インテリアコーディネーター監修

新婚さん必見!おしゃれな寝室にするレザーベッド

新婚さん必見!おしゃれな寝室にするレザーベッド

おしゃれな寝室はそれだけで心が満たされる思いになりますよね。

寝室を寝るだけの場所ではなくリラクゼーション空間と捉えれば、雰囲気やテイストは非常に大事な要素になります。

特におしゃれに敏感な若い夫婦や新婚さんは、寝室をおしゃれにすることで非常に高い満足感を得ることができます。

寝心地のいいベッドももちろん大事ですが、とことんおしゃれな寝室に仕上げるのもおすすめ。

若いうちしかできないというか、若いからこそ寝室を着飾ってみるのもとても面白いですよね。

そんなおしゃれに敏感な若い夫婦におすすめの、とっておきのベッドを紹介しようと思います。

夫婦で寝るならクイーンサイズ

シングル2台を並べるか、それともダブル・クイーンサイズ1台でいっしょに寝るかは思考のしどころ。

一長一短あるのですが、ここではいっしょに寝るベッドを紹介します。

圧倒的な存在感のレザーベッド

圧倒的な存在感のレザーベッド

「百聞は一見にしかず」ではないですが、一目見ただけで衝撃的なフォルムに驚いたのではないでしょうか。

まるで高級スポーツカーのような流線型デザインが特徴のレザーベッド。

レザー素材は寝室をおしゃれにする最適な素材。

高級感がありラグジュアリーな雰囲気にしてくれます。

シワですら一つの模様になり、ベッドの存在感を高めてくれますよね。

そんなレザーを使い大胆なフォルムに仕上げています。

白いレザーも

白いレザーベッド

このベッドはブラック・ホワイトの2色。

高級感たっぷりの黒は定番ですが、やっぱり革素材では最も人気の色。

女性に人気の白いレザーも非常に魅力的。

自宅ということを忘れてしまいそうなほど癒される空間になります。

もちろんクイーンサイズもあります

このベッドは変わったサイズ設定で、ダブルとクイーンしかありません。

おしゃれなデザインとサイズが若い夫婦や新婚さんにピッタリ。

ダブルだと二人で寝たら少し狭いので、クイーンサイズがおすすめ。

マットレスが一枚になるか二枚になるかということも重要です。

クイーンサイズの場合、大きなマットレス一枚か、セミシングルサイズ二枚になるかマットレスによって変わります。

大きなマットレスだと真ん中に境目がなくなるメリットがありますが、寝返りの振動が相手に伝わりやすいデメリットが。

セミシングル二枚だと中央に境目ができてしまいますが、振動が伝わりにくいメリットがあります。

個人的には二枚に分かれているほうがおすすめ。

冒頭の「シングル二台か大きなベッド一台か」ということも関係しますが、やはり寝返りを自由に打てないと窮屈に感じてしまいますよね。

相手を気遣って寝返りをためらうようだと熟睡はできません。

どんなに寝心地の良いベッドでもです。

クイーンサイズのベッドでマットレスが二枚だと、見た目は同じベッドですが寝る場所は別なので、寝返りの振動が伝わりません。

まとめ

若いからこそ寝室を思いっきりオシャレにしてみるのもいいですよね。

機能的なことや収納などは二の次、とにかくおしゃれなデザインのベッドを置いてみるのはどうでしょうか。

紹介したレザーベッドはこちら