしれませんが、友達が来た時など「いざ」という時に部屋を広く使えるのが最大の魅力です。

非常にコンパクトになるので、ベッド一台分をそのまま使うことができますね。

男性の部屋に合わせやすい黒い折りたたみベッドで、インテリア的にもかっこいい。

また男性が使う前提で作られているのか、非常にしっかりした荷重試験をしているようで、大柄な男性でも安心して使えそうです。

黒い折りたたみベッド

長身の人には黒いロングベッド

あなたの身長がもし180cm以上なら、ロングベッドという選択肢も。

黒いロングベッド

収納や機能性・価格などももちろん大事ですが、やっぱり気持ちよく寝れるベッドが一番。

足が飛び出してしまうベッドは睡眠の質も下がってしまいます。

このベッドは一般的なベッドよりも11cm長いので、身長の高い人でもぐっすり寝ることができます。

長さが出て大きくなるデメリットは、収納スペースが広くなるというメリットで相殺です。

黒いロングベッド

まとめ

男性の一人暮らしでは、黒いベッドはどうでしょうか。

シックで都会的な雰囲気になり、なんとなく「デキる男」を演出できる気がしませんか?

住んでる物件によって収納重視だったり、オシャレさ重視だったりという考え方をすれば失敗も減るのではないでしょうか。