インテリアコーディネーター監修

男性の一人暮らし ベッドのサイズはシングルかセミダブルか…比較してみた

男性の一人暮らし ベッドはシングルかセミダブルか…比較してみた

男性の一人暮らしでベッドを用意する場合、シングルサイズにするかセミダブルサイズにするか悩みどころですよね。

お部屋の広さや体格・寝相…など様々なことがあるので、単純にどちらがいいとは言えません。

でもシングル・セミダブルのそれぞれのメリットやデメリットを多く知ることで、自分に合ったサイズが分かります。

そこでここでは、男性の一人暮らしにおいて「シングル」「セミダブル」を比較してみようと思います。

それぞれのメリット・デメリット

比較するので「シングルのメリット⇔セミダブルのデメリット」、その反対もしかりということです。

シングルサイズのメリット

  1. 価格を抑えることができる
  2. お部屋のスペースが広くなる
  3. 洗濯が楽

セミダブルサイズのメリット

  1. 広々寝れる
  2. マットレスのヘタリが少ない
  3. 彼女と寝れる

シングルのメリット・セミダブルのデメリット

シングルの良さはやはり「価格」と「スペース」が最も大きな点です。

セミダブルより約20cm狭いので、よりお部屋を広く使えます。

寝室が6畳あるなら大きな問題にはなりませんが、仮に6畳ワンルームだとその20cmが非常に大きな差になりますよね。

お部屋の広さによってはメリットにもデメリットにもなりませんが、一人暮らしでスペースに余裕のある人は少ないので、狭さはメリットになります。

また価格にしても、フレーム・マットレスはもちろん、カバーなどのリネン類も安く済みます。

カバーなどのサイズが小さくなるので洗濯も楽になります。

シングルのデメリット・セミダブルのメリット

次は反対を考えてみます。

セミダブルの良い点は何と言っても「広さ」。

一日の疲れを癒すには、ある程度広いリラックス空間が必要ですよね。

たった20cmと思うかもしれませんが、寝てみるとその20cmの差がとっても大きく感じるはず。

広くなる分だけ寝る位置もバラつき、それだけマットレスのヘタリ具合はゆっくりになります。

また広さは体格に大きく左右されるので、こちらは体型によってメリットにもデメリットにもならなくなると言えます。

個人的には男性の一人暮らしの場合「彼女」の存在が非常に大きいと感じます。

男性の一人暮らしは「彼女」がポイント

ベッドは寝る場所、それは間違いありません。

でも寝るだけの場所じゃないことも間違いありません。

男性の一人暮らしなら、やっぱり彼女を連れてくるシチュエーションを考えないわけにはいきませんよね。

ただ、考えれば考えるほど「どっちがいい」とは言えなくなるんですね。

夜の営みはシングルでもセミダブルでも問題ありません。

耐荷重・広さを考えればセミダブルのほうがいいかもしれませんが、それほど大きな差にはならないように感じます。

ただし安価なパイプベッドは少し不安がありますよね。

個人的にはスペース・値段が許すならセミダブルがおすすめ。

無理をする必要はありませんが、この2点が問題ないならデメリットは少なくなります。

しかも彼女が来てもシングルより迎えやすいですよね。

ただ、これは男の視点での考え方(私は男です)。

女性の捉え方は男性には難しい…

女性はある事実に対して、その裏の意図を察する能力に長けています。

男性とは比べ物になりません。

もし8畳ワンルームというセミダブルが微妙な広さのワンルームにセミダブルベッドがあれば、女性はどう思うでしょうか。

「私とイチャイチャするために用意したのかしら…」
「もしかして前の彼女ともそこで…」

男性的には「広いベッドだなぁ」とシンプルに感じるセミダブルベッドも、女性にはその意図を察する思考回路があります。

女性の思考回路
「なぜそこまでスペースに余裕のないワンルームで、しかも標準的な体型なのにセミダブルのベッドを置くのかしら…。もしかして…」

これが女性的な考え方。

別に気にしなければいいのですが、ちょっと女性の怖い一面でもあります。

まとめ

最後はお役立ち記事ではなく、完全なコラムになってしまいましたね…。

まぁ男性は基本的に女性あっての男性。

そういう女性がいるなら彼女のためにサイズを考えるのもアリではないでしょうか。

スペース的なことや価格面といった理屈は考えればすぐ気づきますが、このような女性らしい考え方「までも」考慮してサイズを選んでみてはいかがでしょう。