インテリアコーディネーター監修

女性の寝室を広くするベッドの3つの条件

女性の寝室を広くするベッドの3つの条件

女性で「寝室が狭い…」という悩みはないでしょうか。男性と違って物が溢れがちな女性。

寝室には鏡台も置きたいですし、服やカバンもいっぱい。

しかもそのような生活感あふれる物は、目につきにくい寝室に集まりますよね。

そのため女性の寝室には物がいっぱいで窮屈感が出やすいと言えます。

そこでここでは、物が溢れがちな女性の寝室をスッキリさせるベッドを紹介します。

女性に向いてる収納ベッド

寝室をスッキリ整理するには、大きなベッドに収納機能が欲しいところ。

ウォークインクローゼットがあればかなりスッキリしますが、ないほうが断然多いですよね。

そこで収納ベッドの出番なのですが、おしゃれや雰囲気に敏感な女性の場合、単に収納できればいいとはいきませんよね。

そこで女性に向いてるポイントをまとめてみます。主に次の3つが大事になるのではないでしょうか。

  1. 大容量収納
  2. 可愛いデザイン
  3. インテリアにフィットする

大容量収納

寝室をスッキリさせるには、とにかく収納力を高めることが大事。

特にベッド下のように周囲から見えない収納庫は、とりあえず入れるだけでも寝室がキレイにスッキリとします。

もちろん整理整頓して収納するのが理想ですが、収納力は高いほうが物を減らせて寝室が広々します。

可愛いデザイン

「可愛い」という女性独特の癒し効果は非常に大事。男性は何かを見て「可愛い」と癒されることは少ないですが、女性は「可愛い」物を見るのが大好き。

毎日使うベッドもできれば可愛いデザインにしたいところですよね。

寝る時間が癒しの時間になります。

インテリアにフィットする

インテリアにフィットするかも大事な点です。せっかくの大容量収納も、可愛いデザインも、インテリアにフィットしていなければ宝の持ち腐れ。

木を見て森を見ずになっては、寝室は整理できても心がスッキリしません。

女性にピッタリの大容量収納ベッド

「女性向け」ということを考え上記のようなポイントを抑えつつ、好みがはっきり分かれすぎないベッドを紹介します。

GROSSO(グロッソ)

跳ね上げ式の大容量収納

大容量ということを考えると、やはり跳ね上げ式がおすすめ。

内容量で考えても圧倒的ですし、何より大きな物・長いもの・いびつな形状の物でも収納できるのが最大の利点。

ベッド下全面が仮に引き出し収納だとしても、扇風機のような変な形状のものは収納できませんよね。

そういう物こそ収納したいですし、なくなることでスッキリします。

しかも跳ね上げベッドは、引き出しと違って引き出すスペースが必要ありません。

ベッドの配置に制限がなくなるので、効率よくスペースを使うことができますし、模様替えの時も好きな配置にできます。

可愛い「白い」ベッド

可愛いというのは人によって大きく差があるので、女性向けなら白いベッドはどうでしょうか。

白は光の象徴で「清楚」「清潔」なイメージ。デザインはシンプルながら、白という色が女性らしさを演出してくれますよね。

しかも白いベッドは、ベッドの大きさをあまり感じさせません。

「白い服」は膨張色ということで、敬遠する女性も多いと思います。でもベッドの場合、壁が白い場合が多いので背景となじみ、スッキリと置くことができるんですね。

大きなベッドを置いてるのに、明るくて広々感が出るという効果を与えてくれます。

また、インテリアに影響を与えないという点でも、白は使いやすい色ですよね。

まとめ

女性の寝室には物が溢れがちですが、簡単に出し入れできる大容量ベッドを置くことで、使い勝手と整理整頓が簡単に両立できます。

収納ケースで小分けにする・良く使うものを手前に置く…など、跳ね上げベッドは工夫することで収納家具一つ分以上の働きをしてくれます。

紹介した跳ね上げベッドはこちら

また、インテリアがナチュラル系の女性は同じナチュラルテイストの方が向いているかもしれません。

ナチュラルカラーの跳ね上げベッド

ほぼ同じベッドで色違いという感じなので、白よりもナチュラルの方がインテリア的に合うならこっちのうほうがいいかもしれませんね。

ナチュラルカラーの跳ね上げベッドはこちら