インテリアコーディネーター監修

ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント

ウォールナット柄のベッド 激安でもオシャレに見える2つのポイント

激安ベッドを探してるけどオシャレなデザインのベッドがない…という悩みはないでしょうか。

ベッドの価格はピンキリですが、なにも「高価=おしゃれ」というわけではありません。

高価でおしゃれなベッドはいっぱいありますが、激安ベッドでもオシャレなものはいっぱいあります。

そこでここでは、激安ベッドでもお部屋をオシャレに演出できる2つのポイントを紹介しようと思います。

お部屋をオシャレに見せる2つのポイント

ベッドでお部屋をオシャレな雰囲気に見せるのに、なにもデザイナーズベッドを置く必要はありません。

もちろん著名なデザイナーがデザインしたベッドはオシャレかもしれませんが、価格が尋常じゃなく高いものばかり。

安いベッドから選ぶ場合、強いこだわりがなければ次の2点を重視するのがおすすめ。

  1. フロアタイプ
  2. ウォールナット柄

フロアタイプ

ローベッドよりもさらに低いフロアタイプのベッドは、それだけでオシャレな雰囲気を出しています。

低いのでお部屋に開放感が溢れ、スッキリした印象に。

いくらおしゃれな家具を置いても、窮屈で圧迫感のあるお部屋はオシャレとは言えませんよね。

お部屋はリラックスできる空間にしてこそオシャレが活きるものです。

またフロアタイプはベッドを作るうえで、使用する部材が圧倒的に少ないのが特徴。

必然的に価格を抑えることができるので、オシャレなのに意外と安いというベッドが多いです。

最近ではマットレスよりもフレームが少し出たデザインが多く、よりワイドな印象に。

ワイドに見えるデザインなので、その相乗効果でより低く見えるという良いスパイラルが発生します。

ウォールナット柄

色は好みやお部屋のテイストに合わせるのが基本ですが、強いこだわりがなければウォールナット柄がおすすめ。

日本の住宅の場合、ほとんどのお部屋にフィットする色合いで、不思議とオシャレ感が出る柄です。

モダンな雰囲気にも合いますし、ナチュラルな雰囲気にも合う万能さも魅力。

激安はいくらぐらいを指すのか…

人によって物の価値観は全然違い、好みの物は価格以上に見え、興味のない物は高く感じるもの。

なので激安ベッドというのがどの程度の価格なのかは人それぞれ。

1万円台半ばなら激安の部類に入る

ウォールナット柄の激安ベッド

このベッドはフレームのみ・シングルサイズで1万円台半ばです。

これなら激安価格と言っても問題ない価格ですよね。

「フロアタイプ×ウォールナット柄」のおしゃれなデザインで、置くだけでお部屋がモダンな雰囲気になります。

また、ここまでフレームの価格が安いと、マットレスにお金をまわすことができます。

マットレスも激安でまとめてもいいですし、マットレスは少しいいものを選択することもできますよね。

フレームが高いとその選択肢も限られてしまいます。

まとめ

激安でおしゃれなベッドを探すなら「フロアタイプ」「ウォールナット柄」がおすすめ。

開放感が溢れるリラックスした雰囲気になり、優しさとモダンさを兼ね備えるウォールナットがオシャレを演出。

モダンなインテリアの鉄板の組み合わせと言えます。

紹介した「フロアタイプ×ウォールナット柄」の激安ベッド