インテリアコーディネーター監修

ベッドの大きさ・寸法の一覧

ベッドの大きさ・寸法の一覧

ベッドを購入するうえでとても大事なことが「大きさ・寸法」ではないでしょうか。

ベッドの大きさで睡眠の質が大きく左右されますよね。

でも「寝る」ための大きさは誰もが気にしますが「寸法」は思いのほか軽視されます。

同じシングルサイズと言っても、実は寸法はメーカーで変わります。

そこでここでは、様々なベッドの大きさや寸法を、さらにどのような人に向いているのかを紹介していこうと思います。

ベッドの大きさ 寸法一覧

ベッドにはシングルやセミダブル・ダブルサイズ以外にも、いろんな言い方のサイズがあります。メーカーによって言い方や寸法が違うのですが、大まかな目安を紹介します。

セミシングル 幅80~85cm
シングル 幅90~100cm
セミダブル 幅120cm
ダブル 幅140cm
クイーン 幅160~180cm
キング 幅180~200cm

このほかにも各メーカーによっては「ワイド~」と言う大きさもあります。

例えばワイドシングルなら110cmでシングルとセミダブルの中間ぐらいとなり、ワイドダブルだと150cm幅という感覚です。

長さはおよそ195cmぐらいが一般的で、ロングサイズだとさらに10cmぐらい長くなります。

ただこれは寝る部分の全長で、ヘッドボードの有無によってベッド全体の全長は変わってきます。

各サイズの向いている人

ではそれぞれの大きさの特徴と共に、どのような人に向いているのかを紹介していきます。

セミシングル

セミシングルは「SSサイズ」と記載されることもあります。

寸法は80cmあたりが多いようです。

クイーンサイズの半分の大きさがセミシングルで、「クイーンサイズのフレーム+セミシングルサイズのマットレス×2」という場合もよくあります。

それ単体では、ワンルームや狭い寝室に向いている寸法。

また小柄な体型の人や子供にも最適です。

ただ平均体型の人には少し窮屈に感じる大きさでしょう。

横になるだけならいいのですが、寝る時の幅は「寝返りの幅」まで考えることが大事。

そう考えると80cmでは少し心もとない寸法と言えますよね。

シングル

最も基準となるサイズ。

寸法は90cm~100cmあたりが多いです。

大人一人が寝る基本サイズで、狭くもないが広くもないという「可もなく不可もなく」という大きさです。

基本は一人用ですが、同棲カップルなどは無理やり二人で寝てる人もいるかもしれません。

0歳児の赤ちゃんとママの添い寝は可能ですが、1歳を超えると身動きが取れなくなるぐらいの大きさです。

セミダブル

幅が120cmの大きさのベッドで、ダブルという名前はありますが基本的には「一人用」と考えるのがいいです。

広めでゆったり寝れるシングルサイズという感覚で、体格のいい人や「大の字」で寝たい人などはこっちの方が向いています。

赤ちゃんの添い寝にはちょうどいい大きさで、添い寝の必要がない年齢まで使えるでしょう。

でも子供は寝相が悪いものなので、蹴られることは覚悟しなければいけません。

ダブル

140cmという寸法の大きなベッドで、大人二人用。

ダブルという言葉からシングルサイズ2台と思っている人もいるかもしれませんが、全く違います。

140cmという寸法は二人で寝るには思いのほか狭く「最低限の幅」と思ったほうが無難。

細身~ふつう体型の夫婦に向いており、夫婦どちらかの体型がいい場合は、やや狭さを感じるかもしれません。

とは言え一人で寝るには寸法的にも広すぎます。

関取レベルの大きな人にはちょうどいいかもしれません。

クイーン

160~180cmという大きさのベッドです。

大人二人がゆったり寝れる寸法があります。

もちろん平均体型の大人です。

二人同時に中央に寝返りすればぶつかるかもしれませんが、広すぎず狭すぎず相手を感じながら寝ることのできるちょうどいい大きさと言えます。

この大きさだとマットレスが二つになっていることが多く、相手に寝返りの振動が伝わらないというメリットもあります。

夫婦でいっしょに寝たいけど、寝る時間が違うし気を使って熟睡できなさそう…という人には最適です。

マットレスは違えどフレームは同じですし、両方のマットレスをひっくるめたカバーをすれば完全に同じベッドです。

キング

規格の上では最も大きな寸法のベッドで、約180~200cmあります。

基本的にはシングルを2台並べた大きさになります。

大人二人でも悠々と寝ることができ、小さな子供なら家族全員で寝ることもできるでしょう。

とにかく大きさがあり余裕のあるベッドで寝たい人や、家族みんなで寝たい人に向いています。

が、カバーなどの種類が少なく、洗濯も大変という難点もあります。

また、6畳の寝室なら3分の2ぐらい埋まってしまいます。

まとめ

ベッドを選ぶときは「呼び名」だけでなく、実際の寸法を確認することが大切。

同じシングルでも10cm違えばワンランク違うぐらいの大きさになります。

価格が安くていいと思っても、実は90cm幅のシングルだったという失敗をなくすこともできますよね。

クイーン・キングサイズは日本ではあまり需要がないため、ベッドフレームやリネン類の種類が少ないのが現状。

狭小住宅の多い日本では当然かもしれません。

でもそれを補って余る「ジョイント式」ベッドも登場しています。

数種類の好きな大きさを連結させることで、好きな幅にすることができるんですね。

大きなベッドを考えているなら一考の価値は十分ありますよ。

ジョイント式ベッド