インテリアコーディネーター監修

ベッドから足が出ない裏技!長身の男性にオススメの簡単な方法を紹介

ベッドから足が出ない裏技!長身の男性にオススメの簡単な方法を紹介

長身の男性にとって、通常サイズのベッドだと正直短すぎますよね。短くて足が出るので冬は寒くて体が曲がってしまいます。

そこでここでは「ベッドから足が出る」という悩みを解消する裏技を紹介しようと思います。

ベッドから足が出ない方法

「長身」というと曖昧ですが、およそ180cmあたりが基準になってくるでしょうか。通常のマットレスは195cmあるので、計算上は190cmの身長の人でも出ることはありません。

でもフレームに頭をぶつけてしまう可能性が高く、気持ちよく寝ることができませんよね。腕を動かそうものなら「ゴンッ」とぶつかってしまいます。

物理的な長さを変えることはできない

根本的にマットレスもベッドフレームも、長さを変えることはできませんよね。フレームにDIYで付け足す…なんてことはちょっと現実的ではありません。

裏技というからにはもっと手軽に、もっと簡単にできなければいけませんよね。

「足が出ない」ことに焦点を当てる

やり方は簡単です。とにかく足が出ないようにすることに主眼を置くことがポイント。

まずマットレスをヘッドボードから10cmぐらい離します。そこに使ってないタオルケットや古雑誌・空き箱…などで穴埋めし、表面にバスタオルを敷くだけです。

足元はマットレスがフレームから10cmぐらい飛び出ている感じですね。もちろんまったく問題はありません。枕の方は何でもいいので穴埋めし、少しでも平らになるように工夫します。

多くの場合、頭とベッドフレームの間は「なくてはならない部分」ですが「ほとんど使わない部分」なんですね。ただの空間として使うのに必要なだけ。

なのである程度平らなら、荷重がかかることも多くないので問題ありません。手が乗った時に落ちないようなスタイルになっていれば、違和感はないはずです。

ロングサイズベッド

裏技を使うことで足が出るのを大幅に防ぐことができます。でもベッドの形状によってはマットレスをずらせない場合も出てきますよね。

低いフォルムのフロアベッドを使っている人は、フレームにマットレスがはまるようなスタイルなので、ずらすことができません。

そういう場合は「ロングサイズベッド」がおすすめ。

低いフォルムのロングサイズベッド

低いフォルムのロングサイズベッド

このベッドはマットレス部分の長さが通常よりも11cm長い206cmのベッドです。

ロングベッドは、ただでさえ大きなベッドがさらに大きくなりますよね。それだけお部屋に与える圧迫感も半端じゃありません。

少しでも開放的な寝室にしたい場合は、低いフロアタイプのロングベッドがおすすめ。大きさを感じさせず、広々とした開放感のある寝室にすることができます。

大きさをメリットに変える収納ベッド

大きさをメリットに変える収納ベッド

こちらも206cmの長さのロングサイズベッドですが、「大きい」というデメリットをメリットに変える「収納ベッド」です。収納ベッドの収納力はベッドの大きさで決まってくるので、大きなロングベッドが逆にメリットに変わりますよね。

また、ロングベッドは長さが長くなるだけで高さは変わりません。なので引き出しタイプにすることでメリットをより活かすことができます。

まとめ

長身で足が出てしまうという男性は、裏ワザで大半が解決できるはず。少し見栄えが悪くなり、多少の工夫が必要になりますが、足が飛び出るよりはいいですよね。

裏技を使えないベッドの場合は、思い切ってベッドを新調するのも一つの手。足が出ると悪い寝姿になって腰などに負担がかかってしまいます。

痛くなる前に対処しておくのがおすすめです。
低いフォルムのロングサイズベッド
ロングサイズの収納ベッド