インテリアコーディネーター監修

モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド

モダンで開放的な寝室に!ウォールナット柄の低いベッド

寝室を開放感いっぱいにしたい…という悩みはないでしょうか。

物を減らすために安易に収納ベッドを置くと、逆にベッドが開放感をなくしてしまうという可能性も。

そこで反対に収納はあきらめてベッドを低いフォルムにするのがおすすめ

そうすることでお部屋の空間にゆとりが出て、広々と使えます。

ウォールナット柄で存在感を出す

低いベッドは空間を空けてくれるので、開放感タップリの寝室にすることができます。反面ベッドの面積が少ないのがデメリットになり、ただ布団を敷いているだけのような味気ない雰囲気に。

それを解消するのがオシャレな柄の定番「ウォールナット」です。

ウォールナット柄は置くだけでおしゃれ

不思議とウォールナットは日本の住宅にピッタリとフィットする素材ですよね。優しさがありつつも都会的でモダンな雰囲気をもっています。

そこでせっかくの開放感を「味気ない」雰囲気にしないために、ウォールナット柄のフロアベッドがおすすめ。

ヘッドボードとサイドボード

フロアベッドの場合、マットレスを置くとフレームはほとんど見えなくなりますよね。数少ない見えてる部分がヘッドボードとサイドボードです。

なので全体的には低くて開放感を演出し、ヘッドボードとサイドボードに工夫を凝らしている「ウォールナット柄」のフロアベッドは、とっても貴重な存在と言えます。

低くいメリット・ウォールナットのメリットの両方が十分に活きてきます。

開放感&都会的なおすすめベッド

これらの条件を満たすベッドでオススメなのが次のベッドです。

Euras(ユウラス)

低さ・デザイン共に文句なく、しかもウォールナット柄がとても印象的。しかも大事な二つの条件を満たしています。

ヘッドボードがおしゃれ

このベッドのヘッドボードは、棚ではなくオシャレな斜めデザイン。

よりウォールナットを主張することができ、お部屋にモダンで都会的な雰囲気を演出してくれますよね。

しかも突板を使用しているので、見た目は無垢の木材と見分けがつかないほど。

本物の木の雰囲気がとっても素敵な雰囲気です。

跳ね出したサイドボードがおしゃれ

サイドも特徴的。フレームがはみ出たステージタイプですが、より幅広感を演出しています。

それだけウォールナットの存在感が増しますよね。

まとめ

寝室に開放感を求めるなら低さがポイントになります。

さらにモダンなテイストを取り入れるなら、ウォールナット柄を選択し、そのウォールナット柄が十分にアピールできるデザインにするのが効果的です。

紹介したフロアベッドなら低さとデザイン性を兼ね備えており、都会的で開放感のある寝室にすることができます。

低さ・デザイン性を兼ね備えたウォールナット柄のベッド