インテリアコーディネーター監修

【収納ベッドの選び方】3つの収納タイプと気を付けるべき注意点

ベッドの選び方~収納ベッドの3つのタイプとその注意点

ベッドは様々な種類があるので選び方もなかなか難しいものですが、その中の大事な要素に「収納」というものがあります。

絶対に必要なものではありませんが、あればあったで便利です。

でも収納機能が付いてるがゆえの注意点があるのも事実。

そこでここでは、上手な収納ベッドの選び方を紹介しようと思います。

収納ベッドの種類と選び方

まずひと口に収納ベッドと言っても、どのようなタイプがあるのでしょうか。

大きく分けて次の3つのタイプが存在します。

  1. 引き出しタイプ
  2. 跳ね上げタイプ
  3. 自由な空間

引き出しタイプの選び方

引き出しタイプは最もオーソドックスでイメージしやすいと思います。

種類も多く使い方や使用イメージがとても湧きやすいですよね。

広い引き出しが二つのタイプや、いくつかサイズにバリエーションを持たせたタイプもあります。

引き出しタイプの注意点

引き出しタイプでは「長物が収納できない」「引き出すスペースが必要」という二つの大きな注意点があります。

セパレートされていることはメリットでありデメリットでもあります。

細かいものを整理しやすい反面、引き出しのサイズ以上の物は収納できません。

また、引き出しを引くスペースが必ず必要になります。

左右どちらにも引き出しを付けれる場合や、どちらにも付いているもの、片方しかつけれないものなど商品はいろいろあります。

ベッドの向きはすなわち頭の向きであり、意外と譲れない点でもありますよね。

部屋の構造と引き出しの方向をしっかり確認する必要があります。

跳ね上げタイプの選び方

跳ね上げタイプは、床板とマットレスがもろとも持ち上がるタイプ。

もちろん力ずくで持ち上げるわけでも、強引に開けるわけでもありません。

多くはガス圧式になっており、女性や高齢者でも楽に開けれるようになっています。

ベッド下一面が収納スペースになるので、大きなものや長物などもスッキリ収納できます。

しかも外からは見えないので、収納力と見た目のキレイさのどちらも兼ね備えています。

また引き出しタイプのように引き出すスペースが必要なこともありません。

跳ね上げタイプの注意点

いいことばかりのように感じますが、最大のネックは価格です。

構造が特殊になるためやはりそれだけ高価になってしまいます。

とは言え手が出ないほどの価格ではないので、収納スペースが少ない家庭ではとても重宝します。

細かいものは逆に苦手で、自分で小分けにできるようボックスを用意する必要があります。

慣れないタイプですが使い方自体は難しいことはありません。

自由な空間

ベッド下が自由な空間になっているものもあります。

ただ空いてるだけならローベッド以外の多くのベッドが当てはまりますが、床板の高さを調節できるようなタイプを指します。

最大の利点は今使っているチェストや収納ケースをそのまま使える点。

高さがあまりにあると無理ですが、横に長いタイプのタンスや、プラスチックの重ねて使える収納ボックスなどを下にいれて使うことができます。

もちろんただの空間なのでスキーや丸めたラグなどを置くこともできます。

自由な空間の注意点

問題は囲まれていないという点、奥の物が取りにくいという点です。

ベッドの多くは壁際にピタッとつけて配置すると思いますが、壁際のものは非常にとりにくくなります。

多くても年に一度、あるいは数年に一度の頻度でしか使わないものしか置けないかもしれません。

捨てるに捨てれないものなどを置くのもいいかもしれませんね。

また上部以外は囲まれていないため、ほこりが簡単に侵入します。

細かいものはボックスに入れて使うことで回避できますが、大きなものはしばらくしてから出すとほこりがかぶっていると思います。

あらかじめカバーをかけておくなどの対応が必要そうですね。

全ての収納ベッドに言える注意点

最後にどんな収納ベッドにも言える注意点を紹介します。

それは「湿気」です。

収納付きのベッドの収納スペースは、あなたが寝ている背中の下にあります。

そこはベッドの中でもっとも湿気が溜まりやすい場所。

人は寝ているときにコップ1杯半の汗をかくと言われていますが、その水分が重力に従って下がっていき、収納スペースにたどり着くのです。

なので収納付きベッドには湿気に弱いものを収納しないほうが無難。

特に注意したいのが衣類や本などの紙類です。

衣類やリネングッズをしまう場合は必ず湿気取りを入れ、できれば部屋の換気などにも気を使います。

また大事な紙類、たとえば子供が小さかったころの思い出の物などは袋に入れて保管したほうがいいです。

部屋の湿度が極端じゃなければ大きなトラブルにはならないと思いますが、収納スペースが湿気が多くなりやすい点は頭の片隅に入れておいて損はありません。

まとめ

収納付きベッドはスペースを有効に活用でき、まさに日本に向いている機能です。

賢い選び方をすることで押入れの物の大半を収納できる場合もあります。

湿気には要注意ですが、物が整理されスッキリした寝室にデメリットはありません。

睡眠の質にまで影響するほど重要な機能と言えます。